パラリンピック/Paralympics

「失ったものを数えるな、残されたものを最大限に活かせ」とは、パラリンピックの父と言われる、ルードウィヒ・グットマンの言葉だそうです。パラリンピックを見ていると、選手の皆さんがその言葉を本当に忠実に日々の努力・鍛錬をいかんなく発揮されており、言葉もございません。

It is said that Ludwig Guttmann, the father of the Paralympics, said, “It’s ability, not disability, that counts”. When I watch the Paralympic Games, I can’t say enough about how the athletes have truly lived up to these words and have demonstrated their daily efforts and training to the fullest.

テレビでは、「選手たちから勇気をもらった」というコメントが多く聞かれます。が、私は前向きにそう考えることが出来ず、「自分には努力とか、チャレンジという言葉を言う資格は無いな」と感じてしまうことの方が多いです。パラリンピックに出場なさっている選手の皆さん、残念ながら出場することが出来なかった選手、そうした選手を支えている皆様、本当に立派です。素敵です。心より尊敬申し上げます。

On TV, I hear many comments that the “Athletes gave me courage”. However, I am not able to think positively, I feel that “I am not qualified to say words like “effort” and “challenge”. All the athletes who are participating in the Paralympics, those who unfortunately were not able to participate, and all the people who are supporting them, are truly admirable. You are wonderful. I respect you from the bottom of my heart.

東京で2020オリンピック/パラリンピックを開催していますが、私としては、オリンピックよりもパラリンピックを開催することに意義があると思っています。「よりバリアフリーな街づくり」とともに、「よりバリアフリーな気持ち・姿勢」を育むことが東京には必要では無いかと思っています。まだまだ競技は続きます。最後までアスリートの方の必死な姿を心より応援したいと思います。

Tokyo is hosting the 2020 Olympic/Paralympic Games, and I believe that hosting the Paralympic Games is more meaningful than hosting the Olympic Games. “I believe that Tokyo needs to create a “more barrier-free city” as well as foster a “more barrier-free mindset and attitude”. The competition is still going on. I would like to cheer the athletes’ desperate efforts until the end.

Published by freerthanbird/鳥よりも自由

旅行、サイクリング、ゴルフ、ダイビング、ドローンなどを勝手気ままに楽しんでいます。フィリピンの企業に勤め、フィリピンで生活しています。 I enjoy traveling, cycling, golf, diving, and drones at will. I am a Japanese, work for a company in the Philippines and live in the Philippines.

Leave a Reply

%d bloggers like this: