サガダ/Sagada

昨日は、棚田についてブログに書きましたが、今日はその続きです。棺が岩肌に吊るされている観光地「Hanging Coffines」を訪れたりしながら、メインのスマギン洞窟へ。鍾乳洞は迫力満点、いつもの通り、事前情報を詳細には調べていなかったので期待を大きく上回るものでした。今から考えても冒険そのものでした。全く無事だったから良かったのですが、万が一事故でもあったら、会社から大目玉を喰らうようなレベルの探検だったように記憶しています。

Yesterday, I blogged about the rice terraces, and today is a continuation of that. While visiting Hanging Coffins, a tourist attraction where coffins are hung from the rock face, we went to the main Sumaging Cave. The cave was very powerful, and as usual, greatly exceeded my expectations as I hadn’t researched the information in detail beforehand. In hindsight, it was an adventure itself. I’m glad that we were completely safe, if there had been accidents, the company would seriously criticize our activities.

途中まではだれでも楽しめるようなレベルです。私もスリッパを履いて呑気に降りてます。我々は通常ルートで辞めるか、難易度の高いルートにも挑戦するかを訊かれます。当然、「挑戦する」と答えます。私とY君も勿論ですが、運転手の2人も大興奮でした。挑戦ルートは、最小限の荷物しか持たず、ロープを使ったり、ガイドの肩に足をかけたりしながら岩を上り下りする鍾乳洞巡りです。挑戦ルートは裸足、上半身裸で進んでいることに気づきます。ガイドへの信頼が無ければ成り立たない探検です。ガイドはランプを片手に我々を安全に鍾乳洞まで導いてくれています。今でも感謝の気持ちで一杯です。今も彼は元気にしているかな。

The level is such that anyone can enjoy it until halfway. I’m also wearing slippers and swallowing my way down. We were asked if we wanted to quit at the normal route or try the more difficult route. Of course, we said yes. Y and I were excited, but so were the two drivers. The challenge route is a tour of limestone caves where we carry only a minimal amount of luggage and climb up and down the rocks using ropes and putting your feet on the guide’s shoulders. You will notice that you are barefoot and naked on the challenge route. This is an expedition that would not be possible without trust in the guide. The guide leads us safely to the cave with a lamp in his hand. I am still filled with gratitude. I wonder if he is still doing well.

挑戦ルートの先には見事な鍾乳洞が広がっていました。普段あまり鍾乳洞に行かないから良く分からないですが、もっと見事な鍾乳洞は世の中に沢山あるのでしょう。苦労しながら、ヒヤヒヤしながら行き着いた鍾乳洞なのでやはり記憶に残りますね。自然が長い時間かけて作り上げる造形美には畏敬の念を覚えますね。

At the end of the challenging route, we found a magnificent limestone cave. I’m sure there are many more beautiful limestone caves in the world. I will always remember the cave as a place where I struggled and chickened out to get there. I am in awe of the beauty that nature has created over a long period of time.

鍾乳洞は挑戦ルートまでお勧めしたいのです。しかしながら大雨が降ったりすると進入禁止になるような場所です。いつでも気軽に楽しめるような場所で無いので、行く際には慎重に調査して訪問してください。無理は禁物です。また、思い切り濡れますので着替えなどは持って行ってくださいね。

I would recommend the limestone caves until the challenging route. However, the caves are closed to visitors when it rains heavily. It’s not a place that can be enjoyed casually at any time, so please do your research carefully before visiting. Don’t overdo it. Also, you will get wet, so please bring a change of clothes.

Sagadaで鍾乳洞巡りをした後は食事をし、Banaueまで戻って同じ道をひた走り家路につきました。本来、違う道を戻りたかったですが、時間的制約もあり同じ道を戻りました。2013年時点ではそうでしたが、今は、高速道路が延伸していますから、バギオ経由で帰ってくることが寧ろ早いようです。バギオには私は行ったこと無いのですが、避暑地として非常に有名な場所です。バギオも絡めて観光すると楽しいでしょうね。

After visiting the limestone caves in Sagada, we had a lunch and then drove back to Banaue along the same road. Honestly, we wanted to go back via another route, but due to time constraints, we went back the same way, which was the case in 2013, but now, with the extension of the highway, it seems to be faster to come back via Baguio. I’ve never been to Baguio, but it is a very famous summer resort. I think it would be fun to visit Baguio as well.

フィリピンの道路事情はこの10年で素晴らしく良くなりました。一度フィリピン道路事情の改善についてブログでまとめてみても良いかも。

The road conditions in the Philippines have improved significantly over the past decade. I could write a blog about the improvement of road conditions in the Philippines.

Published by freerthanbird/鳥よりも自由

旅行、サイクリング、ゴルフ、ダイビング、ドローンなどを勝手気ままに楽しんでいます。フィリピンの企業に勤め、フィリピンで生活しています。 I enjoy traveling, cycling, golf, diving, and drones at will. I am a Japanese, work for a company in the Philippines and live in the Philippines.

5 thoughts on “サガダ/Sagada

  1. 我が家も海外旅行は全部自分で手配するので、珍しい現地のツアーを申し込んでいました。
    大海原でマンタを見るのに死ぬかと思ったり、干潮のときにしか行けない青の洞窟へ行ったり(満潮になったら閉じ込められて溺れる)、子供が水クラゲに刺されたり、本当に日本のツアーでは絶対体験できないようなこと旅行をしました。
    無事だから言えますが、貴重な思い出です笑

    1. 日本からの駐在は「安全をお金で買う」という非常に有難いサポートがありますよね。ゆえに自ら危険な行動を取るのは企業からすると困惑の一言でしょうね。今だから言える、みたいな話がそれなりにあります。

Leave a Reply

%d bloggers like this: