先日の参議院選挙では「憲法改正」に必要な議席数も話題となった。憲法は言うまでも無く国家の根幹をなすものだから、多いに議論されれば良いと思う。

In the recent House of Councillors election, the number of seats required for “constitutional revision” was also discussed. Needless to say, the Constitution forms the basis of the nation, so I think it would be good if it were discussed a lot.

日本国憲法は1946年11月3日、敗戦の翌年に公布され、その6か月後1947年5月3日に施行された。その後75年間、何ひとつ変わっていない。世界の憲法について何も知らないが、憲法が75年もの間変わっていない国は非常に珍しいこととのこと。

The Constitution of Japan was promulgated on November 3, 1946, the year after the defeat of World War II, and came into force six months later on May 3, 1947. In the 75 years since, nothing has changed. I don’t know anything about the constitutions of the world, but it is very rare for a country where the constitution has not changed for 75 years.

文章が古い。「行ふ」とか、「ゐる」とか旧字体で書かれており、そもそも 文章が分かりづらい。こうしたことにも手を加えないことは私に言わせれば怠慢以外何物でもない。

The text is old. The words “行ふ” and “ゐる” are written in the old style, and the sentences are difficult to understand. In my opinion, it is nothing but negligence not to take care of these things.

第2次世界大戦後は、天皇をどのように扱うかが最大のキーポイントになったから、第1章の第1条から8条までは、「天皇」について書かれている。順番というものは大切なこと。国民の基本的人権といった内容よりも天皇が先に規定されていることに違和感を覚える。

Articles 1 through 8 of Chapter 1 are about the Emperor, because after World War II, how to treat the Emperor became the most important key point. Order is an important thing. I feel uncomfortable that the emperor is stipulated before the contents such as the fundamental human rights of the people.

最早、天皇が象徴として扱われていることは定着し、誰も異論は無い。憲法の条文の順番を変えようが変えまいが、1931年の満州事変から1945年の終戦時のような状況にはなり得ないと考える。

It is established that the Emperor is treated as a symbol now, and no one disputes this. I believe that the situation cannot be the same anymore as it was from the Manchurian Incident in 1931 to the end of the war in 1945.

日本も変化している訳だから憲法を見直す議論は当然だと思う。

Japan is also changing, so I think it is natural to discuss reviewing the Constitution.