棚田/Rice Terrace

フィリピンの棚田は「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」として1995年に世界遺産に登録されました。コルディリェーラはスペインで山脈という意味らしいです。この地に住むイフガオ族と言われる山岳民族が、ほぼ人力で2,000年に渡って作り上げて守ってきた棚田ということです。棚田の総延長が2万キロに及ぶと言います。「天国への階段」とも「世界の8番目の不思議」という人も居るようです。この棚田を作り上げ、守ってきた方に対しては、その英知、努力、執念といったものに畏敬の念を感じざるを得ません。

The rice terraces of the Philippines were registered as a World Heritage Site in 1995 as the “Rice Terraces of the Philippine Cordilleras”. Cordillera means mountain range in Spanish. The Ifugao, a mountain tribe living in this area, have built and protected the rice terraces for 2,000 years almost entirely by human power. The total length of the rice terraces is said to be 20,000 kilometers. Some people call it the “Stairway to Heaven” or the “Eighth Wonder of the World”. I can’t help but be in awe of the wisdom, effort, and persistence of the people who have created and protected these Rice Terraces.

その後、生活の近代化に伴い後継者不足や、観光による影響などで荒廃する棚田が相次ぎ、2001年には危機遺産リストに登録されるなど保全の危機に直面しました。日本含む国内外の多くの方々の支援を受け、2012年には危機遺産から通常の世界遺産に戻っています。保全に援助なさった方にも敬意を感じます。2,000年かけて作り上げ守ってきた棚田ですが、荒廃にはさして時間がかからないだろうことは容易に想像がつきます。

A number of rice terraces fell into disrepair due to the lack of successors as people modernized their lives and the impact of tourism. In 2001, the area was placed on the World Heritage in Danger. With the support of many people including Japanese, the site was restored from the World Heritage in Danger in 2012. The terraced rice paddies have taken 2,000 years to build and protect, however it is easy to imagine that it will not take long for them to fall into disrepair.

私がフィリピンの棚田を訪問したのは2013年4月だったと思います。マカティから棚田で有名なBanaueまでは車で9時間くらい要します。職場の友達Y君と一緒に二人で訪問しました。車での移動時間が長いため、レンタカーでゆったり大きめの車を借り、運転手も二人体制という万全の構えで出発しました。それでも大した金額にならないところがフィリピンの良いところです。

My visit to the rice terraces in the Philippines was in April 2013. It takes about 9 hours by car from Makati to Banaue, famous for its rice terraces. I visited there with my friend Y from work. Because of the long travel time by car, we rented a large, comfortable car and set off with two drivers in place. Even so, the cost was not too much, which is one of the good things about the Philippines.

これ以上ない早朝にマカティを出発、Banaueを目指します。途中までは高速道路を使いましたが、その後は山道主体の道路だったと記憶しています。途中、バレテ峠で戦没者慰霊碑に手を合わせました。そんなことをしながら8時間程度で目的ホテルに到着。Y君が選んでくれたBanaue Hotelは名前の通り、Banaueを代表するホテル。フィリピンの田舎らしい雰囲気でなかなか良いホテルだったと思います。

We left Makati very early in the morning and headed for Banaue. We used the highway on the way, but after that the road was mainly mountainous. On the way, I prayed at the war memorial at Balete Pass. It took us about 8 hours to arrive at our destination hotel, the Banaue Hotel, which Mr. Y chose for us, and as the name suggests, it is a representative hotel in Banaue. It was a nice hotel with a typical Philippine country atmosphere.

一休みしてから早速に周りを散策します。棚田に限らず、水田のある風景というのはノスタルジックな気分に浸れます。モノクロで撮った写真が多く残っているのは、そうした気持ちからだと思います。

After taking a break, we went for a walk around the area. Not only the rice terrace, but the scenery with rice paddies makes me feel nostalgic. I think it is because of this feeling that many of my monochrome photos remain.

小規模ですが、棚田に関する資料館のようなところにも行きました。イフガオ族の民族衣装を着て写真を撮ったりすることもできたようです。常にそういう写真の料金は不当に高いと思い、写真を撮ったりしないのですが、滅多に行ける場所でないんだから写真撮っておけば良かった、と今は思っています。

We also went to a small but informative museum about the rice terraces. It seemed that we could take pictures of the Ifugao people in their traditional costumes. I always think that the price of such photos is unreasonably high, so I don’t take them, but now I think that I should have taken photos since it is not a place I can visit often.

翌朝はホテルをチェックアウトし、棚田が見渡せる展望台から写真を撮り、棚田の写真を撮りながら山岳ルートをサガダという観光地に向かいました。ほとんど車も走っていない山岳部を懐メロを聴きながらのドライブは楽しかったです。冒頭の写真は「Bay-Yo Rice Terraces View Point」から撮ったものです。私はここの棚田が一番好きな光景かな、と思います。

The next morning, we checked out of the hotel, took pictures from the observatory overlooking the rice terrace, and headed along the mountain route to a tourist spot called Sagada while taking pictures of the rice terraces. It was fun to drive through the mountainous areas where there were hardly any cars on the road, listening to nostalgic melodies. The photo at the beginning was taken from the Bay-Yo Rice Terraces View Point. I think the rice terraces here are my favorite scenery.

反省ですが、私の旅行はほとんどが、「ここに行った。観た」で終わってしまうこと。棚田を作り保全する上で最大のポイントは何なのか、灌漑をどう行っているのか、技術の進歩による変遷があるのか、といったもっと突っ込んだことを理解しようと思えば見え方も違っただろうな、と思う。また行きたいけど、陸路しかないため多くの時間を要することが難点。行く価値のある観光地であることは間違いございません。

On reflection, most of my trips end with “I’ve been here, I’ve seen it”. If I had tried to understand more in-depth things such as what the main points are in creating and preserving rice terrae, how irrigation is done, and whether there have been any changes due to technological advances, I would have been able to see things differently. I would like to go back, but the disadvantage is that it takes a lot of time because it is only by land. It is definitely a tourist destination worth visiting.

Published by freerthanbird/鳥よりも自由

旅行、サイクリング、ゴルフ、ダイビング、ドローンなどを勝手気ままに楽しんでいます。フィリピンの企業に勤め、フィリピンで生活しています。 I enjoy traveling, cycling, golf, diving, and drones at will. I am a Japanese, work for a company in the Philippines and live in the Philippines.

2 thoughts on “棚田/Rice Terrace

  1. 田園風景は安心しますよね。それにしても、壮大な田園風景なのですね!!
    能登の千枚田は企業や個人がスポンサーになって維持されています。
    昔と違ってわざわざ棚田を米の供給のために維持する理由はないので、観光目的と希少価値のようです。
    技術の進歩、、、機会使えませんからね。それだけの敷地だとどのように田植えから刈り入れまで行っているのでしょうか。
    私も、旅してから事前に調べておけばよかったとか、そのとき聞けば良かったとありますが、そういう余韻があるからまた行きたくなるのでしょうね笑

    1. 旅行のお上手な方は下調べも十分でブログなど書いてもスマートなんでしょうが、私などは、ブログ書くために調べたりしている始末です。そのおかげで色々旅のことを思い出せています。明日、この続き書くつもりです。

Leave a Reply

%d bloggers like this: