トルコリラ/Turkish Lira(2)

11月1日のブログではトルコリラを取り上げました。ブログのネタが尽きてきたこと、イスタンブールは絶対に再訪したい都市で、次回は1か月、2か月と「暮らすような旅」がしたいと思っているためです。

In my November 1 blog, I discussed the Turkish lira. This is because I am running out of material for my blog, Istanbul is a city I definitely want to revisit, and next time I would like to “travel like living” for a month or two months.

トルコ・リラ/Turkish Lira – Freer than Bird/鳥よりも自由

詳しくは前回の記事をご覧いただきたいのですが、2015年初には1トルコリラが50円くらいだったのが、どんどん下がってきて、2021年10月末時点で1トルコリラが12円くらいになってしまいました。という記事でした。

For details, please refer to my previous article. 1 Turkish Lira was about 50 yen at the beginning of 2015, but it has been dropping rapidly, and as of the end of October 2021, 1 Turkish Lira is about 12 yen. That was the article.

さらにトルコリラが大きく下がっています。1トルコリラが10を割り込み、一時的には1トルコリラが8円台まで下がりました。現在は少し戻しており、9円辺りで推移しています。

In addition, the Turkish lira has dropped significantly; the value of one Turkish lira has fallen below 10, and at one point, the value of one Turkish lira dropped to the 8 yen level. It has now regained some ground and is hovering around yen/Lira.

チャート画像

この大きな下落の引き金になったのは、エルドアン大統領が11月22日に行った発言「金利を引き下げることがインフレーションを抑制することにつながる」だそうです。通常、インフレーションを抑えるためには利上げをし、通貨を防衛しなくてはいけませんが、大統領はその逆のことを公言してしまいました。

The trigger for this big drop was President Erdogan’s statement on November 22, “Lowering interest rates will help curb inflation”. Normally, in order to curb inflation, a central bank has to raise interest rates and defend the value of currency, but the president has publicly stated the opposite.

通常中央銀行は政府からの独立性を保って金融政策を打ち立てる必要がありますが、大統領は中央銀行の金融政策にも介入しています。トルコリラが安定するには大統領が市場の声を聴くように改心するか(可能性は小さいでしょう)、大統領を変更するしか無いと思います(どうしてそういう動きにならないのか分かっていませんが)。

Normally, the central bank needs to maintain its independence from the government to formulate monetary policy, but the president Erdogan is intervening in the monetary policy of the central bank as well. The only way for the Turkish lira to stabilize is for the president to change his mind and listen to the market (unlikely) or Turkish citizen has to change the president(I don’t know why this is not happening).

物価上昇率が年率20%近くに達してしまっており、当然ですが人々の生活も大いに混乱していると思います。日本のように物価はあがらず、金利もゼロという世の中がずっと続いている人間には想像できない生活だと思います。

Prices have been rising at an annual rate of nearly 20%, which of course has caused a lot of confusion in people’s lives. I think it is unimaginable for people who have been living in a world like Japan, where prices do not rise and interest rates are zero.

大好きなイスタンブールです。トルコリラ、トルコ経済、人々の生活が安定を取り戻して欲しいものです。

This is Istanbul, my favorite city. I hope that the Turkish lira, the Turkish economy, and people’s lives will regain stability.

トルコで実際に住んでいる方の苦労に較べれば大した話では無いのかも知れませんが、FX取引でトルコリラを買うポジションを持っている人は大きく損失が発生したと思います。本当に気を付けて取引して欲しいと思います。金利が高いという理由だけでトルコリラに手を出すとロクなことにはなりません。

This may not be a big story compared to the hardships faced by those who actually live in Turkey, but I think those who have positions to buy Turkish lira in FX trading have suffered a big loss. I really hope that people will be careful when trading. If you get involved in Turkish lira just because the interest rate is high, you may get into trouble.

現在のトルコリラの状況をかなり正確に説明している日本語のレポートを下に貼っておきます。興味のある人はお読みください。

https://president.jp/articles/-/52245?page=4

トルコ・リラ/Turkish Lira

人々が違った言葉を使っているように、国によって通貨が違います。異なる通貨は厄介なことに交換レート(為替レート)が刻一刻と変化します。

Just as people living in different countries use different languages, different countries have different currencies. The trouble with different currencies is that the exchange rate (foreign exchange rate) can change from moment to moment.

上記は題名の通りで、1トルコリラの円貨額の10年推移を表しています。2012年から2014年くらいはある程度安定していましたが、この7年間くらいほぼ一貫して下がり続けていることがグラフから明らかです。「円高・トルコリラ安」という状況です。

As the title suggests, the above graph shows the 10-year trend of the yen value of one Turkish lira. This was somewhat stable from 2012 to 2014, but has been declining almost consistently for the past seven years. This is a “strong yen, weak Turkish lira” situation.

トルコの金利は非常に高く、現在の1週間物の政策金利は16%です。一時期は24%もの金利を付していたこともあるようです。インフレーションの原因は様々で、経済成長による物価の先高観、通貨安による輸入品価格の上昇、原油など資源価格高が物価高を引き起こすこともあります。

Interest rates in Turkey are very high, with the current one-week policy rate at 16%. At one time, the interest rate was as high as 24%. Inflation can be caused by a variety of factors, including the anticipation of higher prices due to economic growth, higher prices of imported goods due to a weaker currency, and higher prices of resources such as crude oil.

トルコでは、高いインフレーション(物価上昇)を抑えるために、高金利を付さざるを得ない事情にあります。金融引き締めという政策を取り、通貨価値を守る必要がある状況です。これに対し、エルドアン大統領は景気を刺激するために政策金利を下げたい意向があるようです。これを行うとインフレーションが進んでしまい、トルコ・リラはまた下落するんでしょう。

Turkey is forced to charge high interest rates in order to control high inflation (rising prices). It is necessary to protect the value of the currency by adopting a policy of monetary tightening. In contrast, President Erdogan seems to want to lower the policy rate in order to stimulate the economy. If he does this, inflation will increase, and the Turkish lira will probably fall again. Reflecting some of these concerns, there is downward pressure on the Turkish lira.

日本のようにデフレーションが何年も続き、ゼロ金利(マイナス金利)を継続しても物価が一向に上がっていかない国からすると何とも不思議です。トルコのようにインフレを抑制しなくてはいけないのも大変ですが、デフレーションも大問題です。トルコを旅行したときにガイドブックに記載の入場料や運賃などが実際に行ってみたら上がっていた、ということを経験しましたが、そのころからトルコではインフレーションに見舞われていたということでしょうか。

For a country like Japan, where deflation has continued for years even with zero interest rates (negative interest rates), it is quite a wonder. It is tough to have to control inflation like in Turkey, but deflation is also a big problem. When I traveled to Turkey, I experienced that the entrance fees and fares mentioned in the guidebooks had gone up when I actually got there.

世界的にはインフレーション(物価上昇率)を目標(2,3%程度)に金融政策を実施している国もありますね。私の住むフィリピンでは2-4%を理想的な物価上昇率と設定し、金融政策を行っています。日本では2%の物価上昇になるまで異次元の金融緩和を行っています。もう8年くらいになるのですが、金融緩和が株価や不動産価格の上昇を巻き起こしているとは思うのですが、全体の物価上昇にはなっていかないですね。そのメカニズム等難しいことは分かりませんが、政府や日銀の狙いと世の中の流れが噛み合っていないように思います。

I know that some countries around the world have monetary policy with inflation as a target (around 2 or 3 percent). The Philippines, where I live, has set 2-4% as the target inflation rate and is conducting monetary policy. In Japan, super monetary easing policy has been carried out until the inflation rate reaches 2 percent. It has been about eight years now, and I think that monetary easing has caused stock prices and real estate prices to rise, but it has not led to an rise in consumer prices. I don’t know the mechanism. I don’t think that the government’s and the Bank of Japan’s goals are as planned.

トルコ・リラや南アフリカ・ランドは高金利通貨で、FXと呼ばれる為替の方向や円との金利差による収益を狙う取引でも注目通貨だと思います。リスクの大きい取引ですからそういうことで収益を狙う人は良く良く勉強して取り組むことをお薦めします。

The Turkish Lira and the South African Rand are high interest rate currencies. And they seem to be noteworthy currencies in the “FX Trade”, which aims to profit from foreign exchange rate and the difference in interest rates with the yen. It is a risky trade, so those who aim to make a profit from such a trade should study enough.