スポーツにおける反則/Violations in Sports

冬のオリンピックが始まり、熱戦が繰り広げられています。4年に一度の祭典であり、選手の皆様には、思う存分自分の実力を発揮していただきたい。本当にその一言に尽きます。出場する全ての選手が想像を絶するような努力を重ねてオリンピックに参加していると思います。コーチなど関係者の皆さんも全く同じだと思います。

The Winter Olympic Games have begun and the competition is heating up, and I hope that all the athletes will be able to show off their abilities to the fullest in this once-every-four-years event. That’s all I can say. I believe that all the athletes who are participating in the Olympics have put in unimaginable efforts. I believe the same is true for the coaches and other people involved.

今回の北京オリンピックでは、判定を巡って混乱が目立つように思います。選手の4年間の準備・努力を考えると、判定を巡っての混乱は出来る限り少なくなることを切望します。一方、判定を下す審判員も当然、そういうことが分かっているため、物凄いプレッシャーの中で判定を下しているものと思います。

In this Beijing Olympics, there seems to be a noticeable confusion over judging. Considering the four years of preparation and effort of the athletes, I hope that the confusion over judging will be minimized as much as possible. On the other hand, I am sure that the judges who make the decisions are also aware of this and are under tremendous pressure to make their decisions.

言うまでも無く、全てのスポーツにはルールがあり、ルールに則った勝敗であったり、順位があります。そのルールそのものも、かなりの頻度で変わっています。

Needless to say, all sports have rules, and there are winners, losers, and rankings based on the rules. The rules themselves are changing quite frequently.

バスケットの審判は難しいと聞いたことがあります。私が昔やっていたホッケー(陸上)の審判も相当難しいと思います。サッカーなどもそうですが、敵味方がボールを奪い合うようなスポーツの審判は本当に難しいと思います。それに比べればバドミントンやテニス、卓球といったネットをはさんでボールを打ち合うようなスポーツは審判の方のプレッシャーが少ないのかな、と思います。

I’ve heard that basketball referees are difficult. I think it is also quite difficult to referee field hockey, which I used to play. I think it is really difficult to referee a sport like soccer, where the opponents are fighting for the ball. Compared to this, I think there is less pressure on referees in sports such as badminton, tennis, and table tennis, where players hit each other over a net.

さて、世界で最も人気のあるスポーツであるサッカーを例に考えてみましょう。サッカーは、ほとんどの反則は相手にフリーキックが与えられます。ペナルティーエリア内の反則ではPKが与えられるため、勝敗を決するような判定があり得ます。ワールドカップなどを観ていても、1試合に1回は判定を巡って大きな議論があるように思います。悪質な反則にはイエローカードやレッドカードが与えられ、反則をした選手が試合から退くことはあります。当然、人数が少なくなりますから不利にはなりますが、自動的に点が与えられたりはしないため、相当悪質な反則があった場合にも、実はチームに致命的なダメージは与えられないと思います。

Now, let’s take soccer, the most popular sport in the world, as an example. In soccer, most offenses result in a free kick being awarded to the opponent. Penalty kicks are awarded for penalties inside the penalty area, and there can be decisions that can decide the winner. When you watch the World Cup, there seems to be a big argument over a decision at least once a game. A yellow or red card is given for a bad foul, and the player who committed the foul may be removed from the game. Naturally, the number of players will be reduced, so they will be at a disadvantage, but since points are not automatically given, I don’t think that the team can actually be fatally damaged even in the case of a very vicious foul.

今回のスキージャンプ混合団体では5人もの選手のスーツのサイズが過大ということで失格となりました。長きにわたる血の滲むような努力を考えると、失格というのはどうやっても避けるべき事態だったと思います。飛距離を伸ばすためにギリギリの選択をしたということもそうなのだと思います。しかしながら、失格となってしまえば全くポイントが無いという厳しいルールなのですから、結果論とはなりますが、念には念を入れて失格とならないスーツを選ぶべきだったと思います。これはチームの問題であり、最終的に選手にスーツを手渡すコーチなどの問題だと思います。結果として5人もの選手が失格になった、ということは普段とは何か違う基準が適用になった可能性も否定できません。真相はこれから追及され、ルールがより明確に変更されることになるんでしょう。ただ、そんなことならオリンピックの前にそうしたことが準備されていないのか、何かが杜撰だったんだと思います。本当に残念です。

In the mixed ski jumping team, as many as five athletes were disqualified because their suits were too big. Considering their long and bloody efforts, disqualification should have been avoided at all costs. I think it is also true that they made a last-minute choice to increase their flight distance. However, the rules are so strict that if you are disqualified, you get no points at all. I think this is a problem for the team and ultimately the coach who hands the suit to the player. As a result, five players were disqualified, and we cannot deny the possibility that something different from the usual standards was applied. I’m sure the truth will be investigated and the rules will be changed more clearly. However, if this is the case, I think that something was sloppy or that such things were not prepared before the Olympics. It’s really a shame.

Published by freerthanbird/鳥よりも自由

旅行、サイクリング、ゴルフ、ダイビング、ドローンなどを勝手気ままに楽しんでいます。フィリピンの企業に勤め、フィリピンで生活しています。 I enjoy traveling, cycling, golf, diving, and drones at will. I am a Japanese, work for a company in the Philippines and live in the Philippines.

5 thoughts on “スポーツにおける反則/Violations in Sports

  1. サッカー、アイスホッケー、ラグビーなど接触プレーがあるスポーツで試合中に行われる「反則」と、ウエアの規定違反やドーピングなどの「反則」では、明らかに違反の種類が違いますよね。
    おっしゃる通り、「事前に回避できるもの」と「試合中ある程度仕方がないもの」があり、回避できるものはすべきで、少なくとも公平で選手自身が納得できるものであってほしいです。

      1. まさにそうですね!!
        私もタイムリーで混合団体の高梨沙羅のジャンプを観ていたのですが、選手に対するリスペクトのなさと同時に、観客を無視している・侮辱していると感じました。
        (そしてすぐにTVを消しました)

        おっしゃる通り、プロスポーツの世界でしたら、観客を愚弄する行為でもあり、ビジネスとしてあり得ない判定ですよね。

      2. 全く一緒です。佐藤選手が飛んだタイミングで失格を知り、そのあとの懸命な追い上げなどを見逃してしまいました。まさかそのあと5人も失格になっていたとも思いませんでした。どう考えても4年に1度の大会ではあってはならない不手際だったと思います。誰を責めるべきなのか分かりませんが。

Leave a Reply

%d bloggers like this: