旅と音楽/Travel and Music

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旅行と音楽、私の大好きなもの。こうしてブログを書き始めても、ワクワクします。一人旅が多い私にとって、音楽は旅に無くてはならないものと断言できます。

Travel and music, two of my favorite things. This is how I get excited when I start writing my blog. I travel alone a lot, and I can say that music is an indispensable part of my travels.

普段は、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くことはあまり無いですが、旅先では電車やバスでの移動中や街歩きの際には音楽を聴いていますね。プールサイドやホテルのラウンジで音楽聴きながら数独を解く。なんとも言えませんね。

Normally, I don’t listen to music with earphones/headphones very often, but when I travel, I listen to music while traveling by train or bus, or when walking around town. Solving Sudoku puzzles while listening to music by the pool or in a hotel lounge. Happy itself.

写真はNew Yorkのブルックリン橋から見たマンハッタンの風景です。ガイドブックの教えに従い、ブルックリン側まで地下鉄で行き、橋を渡りながらマンハッタンの景色を堪能する、これ以上の素晴らしさは無いかも、と思えるほど素敵です。New Yorkには5度行ったと思うのですが、行けば必ずブルックリン橋をマンハッタンに向かって歩いています。当然、歩いて渡るときの音楽にも細心の注意を払います。New Yorkほど歌や曲の題材になる都市は世界でも珍しいので選曲に迷うのですが、やはりBilly Joelですね。New York State of Mindといったベタな曲も勿論良いですし、Big Shot, Pressure, My life, The Strangerなども心に沁みます。Say good by to Hollywoodなどという全くNew Yorkに関係ない曲が混入しようがお構いなしです。Billy JoelはNew Yorkに最もフィットするArtistだと思います。私の敬愛するCyndi Lauperも勿論良いのですし、Jay ZのEmpire state of mindのMVも最高ですよね。今度NY行ったらMVに写っているところ出来る限り訪問しよう。

This photo shows the view of Manhattan from the Brooklyn Bridge in New York. I think I’ve been to New York five times, and whenever I go, I always walk along the Brooklyn Bridge toward Manhattan. It’s so nice that it could not be more wonderful. There are few cities in the world that have been the subject of so many songs and tunes as New York, so it’s hard to choose a favorite, but I’d have to say Billy Joel, I think Billy Joel is the artist who best fits New York. “New York State of Mind” is needless to say good for Brooklyn Bridge crossing, and “Big Shot”, “Pressure”, “My life”, “The Stranger” are also very nice for it. I don’t care if there are songs like “Say good by to Hollywood” that have nothing to do with New York at all. Of course my beloved Cyndi Lauper is good, and Jay Z’s music video for Empire state of mind is great. Next time I go to New York, I’ll try to visit as many places as I can that are in the music video.

NYの52番街を歩いたときには、当然、52nd Streetを聴きながら歩きました。Billy Joelに触発されて52番通りを東西に歩いた人間は私だけでは無い筈です。

When I walked down 52nd Street in New York, I listened to 52nd Street as I walked, and I’m sure I’m not the only one who was inspired by Billy Joel to walk down 52nd Street from east to west.

New Yorkを離れます。旅先では、Enyaが旅情を最高レベルに高めます。バンコクとかマニラとか何とも暑い都市をあてもなく歩き回っている時にも、デンマークで田園風景を眺めながら電車に乗っているときにも、イスタンブールでモスクを観ている時でも、Enyaの幻想的なメロディーと歌声が「非日常」という旅の喜びを一層引き立ててくれる、というのが私の分析です。Enyaを聴きながら一人旅、最高。勿論、あれこれ話し合う友達と一緒に旅行に行くのも良いんですけどね。

I’m changing topic from New York. When I travel, Enya brings out the best in me. Whether I’m wandering aimlessly in a hot city like Bangkok or Manila, riding a train in the countryside of Denmark, or visiting a mosque in Istanbul, Enya’s fantastic melody and voice enhance the joy of travel. I love traveling alone while listening to Enya. Of course, it’s also good to go on a trip with a friend to talk about this and that.

なかなか飛行機に乗って遠くに旅行に行くことが出来ない昨今ですが、お酒吞んで、Billy JoelやEnyaを聴きながら、過去の旅行に思いを馳せていると、その時の旅情が蘇ってきます。何とも幸せな気分で本日のブログは終了。

These days, it’s not easy for me to travel far by airplane, but when I drink for a while, listen to Billy Joel and Enya, and think about my past trips, it brings back memories of those times. I end today’s blog in a very happy mood.

治安/public order

photo of person holding a handgun
Photo by cottonbro on Pexels.com

テレビやインターネットのニュースを観ていると、日本において凶悪犯罪が非常に多いように思う。増えてきているようにも思うし、今後ますます治安が悪くなってしまうように思う。許しがたい犯罪も非常に多く、大丈夫なんだろうか、と心配に思う。

Watching the news on TV and the Internet, it seems that violent crimes are very common in Japan. The number of crimes seems to be increasing, and it seems that public safety will become even worse in the future. There are so many unforgivable crimes that I wonder if we are safe.

では、実際はどうなのか、ということで「犯罪白書」を読む。001361628.pdf (moj.go.jp) みていただくと分かる通り、2021年の犯罪白書は440ページにもわたる力作で、なかなか全ては読み切れませんが、簡単に傾向だけ紹介します。

So, to find out what is really going on, I read the White Paper on Crime. As you can see, the 2021 White Paper on Crime is a 440-page document, and it’s hard to read all of it, but I’ll just briefly introduce some of the trends.

刑法犯が2020年には約61.4万件発生。窃盗がそのうち41.7万件ですから、除く窃盗の刑法犯が19.6万件発生したとのことです。この数字だけをみてもピンときませんが、毎年減少傾向にあります。物凄く大雑把に記載すると、刑法犯の件数は1996年から2002年まで増加し、2002年には285万件にまで達しました。2003年から減少に転じました。2002年と2020年を比較すると1/4以下ということですから大幅に減ったということが言えます。犯罪がどんどん減っている、ということを実感したかというと良く分かりません。

Approximately 614,000 criminal offenses occurred in 2020. Theft accounted for 417,000 of these, so excluding theft, there were 196,000 criminal offenses committed. This number alone does not give a clear picture, but it is on a downward trend every year. The number of criminal offenses increased from 1996 to 2002, reaching 2.85 million in 2002, and began to decrease in 2003. I am not sure if I realized that crime is decreasing rapidly.

犯罪のうち最も重いものは殺人だと思います。2020年の殺人の認知件数は929件で2019年よりも21件と僅かですが減少しています。検挙件数は913件と98.3%が検挙されています。これは、なかなかすごいことだと思います。殺人は2003年に1500件程度発生していますが、それからは基本減少傾向(最低は2016年の895件)にあります。

The most serious of crimes is murder, and the number of homicides recognized in 2020 was 929, a slight decrease of 21 from 2019, and 913 arrests, or 98.3% I think this is quite impressive. There were about 1500 homicides in 2003, since then there has been a basic downward trend (the lowest was 895 in 2016).

刑法犯で検挙された人は18.2万人います。男性が14.3万人、女性が3.9万人ですから、圧倒的に男性が検挙されています。(犯罪を犯している数も圧倒的に多いものと思われます)

There are 182,000 people arrested for criminal offenses. Since 143,000 are men and 39,000 are women, the overwhelming majority of arrests are men. (The number of people committing crimes is most probably also overwhelmingly high.)

さて、殺人に焦点を当てて諸外国と比べた数値も犯罪白書からは読み取れます。2017年の殺人の人口10万人当たりの発生件数は、日本0.2、フランス1.3、ドイツ1.0、イギリス1.2、アメリカ5.3となります。日本は欧米諸国と比べても人口当たりの殺人件数が少ないことが確認できます。細かく書きませんが、強盗も桁違いに少なく日本の治安は世界的にもまだまだ良い、ということが言えるように思います。

In 2017, the number of homicides per 100,000 population was 0.2 in Japan, 1.3 in France, 1.0 in Germany, 1.2 in the UK, and 5.3 in the US. It can be confirmed that Japan has a low number of homicides per population compared to Western countries. I won’t go into details, but I can say that the number of robberies is also very low by an order of magnitude, and that Japan’s security is still good in the world.

諸外国に比べて良いから問題無いという訳ではありませんし、減少傾向だから良いという訳でもありません。治安の良さは日本の素晴らしいところだと思います。治安がさらに良くなること祈念します。

It does not mean that there is no problem because it is better than in other countries, and it does not mean that it is good because it is on the decline. I think that the safety is one of the great things about Japan. I hope that it will get even better.

指揮者/Conductor

中学生の頃、もう40年も前のこと。クラシックの名盤、などと言う本は良く読んでいたし、お薦めの名演をFMで流していたのを録音して聞いていた時期もありました。カラヤン、ベーム、アバド、ショルティ、ラトルなど名指揮者と言われる人の名前は良く聞いていましたが、見るのは本の中の写真やCDのジャケット写真くらい。なかなか指揮をしている姿を観る機会はありませんでした。

It was around 40 years ago when I was in junior high school. I used to read books about classical music, and there was a time when I used to listen to FM recordings of recommended masterpieces. I often heard the names of famous conductors such as Karajan, Böhm, Abbado, Solty, Rattle, etc., but I never saw them except in pictures in books or on CD jackets. I never had a chance to see them conducting.

今では、Youtubeで素晴らしい演奏を目でも楽しめるようになりました。素晴らしいことです。CDを聴いているのに比べると、指揮者や演奏者の姿を見ることができ、視覚でも聴覚でも演奏を楽しむことが出来るようになってきました。

Nowadays, we can enjoy wonderful performances with our eyes on Youtube, which is wonderful. Compared to listening to CDs, we can now see the conductor and performers and enjoy the performance both visually and aurally.

名指揮者って本当に羨ましいな、と思います。演奏が終わった後の観客からの「ブラボー」の叫びや鳴りやまない拍手は、オーケストラと指揮者全体に向けられているものですが、中心になるのは指揮者です。

I really envy great conductors, I think. The cries of “Bravo” and the incessant applause from the audience after a performance are directed at the orchestra and the conductor as a whole, but it is the conductor who takes center stage.

世界中に何人の指揮者がいるのか分かりませんが、指揮者の名前だけで観客が入る(勿論、名指揮者が世界でも名高いオーケストラを指揮しますが)指揮者となると、本当に一握りだと思います。現役で最も有名な指揮者って誰になるんでしょうかね。ティーレマンでしょうか。

I don’t know how many conductors there are in the world, but I think there are really only a handful when it comes to conductors whose name alone draws an audience (although, of course, great conductors conduct some of the most famous orchestras in the world). I wonder who the most famous active conductor is. Is it Thielemann?

指揮者の違いによる演奏の違い、って実は良く分かりませんが、鬼気迫る演奏は私でも分かると思います。そう言う演奏はCDで聴くだけでなく、映像も観たくなるし、出来ればライブで味わいたいよな、と思います。

I don’t really understand the difference in performance between different conductors, but I think even I can understand the passionate performance. I would like to see such performances not only on CD but also on video, and if possible, I would like to experience them live.

指揮者のランキングは、本当に様々で多分正解も無いんだと思います。

I think the ranking of conductors really varies and there is probably no right answer.

私は、冒頭の写真にもある、巨匠ロリン・マゼールが最も好きです。これは、2013年5月にウィーンの楽友協会ホールにてミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を率いて演奏したときの写真です。この時のブラームス交響曲2番のフィナーレは本当に素晴らしく、Youtubeで色々な演奏を聴きましたが、あれほどの素晴らしさでは無いように思います。Liveの力なのかもしれませんが、あの演奏がYoutubeにアップされていないのが残念でなりません。そのくらいの緊張感、迫力でした。

I am most fond of the maestro Lorin Maazel, who can be seen in the photo at the beginning of this article. This photo was taken in May 2013, when he led the Munich Philharmonic Orchestra in a performance at the Musikverein Hall in Vienna. The finale of Brahms Symphony No. 2 was really wonderful, and I have listened to various performances on Youtube, but I don’t think it is as wonderful as that one. I can’t help it. It was such a powerful and tense performance.

Youtubeですっかり好きになった指揮者はサー・ゲオルグ・ショルティ。Youtubeではシカゴ交響楽団の日本公演、展覧会の絵(後半)です。展覧会の絵の最後は今、世界中で心配されているウクライナの首都キエフ、キエフの大きな門です。本当に素晴らしい演奏と指揮に圧倒されます。キエフの大きな門はこのYoutubeの11:30頃から始まりますが、前半も視聴頂くことお薦めです。伝説のシカゴ響の首席トランペット アドルフ Hハーセス氏(この方が伝説のトランぺッターであることをたった今知りましたが)の名演が聴ける前半も素晴らしいです。冒頭のトランペット独奏は本当に緊張すると思います。

The conductor I’ve come to like so much on Youtube is Sir Georg Solti, and on this Youtube is the Chicago Symphony Orchestra’s performance in Japan, Pictures at an Exhibition (second half). The last part of the exhibition picture is the big gate of Kiev, the capital of Ukraine, which is now worried all over the world. I was overwhelmed by the truly wonderful performance and conducting. The Big Gate of Kiev starts at around 11:30 on this Youtube, but I recommend you to watch the first half of it as well. The first half is also wonderful, with a great performance by the legendary Adolph Herseth, principal trumpet of the Chicago Symphony Orchestra (I just found out that he is a legendary trumpeter). The trumpet solo at the beginning will make the trumpeter really nervous.

歯磨き/dental brushing

blue and white toothpaste on toothbrush
Photo by PhotoMIX Company on Pexels.com

昔、「芸能人は歯が命」なんてことを言っていた。随分昔のことだったかな。芸能人でなくても、歯は滅茶苦茶大事。そのためには正しい歯磨きをすることが重要なことは言うまでもない。

There used to be a saying that “a celebrity’s teeth are his/her life”. That was a long time ago, I think. Even if you are not a celebrity, teeth are extremely important. Needless to say it is important to brush your teeth properly for this purpose.

最近あさイチで歯磨きについて特集されていたので観たが、結構驚く内容がありました。これは、最近主流になりつつある「フッ素入り歯磨き粉」に対応した内容だと思ってます。フッ素が歯に及ぼす効果は、皆さんご存じの通りなのでここでは書きません。

I recently watched a feature on dental brushing on TV program, and found the content to be quite surprising. I think this is in response to the fluoride toothpaste that is becoming mainstream these days. I’m not going to write about the effects of fluoride on teeth here, as you all know.

私が現在使っている歯磨き粉は、「Sensodyne Repair & Protect」というもの。多分、値段がそれなりにしているから良いものだろう、という程度の選び方です。フッ素が入っていて、歯の再石灰化や虫歯予防に効果があるんでしょ?という選び方です。実際フッ素が入っているようです。

The toothpaste I am currently using is “Sensodyne Repair & Protect”. Probably because it’s a quite pricey, it must be good, that’s how I choose it. It contains fluoride, which helps remineralize teeth and prevent cavities, right? This is the way to choose. In fact, it seems to have fluoride in it.

私があさイチを観ていて、驚いた内容は、以下の3つ。

There were three things that surprised me when I watched TV program.

  1. 歯ブラシには2CMくらい歯磨き粉を取りましょう。
  2. 磨き始める前に歯磨き粉をまんべんなく歯に浸透させましょう
  3. 口をゆすぐときには少量(大さじ一杯)の水で一回のみゆすぎましょう
  1. Take about 2 CM of toothpaste on your toothbrush.
  2. Make sure the toothpaste is evenly distributed on your teeth before you start brushing.
  3. When rinsing your mouth, rinse only once with a small amount of water (one tablespoon).

全て、フッ素を歯に浸透させ、定着させることを目的とした記述内容です。そう考えれば全て納得できます。Webサイトで正しい歯磨きについて少々調べましたが、ここまでフッ素歯磨き粉に特化した内容を見つけられませんでした。華丸さんは歯医者さんからゆすぎ方については同じようなアドバイスを受けたと番組で言ってました。

It all makes sense when you consider that the purpose of fluoride toothpaste is to penetrate and fix the fluoride in the teeth. I did a little research on proper tooth brushing on the web, but I couldn’t find anything this specific to fluoride toothpaste. One participant on TV program said that he got the same advice from his dentist about rinsing.

あさイチを観た後は私は思っていたよりも多めの歯磨き粉を使い、ゆすぐときも出来るだけ少ない量の水でゆすぐようにしていました。

After watching TV program, I used more toothpaste than I thought I would, and when I rinsed, I used as little water as possible.

さて、同じようなことが歯磨き粉の使用方法に書いてあるのかな、と思って読んだら、これまた衝撃的な内容が。あくまでもこれは私が現在使用中の歯磨き粉ですよ。

Now, I wondered if the same thing was written in the instructions for using toothpaste, and when I read it, I was shocked to find out. This is just the toothpaste I’m currently using.

  1. 歯磨きの回数は1日2回。多くても3回まで
  2. 飲み込む量を最小限にし、吐き出すこと
  1. Brush twice a day and not more than 3 times
  2. Minimize swallowing and spit out

むむ。下手すると4回磨いたりしてるぞ。と思う次第。インターネットで「フッ素入り歯磨き粉」を検索すると、フッ素の毒性について言及してあるもののあって少々心配になります。私自身は歯磨きに使用する程度の歯磨き粉のフッ素が身体に悪影響を及ぼすことは無いだろうと思っているので、引き続きフッ素入りの歯磨き粉を使います。

Wow. If I’m not careful, I’ll have to polish four times. That’s what I thought. When I searched for “fluoride toothpaste” on the Internet, some of them mentioned about the toxicity of fluoride, which made me worry a little. I’ll continue to use fluoride toothpaste because I don’t think the fluoride in the toothpaste I use for brushing my teeth will have any adverse effect on my body.

読み飛ばしていた歯磨き粉の指示を敢えて無視するのもどうかと思うので、これからは、1日3回の歯磨きにはフッ素入りの歯磨き粉を。それ以上になる場合にはフッ素の入っていない歯磨き粉か、歯磨き粉を使わないで歯磨きをしようと思います。

I don’t think I should dare ignore the instructions for toothpaste that I skipped reading, so from now on, I will use fluoride toothpaste for brushing my teeth three times a day. If I have to brush more than that, I will use toothpaste without fluoride or brush teeth without toothpaste.

普段、全く読むことの無い歯磨き粉の注意書きや材料についてですが、たまには読んでみると新たな発見があるかも知れませんよ。

I usually don’t read about the warnings and ingredients of toothpaste at all, but if you read them once in a while, you may discover something new.

涙もろい/easily moved to tears

man in black crew neck shirt crying
Photo by Ketut Subiyanto on Pexels.com

歳を取り、本当に涙もろくなりました。朝ドラの「カムカムエブリバディ」は下手するとAIさんの「アルデバラン」のイントロを聴くだけで涙が出そうになります。昨年のオリンピック・パラリンピックも涙が沢山こぼれました。

As I’ve gotten older, I’ve become really tearful. Last year’s Olympics and Paralympics also brought many tears to my eyes.

歳をとるとどうして涙もろくなるのか?は「チコちゃんに叱られる」でも問題になりました。答えは、「脳のブレーキが緩むから」だそうです。「アクセル」に該当する共感力は歳をとるにつれて高まる一方、気持ちの変化を抑制する「脳のブレーキ」が弱まり、涙がこぼれてしまう、という仕組みのようです。少なくとも番組では、涙もろくなることを否定的なトーンでは伝えていなかったようです。

Why do we become tearful as we get older? was also a question in TV program. The answer is that it’s because the brakes on the brain weaken. It seems that as we get older, our ability to empathize, which is the “gas pedal,” increases, while the “brain’s brake”, which restrains changes in our feelings, weakens, causing tears to spill. At least, the program didn’t seem to have a negative tone about tearfulness.

なぜ年を重ねると涙もろくなる?→脳のブレーキが緩むから | チコちゃんに叱られる! (xn--h9jua5ezakf0c3qner030b.com)

一方、他の文献に当たりますと、「背外側前頭前野」という行動や感情を制御している機能が衰えたことによると記載されています。「キレる老人」や「物忘れ」も「背外側前頭前野」が衰えたことによるものと言っており、明確に否定的なトーンです。脳トレをして「物忘れ」や「感情を抑制する能力低下」を食い止めるべきだと続きます。

On the other hand, another analysis says that it is due to the decline of the “dorsolateral prefrontal cortex,” which is the function that controls behavior and emotions. This is a distinctly negative tone, saying that the “snappy old man” and “forgetfulness” are also caused by the decline of the “dorsolateral prefrontal cortex. It goes on to say that brain training should be done to stop “forgetfulness” and “loss of ability to control emotions”.

年を取って涙もろくなったのは感情の抑制機能が低下したから | 東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAカレッジ) (tohoku.ac.jp)

元々短気な私は、キレやすいと自覚していますが、加齢により、自分がさらに「キレやすく」なったのかは、良く分かりません。頭から湯気でも出てくれたらその頻度から分かるかも知れませんが、漫画じゃあるまいし、そういう目に見える体の変化はありませんから。「キレやすい老人」なんていうのは、全く迷惑な存在ですから、そうなりたくは無いですね。

I’ve always had a short temper, and I’m aware that I lose my temper easily, but I’m not sure if I’ve become more “snappy” as I’ve aged. If I could see steam coming out of my head, I might be able to tell from the frequency of the steam coming out of my head, but I don’t see any visible changes in my body like in a comic book. The ” Mad Mere Old Man” is a nuisance and I don’t want to be one.

「物忘れ」は確実に進行しています。人の名前や会社名が本当に出て来なくなってしまっています。これは仕事や人間関係構築において確実にまずいことなので、脳を鍛え、物忘れの進行を食い止めたいです。

Forgetfulness is definitely on the rise. I really can’t remember people’s names or company names anymore. This is definitely not good for work and relationship building, so I want to train my brain and stop the progression of forgetfulness.

「涙もろさ」は「人間味が溢れること」くらいに思っていて、むしろ良いことだと思っているので、脳トレーニングをして涙もろさが無くなってしまうことが本当に良いことなのか、と思う自分もいます。

I think that tearfulness is a good thing, and I wonder if it’s really a good thing to lose tearfulness through brain training.

「涙もろい人」が押しなべて「キレやすい人」なのか?「物忘れの激しい人」なのか?と問われると、必ずしもそうでは無いと思うのですが。どう思われます、皆さま?

Is a person who is prone to tears always a person who is prone to anger? Is a person who is prone to tears also a person who is prone to forgetfulness? I don’t think this is necessarily the case. What do you think, everyone?

添付のyoutubeは東京ガスの傑作CM。泣ける。

The attached youtube is a great commercial by Tokyo Gas, it makes me cry.

岸井ゆきのさん出演のCMは東京ガスが批判を受けて放送中止にしてしまいました。なんだかな。海外の人でこのCMの意味を理解する人は少ないだろうな、と思いながら。

海外での日本テレビ視聴/Watching Japanese TV overseas

flat screen television
Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

海外での生活が12年になろうとしています。以前駐在員として働いていた頃は、海外で生活しているのに日本のテレビ番組を観るのは良くないと思い、NHKワールド・プレミアムを観るくらいでした。が、2017年に再度フィリピンに来てからは、インターネットを介して日本のテレビを観ています。当地のテレビは一切映りません。日本の地上波とBSが映ります。約1か月3000円くらい払っていると思います。もっとお金を払えば、Wowowなどの番組を観ることができます。

I have been living abroad for almost 12 years now. When I was working as an expatriate, I only watched NHK World Premium because I thought it was not good to watch Japanese TV programs while living abroad. However, since I came to the Philippines again in 2017, I have been watching Japanese TV via the Internet. I can’t watch any FilipinoTV. Japanese terrestrial and BS TV programs are applicable. I think I pay about 3,000 yen a month. If you pay more, you can watch programs such as WOWOW.

日本で生活したときには、「なんでこんなつまらない番組しか作れないんだ?」と日本のテレビ番組に否定的でしたが、今はテレビにかなり依存していることに気づきます。コロナ禍で家にずっと閉じこもっていた時にはテレビとYoutubeには大変お世話になりました。

When I lived in Japan, I was negative about Japanese TV programs, saying, “Why can’t they just make boring programs like this? But now I realize that I am quite dependent on TV. When I was confined to my house all the time due to the Covid19 pandemic, I was very grateful for TV and Youtube.

インターネットテレビの最大の長所は「振り返り視聴」が1週間出来ることです。わざわざ録画まではしない番組や、Yahooなどで話題になっている番組などは振り返り視聴で観ます。CMも飛ばせるので時間が短縮できます。「アド街ック天国」や「人生最高レストラン」などは振り返り視聴に最も適した番組です。

One of the greatest advantages of Internet TV is that you can “look back and watch without record” for a week. You can skip the commercials and save time.

大した短所は無いのですが、インターネットテレビは少し遅れて(我が家では2分くらい)配信されますので、スポーツ中継などは結果が少し遅れて放映されるので気を付けなければいけません。また、インターネットの調子が悪いと当然テレビ中継も途切れてしまいます。フィリピンのインターネット事情は万全とは言えないので少しつらいところです。

There are no major disadvantages, but Internet TV is delivered with a slight delay (about 2 minutes in our house), so you have to be careful with sports broadcasts, as the results are broadcasted a little later. Also, if the Internet is not working properly, the TV broadcast will naturally be interrupted. The Internet situation in the Philippines is not perfect, so it is a bit difficult.

NHKを観ている時間が長いですね。朝ドラ「カムカムエブリバディ」から「あさイチ」、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」などは、毎回楽しみに観ています。特に朝ドラの「カムカムエブリバディ」は傑作ですね。「エール」や「おかえりモネ」もなかなか名作でしたが、今回の朝ドラはさらにその上を行っているように思います。ブラタモリも優れた番組ですね。タモリさんはどうして地政学にあそこまで造詣が深いのでしょうか。大したものです。

I spend a lot of time watching NHK. From the morning drama “Come Come Everyday” to “Asaichi” and the historical drama “Kamakura-dono no 13”, I look forward to watching them every time. In particular, the morning drama “Come Come Everyday” is a masterpiece. Yale” and “Welcome Back Monet” were also masterpieces, but I think this morning drama is even better than those. “Bratamori” is also an excellent program. I wonder why Tamori-san is so knowledgeable about geopolitics. It’s a big deal.

カムカムエブリバディで好演している深津絵里さんの懐かしのCMと最新のCMを添付しておきます。昔のCMは特に素晴らしいと思います。もう30年以上昔なんですね。色褪せません。

I’ve attached some old and new commercials of Eri Fukatsu, who plays a great role in Come Come Everyday. I think the old commercials are especially great. It’s been more than 30 years ago. Still excellent.

QR Code

qr code on screengrab
Photo by Pixabay on Pexels.com

QRコードは、キャッシュレス決済やコロナ禍での安全管理、飲食店でのメニュー表示など本当に沢山の用途に利用されています。スマートフォンでQRコードを読み取ることが一般的で、スマートフォンの普及によりQRコードの利用頻度も爆発的に増えたと思います。

QR codes are used for so many purposes, such as cashless payment, safety control under Covid19, and menu display in restaurants. It is common to use smartphones to read QR codes, and the frequency of QR code usage has exploded with the spread of smartphones.

では、このQRコード、誰がどのような目的で開発したかご存じでしょうか?開発したのは、自動車部品メーカーの再大手の一つ「デンソー」です。何となく、GoogleとかAlibabaが開発したのかな?とか、ハンガリーの数学博士が開発したのかな?と思っていました。

So, do you know who developed this QR Code and for what purpose? It was developed by Denso, one of the major auto parts manufacturers. I thought it might have been developed by Google or Alibaba, or by a Hungarian mathematics doctor.

デンソーではQRコード開発までは、バーコードで商品管理をしていました。バーコードに搭載できる情報量が多く無いため、8から10のバーコードを一つの作業で読み取る必要があり、作業者から「読み取りに労力を要するからなんとかならんか?」という要望があり、デンソーの原昌宏さんという方が1994年に開発したそうです。

Until the development of the QR Code, DENSO had been using barcodes for product management. Because the amount of information that can be stored in a barcode is not large, eight to ten barcodes need to be read in a single operation, and workers asked, “Please develop the more efficient barcodes?” In response to this request, Mr. Masahiro Hara of Denso developed QR codes in 1994.

昼休みの囲碁にヒントを得た、とのことです。確かにQRコードを良く良く眺めると碁盤に白か黒の石が配置されているように見えますよね。工場で使うため、油汚れなどで必ずしも完璧ではない状況でもエラー無く読み取ることを考えて作られている、というから素晴らしいの一言です。心より開発関係者には敬意を表します。

The idea was inspired by the lunchtime game of Go, he said. Indeed, if you look closely at the QR code, it looks like black and white stones on a Go board, doesn’t it? The QR Code is designed for use in factories, so it can be read without errors even under conditions that are not always perfect, such as oil stains. I would like to express my heartfelt respect to those involved in the development of this product.

私が開発の過程で素晴らしいな、と思うことは、「作業者が改善に向けて提言していること」です。これって日本だとかなり当たり前のことに思うかもしれませんが、実はすごいことだと思います。通常、工場労働者でバーコードの読み取りをしている人は、言われたことを淡々とこなすことが求められ、時給もしくは日給で働いているため、改善に向けての提言などする必要もその能力もありません。下手すると正社員以外が行っている可能性すらあると思います。QRコードで一度に沢山の情報を読み取れば、作業効率が上がってしまい、人が減らされる可能性すらあるんです。だから、改善のヒントが現場から上がっていくことは少ないように思います。日本では、自動車業界だけでなく「改善」の姿勢が各現場に満ち溢れていて、我々が知ることの無い「改善」が本当に沢山あると思います。こうした現場からの提言が日本のものづくりの大きな強みだと私は思います。

What I think is wonderful about the development process is that the workers are making suggestions for improvement. This may seem like a pretty obvious thing to do in Japan, but I think it’s actually a great thing. Normally, factory workers who read barcodes are expected to do what they are told and work on an hourly wage or daily wage, so they do not have the need or ability to make suggestions for improvement. If a QR code is used to read a lot of information at once, the work efficiency will increase and the number of workers may even be reduced. So, I think that hints for improvement are rarely raised from the frontlines. In Japan, not only in the automobile industry, the attitude of “Kaizen” abounds in each field, and I think there are so many “Kaizen” that we never know about. I believe that such proposals from the frontline are one of the great strengths of Japanese manufacturing.

また、デンソーはこのQRコードの特許をオープンにし、普及を優先させました。まさかここまで広い用途に利用されるとは思っていなかったのでは無いかと思いますが、企業として素晴らしいことだと思います。今やデンソーは自動車部品メーカーの世界の雄ですから優秀な学生が採用できているとは思います。私がデンソーの広報ならもう少しこの事実を宣伝したいと思います。

In addition, Denso has opened up the patent for this QR code and made it a priority to spread it. I am sure they did not expect that it would be used in such a wide range of applications, but I think it is a wonderful thing for a company. Nowadays, Denso is one of the world’s leading auto parts manufacturers, so I’m sure they are able to recruit excellent students. If I were a Denso PR person, I would want to promote this fact a little more.

コロナ禍では「非接触」をキーワードにQRコードの活躍用途、頻度が急拡大しました。これからもさらなる用途でQRコードが使われるでしょう。もっと発展したQRコードが開発されるでしょう。利便性の高い世の中に日本発の開発が利用されることに誇りを感じます。

In the Covid19 pandemic, the use and frequency of QR Code has expanded rapidly with “contactless” as the keyword. In the future, QR Codes will be used in even more applications. A more advanced QR Code will be developed in the future. I am proud of the fact that developments originating in Japan will be used in a highly convenient world.

3Dプリンター/3D Printer

blue and red round plastic
Photo by Mo on Pexels.com

これからの世界がどんなものになっていくのか?正確に予測するのは本当に難しいです。

What will the world be like in the future? It’s really hard to predict accurately.

私が大学生だった約30年前を思い出してみたい。コンピューターなどというものは、よほどそういう分野に詳しい人しか使っていなかったです。大学の卒業論文を書くためにワープロを買ったことを覚えています。今、ワープロなんてものは世の中に無いですもんね。懐かしさすら覚えます。

I would like to reminisce about 30 years ago when I was a university student. Computers and the like were only used by people who were very knowledgeable in such fields. I remember buying a word processor to write my graduation thesis during university days. Now we cannot see word processor, it makes me nostalgic.

そんな30年も前から、ロボットがモノづくりの世界でかなり活躍するだろう、という話になっていたと思います。モノづくりの現場から人間はいなくなってしまうのでは無いか?などという議論もあったと思います。現在、色々なロボットが製造現場で活躍していますが、未だに多くの人がモノづくりの現場で働いています。人手不足という言葉が聞かれるということは、ロボットが行うことが出来ない、もしくはコストが合わない仕事がまだまだ沢山ある、ということでしょう。ロボットの活躍はまだまだこれからも進んでいくと思います。

I think we have been talking about the fact that robots will be quite active in the manufacturing world for such 30 years. There was even a discussion about whether or not humans would disappear from the manufacturing scene. Today, various robots are active in the manufacturing field, but there are still many people working in the manufacturing field. The fact that we hear the term “labor shortage” means that there are still many jobs that cannot be done by robots, or cannot be done at a reasonable cost  by robots. I believe that robots will continue to play an active role in the future.

30年前から現在の変化よりも、これからの30年はもっと早い速度で世の中は動いていくんだろうと思います。

I believe that the world will move at a much faster pace in the next 30 years than it has changed in the past 30 years.

3Dプリンターは、最近よく聞くようになりました。印刷というと平面(2D)という印象ですが、3Dは勿論立体です。薄い層をつぎつぎと積み重ねてゆく方法で立体物を作りだす、いわゆる、積層造形法が一般的と言われています。現在、金型を使った射出や、切削による造形が主流ですが、3Dプリンターは金型を要しないため、時間、コストを節約できると言われています。また、切削には当然に限界があり、中空を創り出したり出来ないため、軽量化や材料の節約にも便利だと言われています。

3D printing is something that we have heard a lot about recently. Printing gives us the impression of a flat surface (2D), but 3D is of course three-dimensional. It is said that the most common way to create a 3D object is by stacking thin layers one after another, the so-called laminating fabrication method. Currently, injection using molds and cutting are the mainstream methods, but 3D printers do not require molds, which is said to save time and money. It is also said to be convenient for weight reduction and material saving, as cutting has its limitations and cannot create hollow space.

実は、3Dプリンターの歴史は古いです。細かくは書きませんが、1980年台に開発が進み、特許取得。2010年くらいには各種特許が切れ、安価に機器を作製することが出来るようになっており、医療、航空、建築、など様々な分野で活用されているようです。

In fact, 3D printing has a long history. I won’t go into details, but it was first developed and patented in the 1980s, and by 2010, various patents had expired, making it possible to produce devices at low cost, and they are being used in various fields such as healthcare, aviation, and construction.

現在は欧米企業が3Dプリンターで先行しているようですが、日本も官民が力を合わせて研究開発を進めています。モノづくりにおける問題点を検証し、改善に向けて対応策を積み重ねていくことは日本人が得意な分野だと思っています。こうしたモノづくりを行っていた日本人は3Dプリンターの研究開発にも有利だと思います。今後の益々の研究開発の進展に大いに期待します。ロボットや3Dプリンターが製造業を担うようになったら、現在製造業で働いている人はどうなるのか?という議論は当然起こるのでしょうが、まずは、省力化・効率化といった機械化は進めるべきだと思っています。

Currently, European and American companies seem to be leading in the field of 3D printing, but in Japan, the public and private sectors are working together to promote research and development. I believe that examining problems in manufacturing and analysis of countermeasures for improvement is an area where Japanese people excel. I believe that Japanese people who have been involved in this kind of manufacturing will have an advantage in the research and development of 3D printers. When robots and 3D printers take over the manufacturing industry, there will naturally be a debate about what will happen to those who are currently working in the manufacturing industry, but I believe that mechanization should be promoted first to save labor and improve efficiency.

オフコース/Off Course

オフコースは数々の名曲を産み出していますね。本当に素敵です。ただ、どういう訳だか、私が中学生だったころには、オフコースは女子が聴くグループで、男子が聴いてはいけない、なんだかこっ恥ずかしい、という風潮がありました。

Off course is the legendary Japanese vocal group. Off Course has produced many great songs. They are truly wonderful. But for some reason, when I was in junior high school, there was a tendency to think that Off Course was a group that girls listened to, and that boys were not allowed to listen to it, and that it was kind of embarrassing.

今、改めてオフコースを聴くと、本当に素晴らしい曲ばかりで、中学生の頃は敢えて遠ざけていたことが不思議な気すらします。佐野元春も女子専用のイメージがあります。これは私が育った岐阜県の独自文化でしょうか?

Now, when I listen to Off Course again, I find that there are really great songs, and I even find it strange that I dared to stay away from them when I was in junior high school. Sano Motoharu also has an image of being exclusively for girls. Is this the unique culture of Gifu Prefecture, where I grew up?

今から40年くらい前、中学生の頃は、貸レコード屋でレコードを借り、カセットテープに録音し、嫌になるくらい聞いていました。本当に懐かしいです。クロームとかメタルとか高級なカセットテープにはお気に入りのアルバムを録音していたこと、今の若い方には全く理解できないことでしょうね。

About 40 years ago, when I was in junior high school, I used to rent records from a rental record shop, record them on cassette tapes, and listen to them uncountable times. I really miss it. The fact that I used to record my favorite albums on chrome, metal, and other high-end cassette tapes, I’m sure the young people of today can’t understand at all.

今では、Spotifyとかが勝手にそれっぽい音楽を流してくれます。僕に言わせれば、A面の最後とかB面の最初には勝負曲があって、、、、というアルバム文化がやはり主流です。ベストとかオムニバスとか邪道です。

Nowadays, Spotify plays music that sounds like it on its own. The mainstream album culture is with the important song at the end of the A-side or the beginning of the B-side. Best of albums and omnibuses are a bad idea.

何だか、オフコースの話から脱線してしまいました。女子専用のオフコース、男女兼用のデュラン・デュラン、青春です。

Somehow, I got sidetracked from talking about Off Course. Off-course for girls only, Duran Duran for both men and women, it’s youth, the best.

Youtubeはオフコースの言葉にできないです。傑作中の傑作。文句なし。

Attached Youtube is “Kotobani Dekinai” meaning is “unspeakable” by Off Course. A masterpiece among masterpieces.

噂/Gossips

「人の噂も75日」という諺があります。その時々で大騒ぎした噂や情報も2,3か月もすれば、すっかり忘れ去られるものです。世界各国にも同じような諺があるのでしょうか?気になります。

There is a proverb, “A rumor lasts 75 days only”. Rumors and information that make a big deal at the time are completely forgotten in a few months. Is there a similar proverb in other countries around the world? I’m curious.

これって事実なんでしょうか。眞子様のご結婚が2021年10月26日でした。2か月強経ちましたから、ちょうど75日くらいになりますね。ご結婚への反対の声、小室さんが試験に落ちた、ニューヨークの新居は?生活は?と、本当に大騒ぎでした。今はどうでしょうか?すっかり話題に上ることも無くなったのではないでしょうか?そうした意味では、この諺はかなり人間社会の真実を突いているように思います。

I wonder if this proverb is true. Ms. Mako’s wedding was on October 26, 2021, which is just over two months away, so that’s exactly about 75 days. The opposition to the marriage, Mr. Komuro failing the exam, the new house in New York? What about your life? It was really a big deal. What about now? Isn’t it no longer a topic of conversation at all? In that sense, I think this proverb is quite true to human society.

様々なニュースが世界各国から飛び込んでくる情報化社会なので、今や75日よりも短い期間で忘れ去られる、という意見もあるようです。そうかも知れません。

In this information society, where we are exposed to various news from all over the world, some people seem to think that we will be forgotten in less than 75 days. This may be true.

噂、というとあまり良くないことに思いますが、感動したイベントなど覚えておきたいことも実は忘れてしまうことにも気づきます。2021年の夏、あれほど夢中になったオリンピック・パラリンピックについて思い出してみましょう。

Rumors may not sound like a good thing, but I find that I forget things that I want to remember, such as events that moved me. The summer of 2021, I remember the Olympics and Paralympics that I was so excited about.

複数の競技を同時にテレビ放映していてどれを見るか迷いました。何度も観ているのにスポーツ番組のダイジェストでまた涙しました。パラリンピックのアスリートの信じられないパフォーマンスに勇気をもらいましたよね。本当に夢中になっていました、当時。

There were several competitions being televised at the same time, and I couldn’t decide which one to watch. I cried again at the digest of the sports program even though I have watched it many times. The incredible performances of the Paralympic athletes gave me courage, didn’t they? I was really crazy about it, back then.

さて、今はどうでしょう。私は結構忘れてしまっています。私がショックを受けたのは、オリンピック・パラリンピックのNHKテーマ曲がすぐに思い出せなかったこと。嵐の歌だったよな、というのは覚えているのですが、曲名とかメロディーが思い出せませんでした。Youtubeを観て、「あ、そうだ」と思い出した次第。これは、私の記憶力低下が問題かもしれません。

Well, what about now? I’ve forgotten quite a bit. What shocked me was that I couldn’t remember the NHK theme song for the Olympics and Paralympics right away. This may be a problem of my poor memory.

人間は、次から次から流れ込んでくる情報にいちいち反応し、あーだこうだとあれこれ思い、発言します。そして、ほどなく忘却していきます。覚えておかなきゃいけないことでも多分そのうち忘れてしまいます。自然災害が起こると、人間は急に防災バッグの中身をチェックします。しかしこれは間違いです。定期的に確認しなくちゃいけないんです。こういうことを定期的に出来る人は立派な人だと思います。

People react to information that comes in one after another, and think and say this and that. And soon we forget. Even the things we need to remember will probably be forgotten sooner or later. When a natural disaster strikes, people suddenly check their emergency bags. But this is a mistake. We have to check it regularly. People who can do this on a regular basis are great people.

このブログを書くきっかけは、体操のレジェンド、内村航平さんの引退会見を見たからです。内村さんの残した功績は計り知れないものがあり、多分、彼を超える体操選手は今後現れないと思います。本当にお疲れさまでした。これまでの偉業に心より敬意を表したいと思います。

The reason for writing this blog is because I saw the retirement press conference of Kohei Uchimura, a gymnastics legend. His accomplishments are immeasurable, and I don’t think there will ever be a gymnast who can surpass him. Thank you very much for your hard work. I would like to express my heartfelt respect for the great work he has done so far.

私が不覚にも思い出せなかった嵐のカイトのYoutubeを添付しておきます。この曲を聴いてオリンピック・パラリンピックを思い出してください。

I am attaching a Youtube, Kite of Arashi. This is theme song of Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020 in Japan.

製薬会社/pharmaceutical company

white pink and yellow blister packs
Photo by freestocks.org on Pexels.com

本日は製薬会社について記載します。薬は言うまでも無く、人々の生活にも密接に結びついています。薬の開発により、人々の生活は向上したと言えるでしょう。薬の収益性は高く、製薬会社は安定した業種という印象がありました。ただ、現在はそうでも無さそうだ、ということを記載していきたいと思います。

Today I would like to write about pharmaceutical companies. Needless to say, medicines are closely related to people’s lives. It can be said that the development of drugs has improved people’s lives. The profitability of drugs is high, and pharmaceutical companies used to give the impression of being a stable industry. However, I would like to state that this does not seem to be the case at present.

製薬会社の大変さは色々あると思いますが、以下の2つが重要だと思います。

I think there are many difficulties in pharmaceutical companies, but I think the following two are important.

・新薬を創り出すのには莫大な研究開発費用と時間がかかる。

It takes a lot of time and money for research and development to create a new drug.

・新薬は一定期間独占販売でき、高い収益を得られるが、特許が切れるとジェネリック薬に切り替わっていくため、いつまでも高い収益を得ることは出来ない。

New drugs can be sold exclusively for a certain period of time and can generate high profits, but when the patent expires, they are replaced by generic drugs.

日本を代表する武田薬品は1781年に設立された国内トップの製薬会社です。「アリナミン」「ベンザブロック」「ハイシー」など有名でした。現在、こうした大衆薬は武田薬品から売却されており、アリナミン製薬という会社が売っています。どうしてこうした市民に親しまれた商品を売却することになったか、、、というと、生き残りをかけた買収をしたからです。

Takeda Pharmaceutical Company Limited, one of Japan’s leading pharmaceutical companies, was established in 1781. It was famous for its products such as “Alinamin”, “Benzabloc” and “Hychee”. Today, these over-the-counter drugs have been sold by Takeda to a company called Alinamin Pharmaceuticals. The reason why Takeda decided to sell off such a familiar products to the public is because they made a takeover to survive.

知っている人は知っている話ですが、2016年以降、武田薬品の社長は、クリストフ・ウェバーというフランス人です。彼が行った最大の事業はアイルランドのシャイアーという会社の買収でした。6.8兆円という日本最大の買収金額ですから当時はニュースにもなりました。当然、借金も大幅に増えました。そこで、本社など不動産や大衆薬なども売却し、負債の圧縮をしています。

For those of you who know the story, the president of Takeda since 2016 is a Frenchman named Christophe Weber. His biggest venture was the acquisition of an Irish company called Shire, which made news at the time because it was the largest acquisition in Japan at 6.8 trillion yen. Naturally, the company’s debt increased significantly. Therefore, the company sold off its headquarters and other real estate, as well as over-the-counter drugs, to reduce its debt.

現在主力の薬品の特許切れを埋め合わせるために、新薬開発を急がなくてはならない、そのための買収と理解しています。武田薬品は毎年約5000億円の研究開発を行っていますが、トップ10の同業他社からすると特に多い訳ではありません。また、上記の通り、過去の優秀な医薬開発者が時間もお金もかけて開発を続けて居るので、簡単に新薬開発が進むものではありません。

I understand that this acquisition was made in order to hasten the development of new drugs to make up for the patent expirations of their current mainstay drugs. Takeda does about 500 billion yen in R&D every year, which is not particularly large compared to its top 10 peers. In addition, as mentioned above, it is not an easy task to develop new drugs because the best drug developers of the past have spent a lot of time and money on development.

医薬品の開発によって救える命を救う、人々の苦痛を減らす、など肯定的な話でしか無いのですが、世界中で毎年何10兆円もの研究開発をしながらそれを行っているというのもスゴイ話でなかなか整理がつきません。下表にて世界の製薬企業トップ10を作成してみました。当然研究開発費はコストですから、新薬開発に成功しないと製薬会社は生き残ることすらできない、、となります。随分、大変な業界であることを理解できると思います。今後会社数が減少するのかな、と思っています。

The development of pharmaceuticals can only be a positive thing, saving lives and reducing people’s suffering, but the fact that they are doing it while spending trillions of yen in research and development every year around the world is also an amazing story that is hard to understand fully. The table below shows the top 10 pharmaceutical companies in the world. Of course, R&D is a cost, so if a pharmaceutical company does not succeed in developing new drugs, it cannot even survive. I think you can understand that it is a very difficult industry. I wonder if the number of companies will decrease in the future.

RankCompanyCountrySales
(USD Bil)
R&D Exp
(USD Bil)
1RocheSwiss62.413.9
2NovartisSwiss48.68.9
3MerckUS47.913.5
4AbbvieUS45.86.5
5Johnson & JohnsonUS45.59.5
6GlaxoSmithKlineUK44.06.5
7Bristol Myers SquibbUS44.011.1
8PfizerUS41.99.4
9SanofiFrance41.06.3
10TakedaJapan28.74.1

数値は2020年の数値。決算期の違うTakedaは2021年3月期の数値。通貨はUSD換算。Johnson & Johnsonは医療用医薬品のみの数値。表は全て下記リンクから作成しています。筆者のミスや理解不足があればすみません。

Figures are for 2020. Figures for Takeda, which has a different fiscal year, are for the fiscal year ending March 31, 2021. Figures for Johnson & Johnson are for prescription drugs only. All tables are created from the following links. I apologize if there are any mistakes or lack of understanding by the author.

https://answers.ten-navi.com/pharmanews/21056/

No Music, No Life

music sheet showing musical notes
Photo by Pixabay on Pexels.com

いつどのように音楽が始まったのか、については諸説あるようです。「言語起源説」「労働起源説」などなど。人間の歴史と音楽の歴史はほぼほぼ重なりあっていて、人間の生活は歌だったりリズムだったり、様々な形で音楽が深く人間の生活に関わっていたと思います。

There seem to be many theories about when and how music began, such as “language origin” and “labor origin”. I believe that the history of human beings and the history of music almost overlap, and that music has been deeply involved in human life in various ways, such as through songs and rhythms.

僕は楽器は何も演奏出来ないし、歌も上手では無いけども、「No Music, No Life」と言い切れるほど、音楽を聴くことが好きです。「なんか調子が出ないな」というときも音楽を聴くことで元気が出たりします。音楽を聴くことでその当時のことを思い出したりもします。

I can’t play any instruments, and I’m not a good singer, but I love listening to music so much that I can say “No Music, No Life”. Even when I feel like I’m not feeling well, listening to music can cheer me up. Listening to music also reminds me of what I was doing at that time.

世界中に一体、何曲の音楽が存在するんだろう?とふと考えてみました。想像もつかないような夥しい数の曲が存在する思います。楽譜が残っていたり、音源が残っていて、今、我々が聴くことの出来る曲、、というだけでも1億曲はあるんじゃないでしょうか。世界中ですからね。日本だけでも物凄いと思います。そもそも歌手・グループが1万はあるでしょうから。

I am not sure how many songs there are in the world. I think there are tremendously many songs that we cannot even imagine. I think there must be more than 100 million songs that we can listen to right now, even if there are only music scores and sound sources left. That’s all over the world. I think that’s a lot for Japan alone. To begin with, there are probably 10,000 singers and groups in Japan.

音楽には流行りすたりとかあるでしょうが、人間が聴いて「良い音楽だな」という曲には、一定の法則があると思います。そう考えると、よく、新しい曲が次々と産み出されるなあと思います。自分には勿論作曲のセンスはありませんが、もし、自分が作曲する場合には、多分、Bee Geesとか、Simon & Garfunkelとか、ABBAとか、自分の好きなアーティストの曲にどんどん近づいてしまうように思います。作曲に携わる方の頭の中には私の数十倍、数百倍のメロディーが詰まっているでしょうから、そうした過去の名曲と一致しない名曲を創り出すことは簡単じゃないように思います。

Although there are trends and fads in music, I think there are certain rules to what people listen to and think is good music. When I think about it, I wonder how many new songs are produced one after another. Of course, I don’t have any sense of composition, but if I were to compose a song, I think I would probably end up getting closer and closer to the songs of my favorite artists, like the Bee Gees, Simon & Garfunkel, or ABBA. There are probably dozens or hundreds of times more melodies in the heads of those involved in composing than in mine, so it is not easy to create a masterpiece that does not match those past masterpieces.

なんでこんなことを急にブログに書いたか?昨年末の紅白歌合戦をテレビで観ていて、全く知らないアーティストが一度聴いただけで名曲と分かるような素晴らしい曲を演奏していたからです。僕にはそうした才能が無いだけに音楽の才能のある方が羨ましいです。

Why did I suddenly write about this on my blog? It’s because I was watching the Kohaku Uta Gassen on TV at the end of last year, and I saw an artist I didn’t know at all perform a great song that I knew was a masterpiece just by hearing it once. I don’t have that kind of talent, so I envy those who have musical talent.

好きな曲を10曲、、、と言われてもなかなか選べません。皆さんは選べますか?好きなアーティスト10名(10組)と言われても難しいです。大好きな音楽に囲まれて生活できていることに感謝。才能溢れるアーティストに敬意です。ベスト10候補として「MISIA」さんの「逢いたくていま」のYoutubeを貼っておきます。素晴らしい。

It’s hard for me to choose my 10 favorite songs. Is it possible for you to choose? Even if I were asked to choose my 10 favorite artists (10 groups), it would be also difficult. I am thankful that I am able to live surrounded by the music I love. I have a lot of respect for talented artists. As a candidate for the top 10 songs, I’ll post the Youtube video of “Aitakute Ima/Want to meet you now” by MISIA. It is wonderful.

千と千尋の神隠し/Spirited away

wooden doll
Photo by Hoang-Loc Dang on Pexels.com

本当に久しぶりに「千と千尋の神隠し」を観ました。少なくとも最初に観た時から15年は経っているように思います。最初観た時は冒険映画のように思っていましたが、今になってみると、全然違いますね。「愛すること」「信じること」の素晴らしさが全編のテーマになっていると思います。

It’s been a really long time since I watched “Spirited Away”. It seems like at least 15 years have passed since I first saw it. When I first saw it, I thought it was an adventure movie, but now I see that it is totally different. I think the theme of the whole movie is the beauty of “loving” and “believing”.

いまになって見直すと涙が出ますね。こういう作品を宮崎駿さんはじめとするチームが作ってくれたことに感謝の気持ちしかありません。

I can’t help but cry when I rewatch it now. I can’t help but feel grateful to Hayao Miyazaki and his team for creating such a work.

主題歌の「いつでも何度でも」も、この映画には欠かせない歌ですね。「千と千尋の神隠し」では、映画が終わった後に誰も席を立たない、というのもうなづけます。こうした10年、20年、30年経っても色褪せない名曲は紅白で毎年聴きたいです。僕だけでは無いでしょう、こう思っているのは。

The theme song, “Always and Many Times,” is also an essential song for this movie. I can understand why no one leaves their seats after the movie “Spirited Away” is over. I’d like to hear these great songs every year on Kohaku, even if it’s been 10, 20, 30 years. I’m sure I’m not the only one who feels this way.

日本の経済はかなりシンドイ状況になってきているのを感じますが、芸術の世界で世界に誇れる作品がどんどんと産み出されていることは、バブルの頃含め日本の経済が元気だったからこそだと思います。こういう作品を観ていると「日本はまだまだこれからだ」という気持ちになれます。

I feel that Japan’s economy is in a very difficult situation, but the fact that the art world is producing more and more works that we can be proud of in the world is thanks to the fact that Japan’s economy, including the bubble economy, was in good health. When I see such works, I can feel that Japan has a long positive future ahead of it.

You may say I’m a dreamer

picturesque view of houseboats surrounded by water and greenery
Photo by Tomáš Malík on Pexels.com

上の表が何を表しているか分かる方は相当な通です。これは、SIPRI(Stockholm International Peace Research Institute)が発表した2020年、世界各国の軍事費Top10です。記事によると、2020年に世界で軍事費に費やされた額は1兆9810億ドル(約213兆円)だそうです。アメリカを筆頭にこの上位10か国で約4分の3を費やしているようです。

If you know what the above table represents, you are a pretty knowledgeable person. This is a list of the top 10 military expenditures by countries around the world in 2020, published by SIPRI (Stockholm International Peace Research Institute). According to the article, the amount of money spent on military spending worldwide in 2020 will be $1.981 trillion. The top 10 countries, led by the U.S., will spend about three quarters of that amount.

国家の最も大切な役割の一つは、国民への安全な生活の提供ですから、そのための軍事費がそれなりにかかってしまうことは仕方の無いことだと思います。戦争は絶対に避けたいですが、軍備が無ければ戦争回避のための交渉も出来ないと思っています。日本が米国など同盟国に依存しすぎることは危険だと思います。やはり自国は自分で守るべく、それだけの態勢を整える必要があると思っています。

One of the most important roles of a nation is to provide a safe life for its citizens, so I think it is inevitable that military spending for this purpose will be reasonable. I want to avoid war by all means, but I believe that without a military, a nation cannot negotiate to avoid war. I think it is dangerous for Japan to be too dependent on the U.S. and other allies. I believe that Japan needs to be prepared to defend itself.

一方、現在世界的な課題となっているSDGsに目を向けると、気候変動への対応や飢餓の撲滅など課題が山積しています。特に地球温暖化を食い止める取り組みは喫緊の課題だと思います。化石燃料を燃やすことなく再生エネルギーへの転換など官民一体になって取り組んでいますが、緑を増やす取り組みにもさらに注力すべきだと思います。マングローブの植林が最適なのか砂漠の緑化が最適なのかもっと他のやり方があるのか分かりませんが、二酸化炭素を有意に吸収するだけの規模となると恐ろしくお金も労力もかかると思います。

On the other hand, if we look at the SDGs, which are now becoming a global issue, we see that there are many issues to be addressed, such as addressing climate change and eradicating hunger. In particular, I believe that efforts to halt global warming are an urgent issue. The public and private sectors are working together to shift to renewable energy sources instead of burning fossil fuels, but I think we should also focus more on increasing greenery. I don’t know if planting mangrove trees, greening deserts, or some other method is best, but I think it would take a lot of money and effort to absorb enough carbon dioxide to be significant.

冒頭の題名はJohn Lennon、Imagineの歌詞の一部ですが、世界中の軍隊が訓練の一環のような形で、砂漠の緑化やマングローブの植林などに手を貸せば、地球温暖化の速度を緩めることが可能なのでは無いかと思います。

The title of this blog is part of the lyrics of John Lennon’s Imagine. I believe that if the armed forces of the world could help green deserts and plant mangroves as part of their training, it would be possible to slow down the rate of global warming.

軍事費の大きさを目にすると、「このお金と軍隊の力をもっと他に使えたら世界がもっと良くなるのに」と、夢のようなことを考えてしまうのでした。

When I saw the magnitude of the military spending, I couldn’t help but dream that the world would be a better place if we could use this money and the power of the military for something better.

World Health Rankings

woman meditating in lotus pose
Photo by Elina Fairytale on Pexels.com

HEALTH PROFILE JAPAN (worldlifeexpectancy.com)

タイトルのWorld Health Rankingsは興味深い統計データを扱っています。上のリンクから、「Covid19によりお亡くなりになった方」と、「その他死因の歴史的平均値」とを比較できます。リンクは日本を選んでいますが、世界各国のデータを取ることができます。

The title World Health Rankings deals with some interesting statistics. From the link above, you can compare “deaths due to Covid19” with “historical averages for other causes of death”. The link selects Japan, but you can get data for countries around the world.

日本についてみると、現時点、Covid19でお亡くなりになった方は、そこまで多く無いように思います。寧ろ、自殺の方がCovid19での死者の倍以上多いことにショックを受けます。日本のニュースでは、未だにCovid19を最優先で扱っているように感じますが、私に言わせると、自殺対策をもっともっと行った方が良いと思います。

As for Japan, the number of people who have died from Covid 19 does not seem to be that high at this point. In fact, I am shocked to see that suicides are more than twice as common as Covid 19 deaths. I feel that the news in Japan still gives top priority to Covid19, but in my opinion, we should do more to prevent suicide.

Covid19は重要じゃないと言っているつもりは無いのですが、対策も報道もバランスを欠いているように思います。

I don’t mean to imply that Covid19 is not important, but I think there is a lack of balance in both measures and reporting/news.

日本において肺炎でお亡くなりになる方の多くは誤嚥性肺炎でお亡くなりになっています。どうやったら予防できるのか、等をもっと幅広く国民に知らせるべきだと思います。

In Japan, most people who die from pneumonia die from aspiration pneumonia. I think that the public should be more widely informed about how to prevent this disease.

世界各国と比較する意味があるのか無いのか分からないですが、コロナでお亡くなりになった方が世界対比で少ないことは、日本国民が全体的には極めて真面目に政府の依頼に対応しているから、医療の最前線の方が心血を注いで対応しているからこそだと思います。データに基づく客観的な報道があって然るべきだと思います。報道では、無駄になったマスクの話だとか、例外的に自粛ルールを守っていない人の話だとか、ネガティブな話ばかりが報道されていて残念に思います。(日本に住んでおらず、情報源がテレビやネットニュース等だけなので筆者が状況を勘違いしている可能性は否定しませんが)

I don’t know if there is any point in comparing with other countries in the world or not, but I think the fact that the number of people dying from Covid 19 is low in comparison with the rest of the world is due to the fact that the Japanese people on the whole are responding to the government’s requests extremely seriously, and the people on the front line of medical care are really working hard. I think that there should be objective reporting based on data. It’s a shame that the news reports only talk about the wasted masks ordered by government and the people who are not following the rules of self-restraint, which are exceptionally negative. (I don’t deny that I may have misunderstood the situation since I don’t live in Japan and my only sources of information are TV and internet news.)

同じシミュレーションを行うと、フィリピンではCovid19は5番目に多い死因になります。フィリピンに関して言えば、冠状動脈性心臓病と脳卒中で圧倒的に多くの方が亡くなっています。私は医学のプロではありませんが、どちらも血管に関する病気だと理解しています。食生活や生活習慣で改善できると思います。Covid19も確かに怖い病気かも知れませんが、家に籠ってしまうことで、生活習慣が悪化し、上記死因による死者が増加することを懸念します。

The same simulation shows that Covid19 is the fifth most common cause of death in the Philippines. As far as the Philippines is concerned, coronary heart disease and stroke are by far the most common causes of death. I am not a medical professional, but I understand that both of these diseases are related to blood vessels. Covid19 may indeed be a scary disease, but I am concerned that by staying at home, Filipino’s lifestyle will deteriorate and the number of deaths from the above causes will increase.

死因の国際比較に意味があるのか、Covid19とその他死因を比較することの有効性は良く分かっていませんが、Covid19を最優先に報道し、対策している日本とフィリピンには私は疑問を感じています。日本の厚生労働省やフィリピンのDepartment of Healthは国民の健康を総合的に考え、サポートすることが求められているのでしょうから、そのための最善のアドバイス、サポートをすることが求められていると思います。

I am not sure if there is a meaningful international comparison of causes of death, or the validity of comparing Covid19 with other causes of death, but I have my doubts about Japan and the Philippines, where Covid19 is given top priority in reporting and measures. The Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) in Japan and the Department of Health in the Philippines are supposed to consider and support the overall health of the people, and I believe that they are expected to provide the best advice and support for this purpose.

今年こそ普通の生活が出来ることを全ての人が望んでいると思います。少なくとも日本においては、このままCovid19対策を最優先に続けるのが本当に国民全体のためになるのかを検討する時期に来ているように私は思います。

I think all of us are hoping that this year we will be able to live a normal life. In Japan, at least, I think it is time to consider whether it is really in the best interest of the entire nation to continue to give top priority to Covid19.

家具/Furniture

apartment interior with sofa near table and cabinets with tv
Photo by Max Vakhtbovych on Pexels.com

家具は、「まあ、使える」というもから「なんかすごくカッコいい」というものまで色々ある。値段も、「その程度で良いんですか?」から「どうしてそこまで高いんですか?」というものまで色々。上品はものは家具というより、芸術作品といった感じだと思う。

Furniture can range from “okay, it’s usable” to “it’s really cool”. The prices range from “Is that enough, why is it so reasonable? to “Why is it so expensive?” I think the elegant ones are more like works of art than furniture.

家具に贅沢にお金をかける人と、そうでもない人が居ると思う。僕はどちらかというとセコイ人間なので、家具にそこまでのお金をかけてこなかった。子供の頃は家具なんて当然自分で買うことは無かったし、大学生になって実家を出てから52歳に至るまで持ち家に住んだことが無く、寮やアパート、コンドミニアムといった借家に住んでいるから、お気に入りの家具を買い揃えることも無かった。

There are those who spend lavishly on furniture and those who do not. I’m a bit of a stingy person, so I’ve never spent that much money on furniture. Needless to say, I never bought my own furniture when I was a kid, and since I left my parents’ house as a college student until I turned 52, I have never lived in my own house, living in rented houses such as dormitories, apartments, and condos, so I have never bought my favorite furniture.

今住んでいるコンドミニアムは家具が備え付けなので、流石にそれをどこかにしまい込んでまで(棄ててはいけないため)、新しい家具を買うことはあまりない。今座っている椅子は、在宅勤務が多くビジネス仕様の椅子にしたかったから自分で買いました。もともとの椅子はメイド部屋の奥にしまってあります。下駄箱は靴が収納しきれないため、買い足して両方使っています。

The condo I’m living in is furnished, so I seldom buy new furniture until I put it away somewhere in a corner of the quicksand (because I can’t abandon it). I bought the chair I’m sitting on now by myself because I work from home a lot and wanted a business-grade chair. The original chair is tucked away in the back of the maid’s room. I bought another clog and use both of new and original, because I can’t store enough shoes in original one.

今、コーヒーテーブルの良いのを買いたいなあ、と考えていて思わず家具についてブログに記載しています。コーヒーテーブルを買うとソファーも欲しくなっちゃうんだろうな。正直、今住んでいるコンドミニアムの備え付けの家具はどれもセコイものばかりなので、部屋を移るというのも選択肢です。お気に入りの家具に囲まれた生活、何か憧れる。

I’m thinking about buying a good coffee table right now, and I can’t help but write about furniture in my blog. If I buy a coffee table, I’m sure I’ll want a wonderful sofa too. To be honest, the furniture in the condo I’m currently living in is all very uncool, so moving to a new unit is also an option. Living surrounded by my favorite furniture is what I long for.

世界経済のネタ帳/World Economy Notebook

世界経済のネタ帳 – 世界の経済・統計 情報サイト (ecodb.net)

統計データは我々に非常に多くのことを教えてくれます。何となくそうかな、と思っていることもデータで確認することで客観的な知識になります。当然、統計を読み解き、正しく理解するには、その定義や計算方法などを正しく理解しなくてはなりません。

Statistical data can tell us a great deal. What we may think is somehow true can become objective knowledge by confirming it with data. Of course, in order to read and understand statistics correctly, we need to understand their definitions and calculation methods correctly.

私が非常に優れたサイトだな、と思っているのは、冒頭の「世界経済のネタ帳」です。河内さんという個人が運営しているようですが、よくここまでデータを網羅しているな、アップデートしているな、と感心します。私もこうしたサイトを調べ尽くしてはいませんが、私は最も優れたサイトだと思って「お気に入り」に入れています。

「一人当たりの名目GDP(USドル)」を調べてみます。Top10の国、日本とフィリピンを10年毎に記載しています。

I’m going to look at nominal GDP per capita (US dollars) for the top 10 countries, Japan and the Philippines, listed by decade.

データから色々なことが分かります。The data can tell us a lot.

2000年から2010年にかけて大きく上昇した。上位には、ヨーロッパの比較的人口の少ない国が常連である傾向。産油国は相対的に順位を落としている。日本に関しては2000年まで順調に数値を伸ばしたがその後は伸び悩んでおり、順位も落としている。フィリピンは着実に金額を伸ばしているが順位は低位に甘んじている。など。

There was a large increase between 2000 and 2010. At the top of the list tends to be the relatively small population of European countries. Oil-producing countries are relatively getting lower in the rankings. As for Japan, it grew steadily until 2000, but after that its growth was sluggish and its ranking dropped. The Philippines has been steadily increasing its amount of GDP, but its ranking has remained low. And so on.

USDでの表示なので為替レートにも大きく左右されますが、傾向を見るには良いと思います。ヨーロッパの大国、イギリス、フランス、ドイツが一度もランクインしないことはやや意外です。ちなみに、2020年のランクでは、イギリス22位、フランス23位、ドイツ17位で、イギリス、フランスは日本と同レベルです。

It is indicated in USD, so it depends a lot on the exchange rate, but I think it is good to see the trend. It is somewhat surprising that the major European countries, the UK, France, and Germany, are not ranked at all. In the 2020 rankings, the UK is 22nd, France 23rd, and Germany 17th, with the UK and France at the same level as Japan.

発展目覚ましい中国ですが、一人当たりのGDP(2020年)は62位、USD10,511とまだまだに見えます。まだまだ経済発展の余地があるように思います。ちなみに1980年は、127位、USD306だった訳ですから、その急成長ぶりは恐ろしいですね。

Although China has been developing remarkably, its GDP per capita (2020) is 62nd, at USD10,511, and it still looks like it has a long way to go. It seems that there is still a lot of room for economic development. In 1980, China was ranked 127th, with a GDP per capita of USD306, so its rapid growth is frightening.

データを見ていると色々なことが分かります。調べものにも役立つサイトなのでお薦めです。もっといいサイトがあるよ、ということであれば是非ご推奨を。

世界経済のネタ帳は特段制限なく利用できると思いますが、一応注意書きなどお読みください。上記の表は筆者が手入力しております。転記ミスなどあるかも知れません。

I think you can use the World Economic Notebook without any particular restrictions, but please read the notes and other information. The above table was manually input by the author. There may be some transcription errors.

パスワード/Password

close up shot of keyboard buttons
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

自分が今、いくつパスワードを管理しているのか、正直全く把握していません。銀行口座や証券口座のように、パスワードが人に知れると、金銭的に大いに損失を負ってしまうような非常に大切なものから、利用明細を閲覧するためのもの、業務利用のPCへのログインなど100程度には上るように思います。

To be honest, I have no idea how many passwords I am currently managing. I think I have about 100 passwords, ranging from very important passwords for bank accounts and securities accounts, where I could lose a lot of money if anyone finds out about my passwords, to passwords for viewing my bank statements, and passwords for logging in to my PC for business use.

日本はATMのカードでも4桁のパスワードが主流だと思いますが、当地フィリピンではATMのパスワードは6桁なので、日本で使っていたような法則というかルールが使えないです。また、90日程度で変更を求められるのでどこかに書き留めておかないと忘れてしまい、不便な思いをすることが多いです。

In Japan, 4-digit passwords are the norm for ATM cards, but here in the Philippines, ATM passwords are 6-digit passwords, so you can’t use the same rules that you used to use in Japan. In the Philippines, however, ATM passwords are six digits, so you can’t use the rules and regulations that you used to use in Japan. Also, you may be asked to change your password in about 90 days, so if you don’t write it down somewhere, you may forget it, which is often inconvenient.

「安全性の確保」と「忘れてしまうリスク」は表裏一体だと思います。覚えやすく、変更の必要のないパスワードは忘れてしまうリスクは小さいですが、安全性の観点では少し不安を感じます。大文字・小文字および特殊文字(#など)と数字を組み合わせ8桁以上のパスワードを90日程度で変更していく(さらに前々回と同じだと受け付けられない)といったパスワードは安全性は高いように思いますが、どこかに書き留めておくなどしないと、忘れてしまい、肝心な時にパスワードリセットに時間を取られるリスクが高まります。書き留めておくという行為はまさに、その手帳などを紛失してしまうとリスクが一気に高まります。

I believe that “security” and “risk of forgetting” are two sides of the same coin. Passwords that are easy to remember and do not need to be changed have a small risk of being forgotten, but from a security point of view, they are a bit insecure. Passwords that are a combination of uppercase and lowercase letters, special characters (such as #) and numbers, and 8 or more digits, and that are changed every 90 days or so (and if the password is the same as the previous one, it will not be accepted), seem to be highly secure. However, if you don’t write it down somewhere, you may forget it, increasing the risk of having to reset the password at a critical moment. The act of writing it down is exactly what you risk if you lose your notebook.

個人的な印象でしかなく、客観的なデータなどありませんが、日本人は暗証番号の管理が雑で、安全性の確保よりも忘れてしまうことの不便をより気にしている人が多いように思います。私からするとあり得ないのですが、ATMカードに暗証番号を記載しているような人がゼロでは無いと思います。

I don’t have any objective data, just personal impressions, but it seems to me that Japanese people are more concerned about the inconvenience of forgetting their PINs than ensuring their safety. For me, this is impossible, but I think there are more than a few people who put their PINs on their ATM cards.

Googleなどでは暗証番号を自動入力する仕組みがあり、かなりの頻度でその仕組みを利用していますが、システムは本当に不具合を起こすリスクは無いのか?、Googleの情報管理は万全なのか?、と考えると非常に不安な気持ちになります。

Google, for example, has a system that allows you to enter your PIN automatically, and we use that system quite often, but is there really no risk that the system will fail? Is there really no risk of the system failing, and is Google’s information management system up to snuff? I feel very uneasy when I think about it.

理想的には、自分にしか知り得ないアルファベットや数字の組み合わせをきちんと記憶する、ということになりましょうが、ここまで数多くの暗証番号を管理していると全く自信ありませんね。IDなんていうのも厄介この上ないです。一部始まっていますが、生体認証がパスワードの代替になると良いと思います。

Ideally, we should memorize a combination of letters and numbers that only you know, but I’m not so sure about that when I have so many PINs to manage. And I am not confident about managing a lot of IDs. I hope that biometrics will replace passwords, as some have started to do.

なんでこんなことを急にブログに書いているかというと、私が名刺管理などで重用しているEvernoteにクウェイトにてログインされたというメールを受け取り、慌ててパスワード変更をしたからです。Evernoteは私の脳みそというかそれ以上の情報を記憶しておりますので、かなり重要なアプリケーションです。どうやってログインに成功したのか調査したいくらいです。そんなに簡単なパスワードは設定してませんけどね。

The reason why I’m writing about this on my blog is because I received an email saying that someone had logged in to Evernote, which I use a lot for business card management, etc., in Kuwait, and I hurriedly changed my password. Evernote stores as much or more information than my brain, so it is a very important application. I would like to find out how the guy managed to log in. I didn’t set a very simple password, though.

食品の持ち帰り/Food takeaway

フィリピンでとても素晴らしいなと思うことに、レストランにおける持ち帰り文化があります。最近、自炊に完全に疲れてしまってきている私は、中華料理などに一人で行き、チャーハンやマーボー豆腐など食べ切れない量を注文、残った料理は持ち帰り、一食分に分けて冷凍保存、自炊をする気力や時間の無い時にレンジでチンします。特に時間の無いゴルフの朝とかには多いに重宝します。

One thing that I think is really great about the Philippines is the take-out culture in restaurants. Lately, I’ve been completely tired of cooking for myself, so I go to Chinese restaurants by myself and order too much fried rice, mapo tofu, etc. for taking the leftovers home, freeze them in portions for one meal, and microwave them when I don’t have the energy or time to cook for myself. This is especially useful on golf mornings.

日本では、そうした持ち帰りをした記憶が無いのですが、食品ロスを少しでも少なくできるよう広まれば良いと思います。

日本における「持ち帰り」については、消費者庁がレポートをまとめています。興味があったら読んでみてください。

レストランでの食べ残しは日本では確かに定着していないのですが、「食品衛生法においては、客側・飲食店側ともに、外食時の食べ残しを持ち帰ることについて禁止する規定はない」とのことです。じゃあ、問題無いか?というとそうではなく、「客側の責任で持ち帰った場合であっても、客が体調を崩した際に、飲食店側に一切責任が発生しないとまでは言い切れず、(人の健康を損なうおそれがある食品の販売等を禁じる)食品衛生法第6条の問題が生じうる」とのことです。

Leftover food in restaurants is certainly not an established practice in Japan, but “there is no provision in the Food Sanitation Law that prohibits both customers and restaurants from taking home leftover food when eating out”. However, the issue is not so easy. “Even if the customer is responsible for taking the food home, it cannot be said that the restaurant will not be held responsible if the customer falls ill, and a problem may arise under Article 6 of the Food Sanitation Law (which prohibits the sale of food that may damage human health)”.

良く分かりませんね。こういう文章を見てしまえば、店側は食べ残しを持ち帰ることを許さないでしょう。

I’m not sure. If you see a sentence like this, the restaurant will not allow you to take home leftovers.

ただ、多く注文しすぎた等、食べ残しが生じたらそのまま棄ててしまうのでは無く、消費者の責任において持ち帰ることは何ら問題が無いし、食品ロスを少なくすることは、現在のような環境に優しい社会の流れのなかではむしろ推奨する話だと思います。化石燃料を燃やして地球が温暖化してしまうかもしれない、と躍起になって環境問題に取り組んでいますが、一方で食糧を捨て放題、こんなバカげたことってあるでしょうか。この点について世界中で大きな動きになっていないことにも疑問を感じます。

However, if you order too much food or have leftovers, there is nothing wrong with taking it back home at your own risk instead of just throwing it away. There is a lot of talk about burning fossil fuels and the possibility of global warming, but on the other hand, people are throwing away all the food they can, which is ridiculous. I wonder why there has not been a major movement in the world on this point.

「いかなる問題が生じてもレストランは免責である」とできれば解決する話だと思います。フィリピンではずっと昔から持ち帰り文化が定着していると思いますが、特に大きな問題が生じたと聞いた記憶がありません。

I think the problem can be solved by saying that “the restaurant is exempt from any problems that may arise from the take-out”. I think the take-out culture has been established in the Philippines for a long time, but I don’t recall hearing of any major problems.

日本は優れた部分が沢山ある国だと思いますが、こういう常識的にみて「そうすれば良いじゃない」ということをあれやこれやと言って実現出来ないことは、何とも無様であり、悲しくなります。

I think Japan is a country with a lot of good things going for it, but the fact that it can’t do what common sense tells us it should do because of considering this and that makes me sad and unhappy.

お笑い/Comedy business

man person red white
Photo by Gratisography on Pexels.com

何度も書いていますが、DeepLなど翻訳の精度はどんどん上がっていて、今後もどんどん精度を高めて行くだろう。文字の読み書き翻訳だけでなく、そのうち、音声についてもポケトークといった同時通訳機械の精度も高まると思う。そうしたら海外旅行に行っても、言葉の壁なく本当に知りたいことや伝えたいことを現地の方ともコミュニケーションできるだろう。世界各国の言葉の壁はどんどん低く薄いものになっていると思う。

As I have written many times, the accuracy of translations such as DeepL is getting better and better, and will continue to get better and better. In addition to reading and writing translation, I believe that the accuracy of simultaneous interpretation machines such as Pocket Talk will also increase in the future. Then, when we travel abroad, we will be able to communicate what we really want to know and what we want to say to the locals without language barriers. I believe that language barriers around the world are getting thinner and thinner.

同時通訳の職業を心より尊敬していますが、AIも進化しています。AIが同時通訳をこなすようになれば、人間よりも正確かつ疲れることも無く同時通訳をこなすでしょう。特殊技能としての同時通訳は相対的に価値が落ちてしまうかもしれませんね。

I have great respect for the profession of simultaneous interpretation, but AI is also evolving. Once AI learns simultaneous interpretation, it will be more accurate and less tiring than humans. The value of simultaneous interpretation as a special skill may be relatively diminished.

ただ、これは、正確さを求めるビジネスや、旅行のような基本的なコミュニケーションに限られるように思います。どんなに同時通訳や同時通訳機械が発達したとしても「お笑い」の面白さを多言語で表現することは想像が出来ません。日本の落語や漫才の面白さはやはり日本語だから面白いのであって、英語やドイツ語、中国語にしてしまったら面白いものでは無いと思います。まれに英語で落語をやっているのを目にしますが、あれは、英語での落語であって、わざわざ日本の落語家が無理して英語で話す必要は無いと思います。

However, this seems to be limited to business, which requires accuracy, and basic communication, such as travel. No matter how advanced simultaneous interpretation and simultaneous interpretation machines become, I cannot imagine expressing the fun of “comedy” in multiple languages. Japanese rakugo and manzai are interesting only because they are in Japanese, so I do not think it is still funny in English, German, or Chinese. On rare occasions, I see rakugo performed in English, and there is no need for Japanese rakugo performers to force themselves to speak in English.

日本のお笑いは世界でトップレベルにある、と漠然と思っているのですが、世界のお笑いのレベルの高さをどう判定するのかは分からないですよね。世界中の人が自分の国の料理はおいしいと思っているように、自分の国のお笑いは面白いと思っていているんだろうな、と思います。漫才やコントといった日本のお笑いのレベルの高さを世界選手権のように競うことが出来ないのは残念。

I have a vague idea that Japanese comedy is at the top level in the world, but I don’t know how to judge the level of comedy in the world. I think that people all over the world think that their own country’s comedy is interesting, just as they think that their country’s food is delicious. It is a pity that the high level of Japanese comedy, such as manzai and comedy, cannot be competed like in the world championships.

最近のM-1選手権を観ていて思いました。レベルが高い。

I thought of this when I watched the recent M-1 Championship. A lot of professional comedians performed comedies on TV.