エスペラント語/Esperanto

世界中の全ての人のための第2言語としてエスペラント語が考案され、発表されたのは1887年のことだそうです。誰もが学びやすいように構造が整理されていて、かつ、誰にとっても母国語では無い公平性など、理念は素晴らしいと思います。しかしながら、圧倒的に英語が世界共通語のように使われているのは事実です。 It was in 1887 that Esperanto was invented and published as a second language for all people in the world. I think the idea is great, because the structure is organized so that it is easy for everyone to learn, and it is fair enough that it is not everyone’s native language. However, itContinue reading “エスペラント語/Esperanto”

オリンピック閉幕・パラリンピックに向けて/Closing of the Olympics and toward the Paralympics

17日間にわたって開催されたオリンピックが8月8日に閉幕した。選手の懸命な姿、仲間を思いやる姿勢、今回に限ったことでは無いのですが、選手の皆さんに対する賛辞には本当に事欠きません。ありがとうございました。お疲れさまでした。 The 17-day Olympic Games closed on August 8. There is really no limit to the number of compliments I can pay to the athletes for their hard work and caring attitude toward their fellow athletes, and not just this time. Thank you very much for your hard work. オリンピックの名場面は敢えてここでは触れず、IOCや開催都市について考えてみたいと思います。お金については、2020年12月にアップデートされた予算を見ます。オリンピック・パラリンピックで合計1兆6440億円の支出を見込んでいます。これは、招致の時に想定した予算7340億円の倍以上です。支出・収入ともに下記リンクに内訳が記載されています。スポンサー収入が4000億円以上あって企業にも助けられた大会だ、と思います。株主から文句が出ないこと祈ります。 I dare not mention theContinue reading “オリンピック閉幕・パラリンピックに向けて/Closing of the Olympics and toward the Paralympics”