レトルト食品/Pre-packaged food

日本がレトルト食品を世界で最も多く消費しているそうです。それも断トツらしいです。2020年の日本でのレトルト食品の生産数量は38.8万トン、5937万箱だったそうです(公益社団法人日本缶詰ビン詰めレトルト食品協会のウェブサイトから)。重量は想像つきませんが、箱数はもっと多いように思うのですが、協会の数字なんだから正しいんでしょう。

It seems that Japan is the world’s largest consumer of pre-packaged foods, by far. In 2020, Japan produced 388,000 tons or 59.37 million boxes of pre-packaged foods (from the website of the Japan Canned and Bottled Pre-Packaged Foods Association). I can’t imagine the weight, but I think the number of boxes is much higher, but it’s the Association’s figures, so it must be right.

私は2020年にレトルト食品をどれだけ消費したでしょうか。週に1つとすると52箱、そのくらいは食べているように思います。上記を参考にすると日本人は一人1年に0.5箱しか消費していないということですから、私は日本人平均より明らかに多く消費していると言えます。一人暮らしの寂しい人間にとってレトルト食品とインスタントラーメンは必須ですから。

How much pre-packaged foods did I consume in 2020? If I had one a week, I would have eaten 52 boxes, or so it seems. Based on the above, Japanese people consume only 0.5 boxes per year, so I am clearly consuming more than the average Japanese person. For a lonely person who lives alone, pre-packaged foods and instant noodles are a must.

レトルト食品には様々な長所ありますが、何と言っても以下の3点だと思います。

(1)短時間で簡単に調理できる。電子レンジで3分っていうのは助かる。

(2)一回分使い切り。

(3)長期間の保存(1年から2年)が常温で可能。

Pre-packaged foods have many advantages, I think the most important advantages are as below.

 (1) Quick and easy to cook. 3 minutes in the microwave is very helpful.

 (2) Use only one portion at a time

 (3) Can be stored for a long period of time (1 to 2 years) at room temperature.

早朝ゴルフが多い私は、朝食にパンだと力が出ないし、かと言ってあまり朝食に時間をかける訳にもいかないし、ということでレトルトカレーと冷凍ご飯をレンジでチンして食べることが多いです。あと、在宅勤務時の昼食に時間が無い時にはレトルトカレーを食べることが多いです(本日もそうでした)。

As I often play golf early in the morning, bread for breakfast doesn’t give me much energy, however I can’t spend too much time on breakfast, so I often eat prepackaged curry and frozen rice in the microwave. Also, when I work from home and don’t have enough time for lunch, I often eat them (as I did today).

ビンに入ったパスタソースも良いのですが、1瓶で4回分くらいあるものが多く売られています。家族用ということでしょうか。一度開封すると日持ちしないので、そのためにパスタをほぼ毎日食べなくてはいけません。どうせパスタを食べるにしても味を変えたいと思います。割高なのは分かっていてもパスタソースのレトルトは重宝します。

Pasta sauces in jars are also good, but many of them are sold with about four servings in one jar. I guess it’s for family use. Once I open the package, it doesn’t last long, so I have to eat pasta almost every day for that. If I am going to eat pasta anyway, I prefer to change the flavor. Even though I know it is relatively expensive, the pre-packaged pasta sauce is very useful.

レトルト食品を少し調べてみると、世界で最初に商品化したのはスウェーデン(1955年頃)だったそうです。米国では宇宙食用にそれより前に開発していたようです。ただ、欧米ではレトルト食品は現在それほど人気は無いようで不思議と言えば不思議です。これから日本の食品会社は便利で普段使いのレトルト食品、レトルト食品とは誰も思わないような高級なレトルト食品、両方ともチャンスあると思います。

I did some research on pre-packaged foods and found that Sweden was the first country in the world to commercialize them (around 1955). In the U.S., it seems that pre-packaged foods were developed for space food before that. However, it is not so popular in Europe and the U.S., which is a wonder. From now on, I think Japanese food companies will have a chance to produce both convenient pre-packaged foods for daily use and high quality ones that no one would think of as pre-packaged foods.

ここマニラでも日本食材を売っている店があります。私はレトルトカレーを大量購入してしまいます。大体200円くらいで売られていますから、日本に較べると高いですよね。こだわりの高級感あるレトルト食品を見ることは稀です。だから、たまに日本に帰ると高級なレトルト食品を自分用に買ったり、お土産にしたりします。レトルト食品であそこまで高いクオリティーを極めているメーカーさんには敬意を表します。

Here in Manila, there are stores that sell Japanese food. I tend to buy a lot of pre-packaged curry. They are usually sold for about 200 yen, which is expensive compared to the one in Japan. It is rare to see pre-packaged foods with a sense of luxury. That’s why sometimes when I go back to Japan, I buy high quality one for myself or as a souvenir. I admire the manufacturers who are able to achieve such high quality in pre-packaged foods.

非常食としても利用価値の高いレトルト食品です。また、色々な進化を続けています。私の好むレトルトカレーは袋のままレンジに入れられるものです。カレーをボウルに入れてから温めて、そこにご飯を投入するよりは、温めたごはんの上にカレーをかける方が美味しいと思います。

It is a pre-packaged food that is highly valuable as an emergency food. It also continues to evolve in many ways. My preferred pre-packaged curry is the one that can be put in the microwave straight from the bag. I think it is better to pour the curry on top of the warmed rice than to put the curry in a bowl and then heat it up and throw the rice in there.

世界に誇る日本の食文化の一つとして、レトルト食品がもっともっとその地位を高め、世界でも重宝されると良いな思います。

As one of Japan’s world-class food cultures, it would be great if pre-packaged foods could raise their status even higher and become more useful in the world.

Published by freerthanbird/鳥よりも自由

旅行、サイクリング、ゴルフ、ダイビング、ドローンなどを勝手気ままに楽しんでいます。フィリピンの企業に勤め、フィリピンで生活しています。 I enjoy traveling, cycling, golf, diving, and drones at will. I am a Japanese, work for a company in the Philippines and live in the Philippines.

8 thoughts on “レトルト食品/Pre-packaged food

  1. レトルト食品いいですね(・∀・)日常も忙しい時に食べますし、非常食としても助かります。私は無印良品のレトルトカレーがとても好きです(✿^‿^)

    1. 無印良品がレトルトカレー出してるんですか。知らなかったです。マニラにもMUJIはあるんですが、レトルトカレーは見たこと無いです。そもそもMUJIが高級な価格なのであんまり行かないから気づいていないだけかもしれません。

      1. タイのカレーも出してるし、なかなか本格的な味ですよ(≧▽≦)

  2. こんにちは。
    レンチンできるレトルトとできないレトルトがあるのはご存知だと思います。
    でも理由をご存知の方は少ないです。
    理由はアルミです。
    UVから中身を守るためにアルミ層があります。
    アルミ箔だったりアルミ蒸着フィルムだったりします。
    金属をレンジにかけると大変なことになります。
    最新の技術でアルミ層がなくてもUVから中身を守る事ができるようになりました。
    中身が見えてレンジにもかけられる。
    側から見ると地味ですが、凄いブレイクスルーです。
    人を幸せにする技術って凄いですね。

    1. ありがとうございます。言われてみればそうですね。ほとんどは中身をボウルに移して、、というパターンだと思っています。アルミなんですね。日本人の拘り、技術革新への意気込みは世界に誇ることが出来るものだと思います。

  3. Thank you for choosing to follow my blog! I really appreciate your support and look forward to reading more of your posts!

Leave a Reply

%d bloggers like this: