製薬会社/pharmaceutical company

white pink and yellow blister packs
Photo by freestocks.org on Pexels.com

本日は製薬会社について記載します。薬は言うまでも無く、人々の生活にも密接に結びついています。薬の開発により、人々の生活は向上したと言えるでしょう。薬の収益性は高く、製薬会社は安定した業種という印象がありました。ただ、現在はそうでも無さそうだ、ということを記載していきたいと思います。

Today I would like to write about pharmaceutical companies. Needless to say, medicines are closely related to people’s lives. It can be said that the development of drugs has improved people’s lives. The profitability of drugs is high, and pharmaceutical companies used to give the impression of being a stable industry. However, I would like to state that this does not seem to be the case at present.

製薬会社の大変さは色々あると思いますが、以下の2つが重要だと思います。

I think there are many difficulties in pharmaceutical companies, but I think the following two are important.

・新薬を創り出すのには莫大な研究開発費用と時間がかかる。

It takes a lot of time and money for research and development to create a new drug.

・新薬は一定期間独占販売でき、高い収益を得られるが、特許が切れるとジェネリック薬に切り替わっていくため、いつまでも高い収益を得ることは出来ない。

New drugs can be sold exclusively for a certain period of time and can generate high profits, but when the patent expires, they are replaced by generic drugs.

日本を代表する武田薬品は1781年に設立された国内トップの製薬会社です。「アリナミン」「ベンザブロック」「ハイシー」など有名でした。現在、こうした大衆薬は武田薬品から売却されており、アリナミン製薬という会社が売っています。どうしてこうした市民に親しまれた商品を売却することになったか、、、というと、生き残りをかけた買収をしたからです。

Takeda Pharmaceutical Company Limited, one of Japan’s leading pharmaceutical companies, was established in 1781. It was famous for its products such as “Alinamin”, “Benzabloc” and “Hychee”. Today, these over-the-counter drugs have been sold by Takeda to a company called Alinamin Pharmaceuticals. The reason why Takeda decided to sell off such a familiar products to the public is because they made a takeover to survive.

知っている人は知っている話ですが、2016年以降、武田薬品の社長は、クリストフ・ウェバーというフランス人です。彼が行った最大の事業はアイルランドのシャイアーという会社の買収でした。6.8兆円という日本最大の買収金額ですから当時はニュースにもなりました。当然、借金も大幅に増えました。そこで、本社など不動産や大衆薬なども売却し、負債の圧縮をしています。

For those of you who know the story, the president of Takeda since 2016 is a Frenchman named Christophe Weber. His biggest venture was the acquisition of an Irish company called Shire, which made news at the time because it was the largest acquisition in Japan at 6.8 trillion yen. Naturally, the company’s debt increased significantly. Therefore, the company sold off its headquarters and other real estate, as well as over-the-counter drugs, to reduce its debt.

現在主力の薬品の特許切れを埋め合わせるために、新薬開発を急がなくてはならない、そのための買収と理解しています。武田薬品は毎年約5000億円の研究開発を行っていますが、トップ10の同業他社からすると特に多い訳ではありません。また、上記の通り、過去の優秀な医薬開発者が時間もお金もかけて開発を続けて居るので、簡単に新薬開発が進むものではありません。

I understand that this acquisition was made in order to hasten the development of new drugs to make up for the patent expirations of their current mainstay drugs. Takeda does about 500 billion yen in R&D every year, which is not particularly large compared to its top 10 peers. In addition, as mentioned above, it is not an easy task to develop new drugs because the best drug developers of the past have spent a lot of time and money on development.

医薬品の開発によって救える命を救う、人々の苦痛を減らす、など肯定的な話でしか無いのですが、世界中で毎年何10兆円もの研究開発をしながらそれを行っているというのもスゴイ話でなかなか整理がつきません。下表にて世界の製薬企業トップ10を作成してみました。当然研究開発費はコストですから、新薬開発に成功しないと製薬会社は生き残ることすらできない、、となります。随分、大変な業界であることを理解できると思います。今後会社数が減少するのかな、と思っています。

The development of pharmaceuticals can only be a positive thing, saving lives and reducing people’s suffering, but the fact that they are doing it while spending trillions of yen in research and development every year around the world is also an amazing story that is hard to understand fully. The table below shows the top 10 pharmaceutical companies in the world. Of course, R&D is a cost, so if a pharmaceutical company does not succeed in developing new drugs, it cannot even survive. I think you can understand that it is a very difficult industry. I wonder if the number of companies will decrease in the future.

RankCompanyCountrySales
(USD Bil)
R&D Exp
(USD Bil)
1RocheSwiss62.413.9
2NovartisSwiss48.68.9
3MerckUS47.913.5
4AbbvieUS45.86.5
5Johnson & JohnsonUS45.59.5
6GlaxoSmithKlineUK44.06.5
7Bristol Myers SquibbUS44.011.1
8PfizerUS41.99.4
9SanofiFrance41.06.3
10TakedaJapan28.74.1

数値は2020年の数値。決算期の違うTakedaは2021年3月期の数値。通貨はUSD換算。Johnson & Johnsonは医療用医薬品のみの数値。表は全て下記リンクから作成しています。筆者のミスや理解不足があればすみません。

Figures are for 2020. Figures for Takeda, which has a different fiscal year, are for the fiscal year ending March 31, 2021. Figures for Johnson & Johnson are for prescription drugs only. All tables are created from the following links. I apologize if there are any mistakes or lack of understanding by the author.

https://answers.ten-navi.com/pharmanews/21056/

Published by freerthanbird/鳥よりも自由

旅行、サイクリング、ゴルフ、ダイビング、ドローンなどを勝手気ままに楽しんでいます。フィリピンの企業に勤め、フィリピンで生活しています。 I enjoy traveling, cycling, golf, diving, and drones at will. I am a Japanese, work for a company in the Philippines and live in the Philippines.

5 thoughts on “製薬会社/pharmaceutical company

  1. 大した知識もないのですが、日本の優秀な研究者の育成と日本製薬会社への開発費の工面など、今の子の時代、「国策」として行うべきなのかと思っています。
    命に直結する事業を一つの会社が責任を負うという時代ではなくなってきているような。。。

    1. 仰る通りと思います。すでに武田薬品に関しては、売上の80%は海外で、要職は全て外人、日本人の多い研究所ではリストラが進んでしまったと聞きます。本社と名前が日本というだけです。中外製薬はロシュの傘下ですし。通信、医療、エネルギー、食品などは国策として保護する必要のある産業だと思います。なかなかしんどそうですが。

      1. 優秀な研究者になりえる学生への助成金から始めて、対策を取らないと、日本はそのうち実質「植民地」のような国になってしまいそうです。

      2. 中国には世界で戦える製薬会社は今のところ無いようですが、多分、早晩世界でもトップ5に入るような製薬会社を作るでしょうね。コロナのワクチンもなんだかんだで作ってしまいましたし。評判は悪かったですが、、。仰る通り、医薬品、バイオという分野は力を入れなければいけない分野だと思います。生物兵器だって世の中にはあるでしょうし。

Leave a Reply

%d bloggers like this: