卒業旅行(5)/Graduation travel(5)

卒業旅行(4)から時間が経ってしまった。ウィーンからベネチアに夜行列車で行き、フィレンツェからローマへ。ローマからもう一度ウィーンに行こう、と夜行列車でもう一度ウイーンへ、というところまで卒業旅行(4)で書いた。

It’s been a long time since my graduation trip (4). I took the night train from Vienna to Venice, then from Florence to Rome. I wrote about my graduation trip (4) in which I took the night train from Rome to Vienna again.

ウィーンは、落ち着いた街並みとその雰囲気をとても気に入った。それを再認識できた。お金もあまり持っていなかったはずだが、ウィーンで聞いたことの無いオーケストラによる「シェエラザード」を聞いた。曲が聴きどころ満載で、十分に満足した。

I really liked Vienna for its calm streets and its atmosphere. I was able to reaffirm that. I must not have had much money, but I heard “Schierazade” by an orchestra I had never heard the name of in Vienna. The piece was a joy to listen to and I was fully satisfied.

ウィーンからはハイデルベルグやケルンといったドイツの都市を観光した。どこに行っても高いところから街を眺めて満足する、そういう傾向がある。馬鹿と煙は高いところに登りたがる、ということわざ通り。

From Vienna, I went on a sightseeing tour of the German cities of Heidelberg and Cologne. No matter where I go, I tend to be satisfied with looking at the city from a high place.

ドイツでは、トイレにどうしても行きたくなった。公園にトイレがあったが、DとHといった一文字が扉に書いてあるだけで、どちらが男でどちらが女か全くわからない。2,3分誰かが使うのを待ってみたが、そういう時に限って誰もトイレを使わない。ついに我慢できなくなって待ち切れず扉を思い切って開けたら、合っていた。運が良いと言えばそれまで。ガイドブックにそのことが書いてあったのか、今となっては分からない。現在のようにスマートフォンがあれば全く困らない話なんだが、なんせ約30年前。今となっては懐かしい。

In Germany, I really needed to go to the bathroom. There was a bathroom at the park, the problem was only written ”D” and “H” at the door. I didn’t know which was for men and for women. I waited for a couple of minutes for someone to use the toilet, but unfortunately no one used the toilet. Finally, I couldn’t wait any longer and opened the door to find that I was right. I was lucky, that’s all I can say. I don’t know now whether the guidebook mentioned it or not. If we had smart phones today, this would not be a problem at all, but it was about 30 years ago. Nowadays, I miss it.

旅の思い出の品をほとんど買っていない。ウィーンでスティッカーを買ったことは覚えている。古いスーツケースには未だにそのスティッカーが貼ってある。あれだけ色々な魅力的な都市を巡っているのに。あれだけそれぞれの都市に思い入れもあるのに、旅行時に買ったものはやはり特別で思い入れもある、と分かっているのに。それだけ貧乏な旅行だったということ。それはそれで仕方ないか。

I have bought very few souvenirs of my trip. I do remember that I bought a sticker in Vienna. I still have the sticker on my old suitcase. I have so many feelings for each city, and I know that the things I bought on my trip are special and have a special meaning to me. That’s how poor the trip was. I guess that’s just the way it is.

ドイツからベルギーに抜け、ベルギーのブリュッセル、ブルージュを巡り、フェリーでロンドンに戻った。ロンドンでは約束通り、K君とちゃんと待ち合わせを完了。ロンドンでは車窓から、ホッケーグラウンドがかなりあって感動した記憶がある。日本では陸上ホッケーは本当にマイナーなスポーツだから。K君とは一緒にバージンアトランティックに乗って旅行のことを話しながら東京に戻った。

From Germany, we passed through Belgium, visited Brussels and Bruges in Belgium, and took a ferry back to London. In London, as promised, Mr. K and I completed our rendezvous properly. In London, I remember being impressed by the sight of field hockey grounds from the car window. I took the Virgin Atlantic with Mr. K and we talked about our trip back to Tokyo.

卒業旅行についてはこれにて終了。

That’s it for the graduation trip.

卒業旅行(3)/Graduation travel(3)

ドイツからオーストリアへ向かった。30年くらい前で記憶は曖昧だが、もう、車窓からの風景にいちいち驚かなくなったように思う。国境を越える時にピストルを持った係員がパスポートチェックをしに来たことは覚えている。これがどの国境だったかはしっかり覚えていない。

I left Germany for Austria. It was about 30 years ago, so my memory is a bit hazy, but I didn’t seem to be surprised by the scenery from the train windows anymore. I do remember that when we crossed the border, an official with a pistol came to check my passport. I don’t remember exactly which border it was.

オーストリアではザルツブルグに最初に行った。何と言ってもモーツアルトの生誕地、アイネクライネナハトムジークのメロディーが頭の中を駆け巡った。モーツアルトはこの地で若き日を送ったんだな、と思うだけで幸せな気分になった。今では女優の中谷美紀さんがザルツブルグ在住。最近、その様子をテレビで拝見したが、今も昔もザルツブルグは良いところ。

In Austria, I went to Salzburg first. It was the birthplace of Mozart, and the melody of Eine Kleine Nachtmusik ran through my head. Just thinking that Mozart spent his younger days here made me happy. Nowadays, Japanese actress Miki Nakatani lives in Salzburg. Recently, I saw that she introduced Salzburg on TV, still a good place.

その後はウィーンへ。列車内でどこに行くかと聞かれたので、ウィーンに行く、と言っても全く通じず、どうにもなりませんでした。ドイツ語読みなら、ヴィーン、英語で言うならヴィエナが正しいです。クラシック音楽が好きな私はウィーンには特別な思いで出掛けた。土曜日の夕暮れ時かな、女子音楽大学生と思しき方が通りでバイオリンを弾いていて、その演奏が素敵で、本当に本当に感動した。「これが音楽の都なんだ」、、、なけなしの所持金からいくらか楽器ケースにお金を投じたのを記憶している。ウィーンには2013年にも再訪しているが、観光客目当ての音楽家のカツラをかぶった客引きが多くなったウィーンよりも1992年に訪問したウィーンの方が圧倒的に素敵に思えた。

After there, I went to Vienna. As a lover of classical music, I had a special feeling about going to Vienna. At dusk on a Saturday, a female music student was playing her violin on the street, and I was really, really moved by her performance. I remember thinking, “This is the capital of music,” and throwing some money from my meager possessions into the instrument case. I went back to Vienna in 2013, but I found the Vienna I visited in 1992 to be much nicer than the one where many touts in musician’s wigs were looking for tourists.

ウィーンでは同じ大学の2人組の女性にお会いし、夕食をご一緒させていただいた。貧乏旅行で食事にはほとんどお金を使っていなかったが、その日はレストランで楽しく食事をし、旅行について凄く楽しく語ったこと、懐かしい。

In Vienna, I met a couple of women from the same university and I invited them for dinner. I did not have enough money, so I spent very little money on food, but that day was special, we had a nice dinner at a restaurant and a great time talking about trip.

「海外は危険」ガイドブックには海外旅行時のトラブルが多く記載されていた。初めての海外、それも一人旅で、色々と心細かったことを記憶している。ウィーンからベネチアには夜行列車で移動した。当然、1等や2等といったベッドのある車両では無く、コンパートメントでの移動だったため、その時だけは駅で見知らぬ日本人に声をかけ、同じコンパートメントを日本人で占有した。イタリアは特に怖い、という印象があった。

The guidebooks were full of information about the troubles that can occur when traveling abroad. It was my first time to travel abroad, and I was a solo traveler. I remember feeling nervous about many things. I traveled from Vienna to Venice by night train. Of course, I did not have enough money to travel in a first-class or second-class carriage with beds, but in a compartment. I looked for Japanese travelers at the train station, and Japanese travelers occupied the compartment. I had the impression that Italy was particularly scary.

ベネチアは水の都だが、ゴンドラに乗るお金も無く、歩いてサンマルコ広場辺りをうろうろしていた。運よく仮装をしている人が多くいて、テレビでよく見るような風景に感動した。持参したフィルム数が限られており、写真に収めていないのが、何とも残念。いまなら、スマホで動画撮るのにね。

Venice is a city of water, but I didn’t have the money for a gondola ride, so I wandered around St. Mark’s Square on foot. Luckily, there were many people in costumes, and I was impressed by the scenery that I often see on TV. I brought a limited amount of film with me, so I didn’t take any pictures, which was a shame. Nowadays, I would have taken a video with my smartphone.

まだまだ続く。To be continued

卒業旅行(2)/Graduation travel(2)

ヒースロー空港でいくら持っている?と聞かれ、おおよそ20万円だったと思いますが、それを英語でポンド換算額で言えずに苦労したことを思い出します。28日間のヨーロッパ旅行で、宿泊も運賃もこれから払うというのに、たったの20万円、勿論クレジットカードも持っておらず、今からすると無茶ですよね。

I was asked how much money I had at immigration office of Heathrow Airport . I think it was about 200,000 yen, but I had a hard time saying it in English in UK pounds. It was a 28-day trip to Europe, and expenses for accommodation, transportation was not yet paid. Only 200,000 yen seemed not to be enough, of course I didn’t have a credit card. I cannot deny my plan was reckless.

ロンドンに着いた3人組はビッグベンやらトラファルガー広場を探索しました。どこに泊まったかとか覚えていません。2日くらい一緒にロンドンを探索した後、M君はスコットランド方面へ。K君と私はフランス方向へ別々に移動しました。一人旅の始まりです。

When we arrived in London, the three of us explored Big Ben and Trafalgar Square. I don’t remember where we stayed, but after exploring London together for about two days, M. went to Scotland, and K. and I moved separately to France. This was the beginning of my solo trip.

ひねくれものの私は、パリの街には全く興味を持たず、宿泊することも観光することも無く、TGVに乗って車窓からフランスを眺めました。パリを出発するとあっという間に牧歌的な風景が広がり、あっという間にジュネーブに到着しました。

As a cynical person, I had no interest in the city of Paris, and instead of staying overnight or sightseeing, I took the TGV and looked at France through the windows. Once we left Paris, the idyllic scenery quickly spread out and we arrived in Geneva in no time.

アルプスの少女ハイジに慣れ親しんだ私としては、スイスにはひとかたならぬ思い入れがあり、レマン湖を眺めたりしても、「俺もついにレマン湖を眺めるようになったぜ」と意味もなく感慨に耽っていたこと、思い出します。スイスはそのころから物価がべらぼうに高く、マクドナルドで1000円以上使ったことも懐かしいです。コーヒーを注文したつもりがコーラになったり、私の英語は酷かったんだと思います。

As a person who was familiar with ”Heidi”, I had a special attachment to Switzerland, and when I looked at Lake Geneva, I remember being deeply moved for no reason, thinking, “I finally got to look at Lake Geneva. Prices in Switzerland have been incredibly high since then, and I spent over 1,000 yen at McDonalds. I thought I ordered a coffee, but Coke was handed, I think my English was terrible.

スイスでは、首都のベルン、金融の中心チューリッヒを回りました。街がきれいだった、という印象が強いです。あと、車窓からの風景が素晴らしかったです。

In Switzerland, I visited Bern, the capital, and Zurich, the financial center. I have a strong impression that the city was beautiful. Also, the scenery from the train windows was wonderful.

スイスを出ると、次はミュンヘンです。大学の友達とミュンヘンの駅で待ち合わせ、レンタカーを借り、ノイシュバンシュタイン城に出掛けました。携帯電話も電子メールも無いのに、良く待ち合わせが出来たなあと今でも不思議です。

After leaving Switzerland, the next stop was Munich. I met my university friends at the Munich train station, rented a car, and went to Neuschwanstein Castle. I still wonder how we were able to meet up with each other without cell phones or e-mail.

アウトバーンをぶっ飛ばそう!!ということで友達が運転、私はキョロキョロしながら友達の運転を応援していました。速度無制限といっても140キロ以上は出せず、どんどん抜かされたこと、思い出です。

Let’s hit the Autobahn! So my friend was driving and I was scurrying around, cheering him on as he drove. Even though the speed limit was unlimited, we couldn’t go faster than 140km/h, and we got overtaken more and more.

ノイシュバンシュタイン城はまさにルードヴィッヒ2世の執念を感じるお城で、多分、世界で一番有名なお城では無いでしょうか。雪が残るなか写真を撮りました。まだ、デジカメなどない時期。日本からフィルムを何本も持って行きましたが、デジカメのようにダメなら捨てちゃえ、ということが出来る訳もなく、写真を撮るにもいちいち覚悟を決める、という今から思うと訳の分からない心境で写真を撮っていました。

The Neuschwanstein Castle may be the most famous castle in the world, this was most probably of the obsession of King Ludwig II. I took pictures of it in the lingering snow. There were no digital cameras yet. I brought many rolls of film with me from Japan, but there was no way I could just delete pictures like digital cameras, so I was so nervous at the time of taking pictures.

ミュンヘンで友達と別れ、僕はロマンチック街道で有名なローゼンブルグへ行きました。多分、ローゼンブルグは日本人にのみ有名なんでしょう。日本人(特に女性ばかり)いたように思います。昔、「ロマンチック街道」というジグソーパズルを仕上げたことがあり、僕の中ではいかない訳には行かない場所でした。

After leaving my friends in Munich, I went to Rosenburg, which is famous for the Romantic Road. Rosenburg is probably only famous among Japanese people. There seemed to be a lot of Japanese people, especially women. I had finished a jigsaw puzzle called “Romantic Road” a long time ago, so it was a place I couldn’t miss.

更に続きます。

To be continued.

卒業旅行/Graduation travel

私が大学卒業を前に卒業旅行に出掛けたのは、1992年の2月終わりだと記憶しています。22歳でした。1991年には湾岸戦争があり、多くの先輩が泣く泣く卒業旅行を国内旅行になさっていたことを思い出します。

In Japan, almost all university students go to travel before graduation. I am not sure still there is such culture or not, however at the time I graduated from university, definitely there was. I went on a graduation trip at the end of February 1992, when I was 22 years old.

友達の中には大学の夏休みに海外旅行に行っている人も居ました。私は体育会に所属していたので、夏休みは練習に明け暮れていました。そういう訳で卒業旅行が初めての海外旅行になりました。因みにそれまで国内含め一度も飛行機に乗ったことすらありませんでした。

Some of my friends went on overseas trips during their summer vacation, on the other hand, I belonged to a sports club, so I spent my summer vacation practicing/training, that’s why my graduation trip was my first trip abroad. Further more, I had never even been on an airplane before, including domestic ones.

お恥ずかしながら大学時代にあまり勉強をしていなかった私は、卒業論文も終わっておらず、ワープロで卒業論文を何とか作成しながら、卒業旅行の計画を立てていました。インターネットも無い時代、ヨーロッパの列車時刻表(トーマスクック)やガイドブックを見ながら計画を立てたこと、30年近く前のことなのに本当に鮮明に記憶しています。

I’m ashamed to say that I didn’t study much when I was in university, and I hadn’t even finished my graduation thesis yet, so I was planning my graduation trip while somehow writing my graduation thesis with a word processor. There was no Internet, and I remember very vividly the time when I made plans by looking at European train timetables (Thomas Cook) and guidebooks, even though it was almost 30 years ago.

同じ運動部の3人とロンドンに向けて旅立ちました。「俺たちももう大人なんだし、ロンドン行ってからは別行動ね」とロンドン以降は別行動、M君は少し短めに旅行を切り上げなければいけない事情がありました。K君とは約一か月後にロンドンで集合することとし、ロンドンからは一人旅が始まりました。

The three of us from the same sports club left for London. We decided to travel separately from London, I and Mr. K planned to meet up with in London about a month later, and Mr. M had to go back to Japan after two weeks travel. Anyway I started traveling alone.

英語もほぼ出来ず、十分な金も無く(ヒースロー空港ではいくら持っているか入国審査で聞かれた)、今から考えると本当に無鉄砲な旅行でしたが、今でも私の大きな財産になっていると言い切れる旅行でした。

I could barely speak English, I didn’t have enough money (at Heathrow airport, I was asked at immigration how much money I had), and in hindsight, it was a really reckless trip, but I can definitely say that it is still a great asset to me.

1992年と言えばバルセロナオリンピックの年、かなりの日本人がバルセロナ、サグラダファミリアを訪問したと思います。が、ひねくれものの私は人と同じことをするのが嫌、という理由だけでバルセロナは外して考えました。

1992 was the year of the Barcelona Olympics, so a lot of Japanese university students visited Barcelona, especially Sagrada Familia. However, as a cynical person, I decided not to visit Barcelona just because I didn’t want to do the same thing as everyone else.

工程は、イギリスーフランスースイス-ドイツ-オーストリア-イタリア-ベルギーロンドン計7か国を28日で周る旅行です。

The itinerary was to travel to 7 countries in 28 days: England – France – Switzerland – Germany – Austria – Italy – Belgium – England(again).

お金は無いので、宿泊はホテルでは無く、ユースホステルを使いました。街の中心に無いので、探すのに随分苦労したのを覚えています。街の方に道を聞こうとすると、「地球の歩き方見せろ」と言われるくらい、卒業旅行の日本人が溢れていたと思います。友達にも沢山会いました。

I didn’t have much money, so I stayed at a youth hostel instead of a hotel. I remember having a hard time finding a hostel because they were not located in the center of town. I think there were so many Japanese students on their graduation trips at the same time. When I tried to ask for directions, I was asked to show them the travel guide book which almost all Japanese students have. I met a lot of my Japanese friends during travel.

ロンドンのビッグベン、ドイツのノイシュバンシュタイン城などなど、本当に色々と感動しました。一日では書ききれない思い出あり、続きは次回に持ち越します。

Big Ben in London and Neuschwanstein Castle in Germany, and so one really impressed me a lot. I cannot write all of my memories in one day, so I will leave the rest for next time.