エジプト旅行/Travel to Egypt(1)

お世話になっており、仲良くさせて頂いているFさんが2022年4月からエジプト・カイロの駐在になった。昔マニラで働いていた時の友人とは今も仲良くさせてもらっており、2019年にはNYに集結したが、今回は日本に住むOさんとエジプトのFさんを訪ねることとした。

Oさんから8月のお盆休みにエジプトに行こう!とお誘いがあったのは5月初めころだった。「いいね!」ということで計画し、休暇取得。航空チケットの手配は5月中には完了していた。

8月11日、12日、15日と3日休暇を頂いた。休みを最大限有効活用すべく、往路は8月10日23:55マニラ発、ドバイ経由8月11日10:05カイロ着、復路は8月15日01:30カイロ発、ドバイ経由22:10マニラ着というエミレーツの航空券を選択。

11日、12日はOさんと私とでルクソール観光を、13日にはFさんと合流し、3人でカイロ周辺を13日、14日で観光することとした。

私はカイロに10:05着、ドーハ経由のOさんは11:00着、カイロからルクソールに行く国内線は13:15発という何とも悩ましい時間設定。カイロ空港でのイミグレーションやビザ手配などにどれだけ時間がかかるか分からないことから、間に合うのか、間に合わないのか、が論点に。結論は13:15と18:00のチケットを両方買うことに。9000円くらいだったと思うのでまあ許容範囲かと。荷物が出てくるのに時間がかかることも懸念されたため、全て持ち込み荷物にするなどあれこれ議論・準備した。携帯のSIMカードをどこで買うのか、など最近はYoutubeなどでも紹介されてます。便利になっています。

ルクソールでのホテルはエジプト3大ホテルの一つ、Winter Palaceを選択。当然安くは無いですが、本当に素晴らしいホテルで大正解の選択でした。

カイロで早い便に乗れた場合と乗れなかった場合で当然旅程に違いが出てくるので、二つの旅程を作成し、あれこれ議論。早朝の気球ツアーをどうするのかなどなど。主要な観光地が17時に閉まってしまうこと、日中は酷暑(40度以上)となることなど、エジプト旅行は検討課題が多いですね。

日本に住むOさんは搭乗72時間前にPCR検査が義務付けられている。コロナに特段の対応を取っていないエジプト(マスクしている人もまばら)で、PCRが受けられるのか、などこれも旅程検討のポイントとなった。

最終的には、様々なことが現地に着いてから決まったが、旅は準備も楽しみのうちということ。ガイドブックでも現地のFさん情報でも、しつこいくらいの値段交渉や情報の後出しがあるよ、と聞いたため何を信用して良いのか分からないという不安を抱えたが、海外旅行は多かれ少なかれそうした「厄介ごと」がつきもの。という覚悟は最初からあったかも。

ドゥマゲッティ旅行/Travel to Dumaguete(1)

フィリピンでは、4月14日(木)、15日(金)が祝日。14日から16日まで2泊3日でドゥマゲッティに旅行に行きました。厳密にはドゥマゲッティを拠点に近くのアポ島やセブ島の南部に出掛けました。国内旅行も本当に久しぶりでしたが、本当に思い出深い旅になりました。

Thursday, April 14 and Friday, April 15 are national holidays in the Philippines. I traveled to Dumaguete for 3 days and 2 nights from April 14th to April 16th. In fact, we were based in Dumaguete and went to nearby Apo Island and the southern part of Cebu. It had been a really long time since I had traveled domestically, it was truly a memorable trip.

マニラからドゥマゲッティまでは直行便が飛んでいます。空港から今回宿泊したSea Dream Resortまで車で。初日は天気も悪く、ホテルでのんびりした後日本人の方が経営している焼肉白山へ。評判通りの名店でした。私は特にタンが美味しいと思いました。

There are direct flights from Manila to Dumaguete. From the airport, we drove to Sea Dream Resort, where we stayed this time. The weather was bad on the first day, so after relaxing at the hotel, we went to Yakiniku Hakusan, a restaurant run by a Japanese. The restaurant was as good as its reputation. I especially enjoyed the beef tongue.

2日目はアポ島でのスノーケリングがメインイベントです。バンカーボートに揺られてアポ島へ。30分くらいでしょうか。バンカーボートは気持ち良い風、心地よい速度、揺れ、音、全て旅情をくすぐるように出来ているように思えてなりません。同行者も同じ意見でホッとしました。

The main event on the second day is snorkeling at Apo Island. The bunker boat ride to Apo Island takes about 30 minutes. The bunker boat has a pleasant breeze, comfortable speed, rocking, and noise, all of which seem to tickle the traveler’s fancy. I was relieved to hear the same opinion from my companion.

こんな浅い場所にウミガメが本当に居るのだろうか、というのは杞憂でした。1Mもあろうかというウミガメが優雅に泳いでいる姿に遭遇出来ました。

I wondered if sea turtles really existed in such a shallow area, but my fears were unfounded, as I was able to see a sea turtle of about 1 meter in length swimming gracefully.

スノーケリングの後は魚料理とビール。立派な魚で微妙な塩味も良く、ビールが思わず進みました。食事に大満足した後、アポ島を散策。何とも素朴な風景に心癒されました。

After snorkeling, we had fish dishes and beer. The fish was big and the taste was slightly salty. The fish was really good for bear. After we were satisfied with our meal, we went for a walk around Apo Island. I was soothed by the simple scenery.

帰りのボートには多くの人が乗り込んでいて、交流が広がりました。本当にフィリピンの方はフレンドリーだなあと一同多いに感心し、アポ島への旅が終了しました。

Many people were on the boat on the return trip, and socializing expanded. We were all impressed by how friendly Filipinos really are, and our trip to Apo Island came to an end.

マキリン山/Mt. Makiling

本日は、Ayala Greenfield Golf Clubというところでゴルフする機会がありました。高速を飛ばして1時間くらいのゴルフ場で、大変美しいゴルフ場です。標高が高いためか、少し涼しいです。

Today, I had a chance to play golf at Ayala Greenfield Golf Club. It is a beautiful golf course about an hour’s drive on the highway. It’s a beautiful golf course and a little cooler because of the high altitude.

何よりも素晴らしいのは、その眺めです。神々しさすら覚えるマキリン山を非常に近くから目の前に眺めることができます。雲がかかっている時間がほとんどでしたが、一瞬、マキリン山が姿を現しました。雲が何とも素晴らしく、ゴルフをしながらも写真を撮りました。

What is most amazing is the view. You can see the divine Mt. Makiling from very close up, right in front of you. Most of the time there was cloud cover, but for a brief moment, we were able to the peak of the mountain. The clouds were absolutely amazing, and I took some pictures while playing golf.

マキリン山はマニラ首都圏からほど近いLaguna州とBatangas州にまたがって在し、標高1,090メートル。休火山という位置づけです。噴火の記録は無いようですが、近くには地熱発電所があることからも火山の特徴は有しているとのことです。

Mount Makiling is located in the provinces of Laguna and Batangas, near Metro Manila, at an altitude of 1,090 meters. It is considered a inactive volcano. There are no records of eruptions, but there is a geothermal power plant nearby, so it has the characteristics of a volcano.

登山も可能ということですので、一度は登山に出掛けてみたいです。Bird Watchingにも適しているようです。熱帯雨林の山は今まで登ったこと無いので、その植物や動物には興味津々です。ただ、熱帯雨林の山ならではの危険もありそうですから、十分に気を付けないといけませんね。

I heard that mountain climbing is also possible, so I would like to go climbing at least once. It also seems to be suitable for bird watching. I’ve never climbed a mountain in the rainforest before, so I’m also curious to see the plants and animals. However, it seems that there are dangers unique to rainforest mountains, so we have to be very careful.

サガダ/Sagada

昨日は、棚田についてブログに書きましたが、今日はその続きです。棺が岩肌に吊るされている観光地「Hanging Coffines」を訪れたりしながら、メインのスマギン洞窟へ。鍾乳洞は迫力満点、いつもの通り、事前情報を詳細には調べていなかったので期待を大きく上回るものでした。今から考えても冒険そのものでした。全く無事だったから良かったのですが、万が一事故でもあったら、会社から大目玉を喰らうようなレベルの探検だったように記憶しています。

Yesterday, I blogged about the rice terraces, and today is a continuation of that. While visiting Hanging Coffins, a tourist attraction where coffins are hung from the rock face, we went to the main Sumaging Cave. The cave was very powerful, and as usual, greatly exceeded my expectations as I hadn’t researched the information in detail beforehand. In hindsight, it was an adventure itself. I’m glad that we were completely safe, if there had been accidents, the company would seriously criticize our activities.

途中まではだれでも楽しめるようなレベルです。私もスリッパを履いて呑気に降りてます。我々は通常ルートで辞めるか、難易度の高いルートにも挑戦するかを訊かれます。当然、「挑戦する」と答えます。私とY君も勿論ですが、運転手の2人も大興奮でした。挑戦ルートは、最小限の荷物しか持たず、ロープを使ったり、ガイドの肩に足をかけたりしながら岩を上り下りする鍾乳洞巡りです。挑戦ルートは裸足、上半身裸で進んでいることに気づきます。ガイドへの信頼が無ければ成り立たない探検です。ガイドはランプを片手に我々を安全に鍾乳洞まで導いてくれています。今でも感謝の気持ちで一杯です。今も彼は元気にしているかな。

The level is such that anyone can enjoy it until halfway. I’m also wearing slippers and swallowing my way down. We were asked if we wanted to quit at the normal route or try the more difficult route. Of course, we said yes. Y and I were excited, but so were the two drivers. The challenge route is a tour of limestone caves where we carry only a minimal amount of luggage and climb up and down the rocks using ropes and putting your feet on the guide’s shoulders. You will notice that you are barefoot and naked on the challenge route. This is an expedition that would not be possible without trust in the guide. The guide leads us safely to the cave with a lamp in his hand. I am still filled with gratitude. I wonder if he is still doing well.

挑戦ルートの先には見事な鍾乳洞が広がっていました。普段あまり鍾乳洞に行かないから良く分からないですが、もっと見事な鍾乳洞は世の中に沢山あるのでしょう。苦労しながら、ヒヤヒヤしながら行き着いた鍾乳洞なのでやはり記憶に残りますね。自然が長い時間かけて作り上げる造形美には畏敬の念を覚えますね。

At the end of the challenging route, we found a magnificent limestone cave. I’m sure there are many more beautiful limestone caves in the world. I will always remember the cave as a place where I struggled and chickened out to get there. I am in awe of the beauty that nature has created over a long period of time.

鍾乳洞は挑戦ルートまでお勧めしたいのです。しかしながら大雨が降ったりすると進入禁止になるような場所です。いつでも気軽に楽しめるような場所で無いので、行く際には慎重に調査して訪問してください。無理は禁物です。また、思い切り濡れますので着替えなどは持って行ってくださいね。

I would recommend the limestone caves until the challenging route. However, the caves are closed to visitors when it rains heavily. It’s not a place that can be enjoyed casually at any time, so please do your research carefully before visiting. Don’t overdo it. Also, you will get wet, so please bring a change of clothes.

Sagadaで鍾乳洞巡りをした後は食事をし、Banaueまで戻って同じ道をひた走り家路につきました。本来、違う道を戻りたかったですが、時間的制約もあり同じ道を戻りました。2013年時点ではそうでしたが、今は、高速道路が延伸していますから、バギオ経由で帰ってくることが寧ろ早いようです。バギオには私は行ったこと無いのですが、避暑地として非常に有名な場所です。バギオも絡めて観光すると楽しいでしょうね。

After visiting the limestone caves in Sagada, we had a lunch and then drove back to Banaue along the same road. Honestly, we wanted to go back via another route, but due to time constraints, we went back the same way, which was the case in 2013, but now, with the extension of the highway, it seems to be faster to come back via Baguio. I’ve never been to Baguio, but it is a very famous summer resort. I think it would be fun to visit Baguio as well.

フィリピンの道路事情はこの10年で素晴らしく良くなりました。一度フィリピン道路事情の改善についてブログでまとめてみても良いかも。

The road conditions in the Philippines have improved significantly over the past decade. I could write a blog about the improvement of road conditions in the Philippines.

棚田/Rice Terrace

フィリピンの棚田は「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」として1995年に世界遺産に登録されました。コルディリェーラはスペインで山脈という意味らしいです。この地に住むイフガオ族と言われる山岳民族が、ほぼ人力で2,000年に渡って作り上げて守ってきた棚田ということです。棚田の総延長が2万キロに及ぶと言います。「天国への階段」とも「世界の8番目の不思議」という人も居るようです。この棚田を作り上げ、守ってきた方に対しては、その英知、努力、執念といったものに畏敬の念を感じざるを得ません。

The rice terraces of the Philippines were registered as a World Heritage Site in 1995 as the “Rice Terraces of the Philippine Cordilleras”. Cordillera means mountain range in Spanish. The Ifugao, a mountain tribe living in this area, have built and protected the rice terraces for 2,000 years almost entirely by human power. The total length of the rice terraces is said to be 20,000 kilometers. Some people call it the “Stairway to Heaven” or the “Eighth Wonder of the World”. I can’t help but be in awe of the wisdom, effort, and persistence of the people who have created and protected these Rice Terraces.

その後、生活の近代化に伴い後継者不足や、観光による影響などで荒廃する棚田が相次ぎ、2001年には危機遺産リストに登録されるなど保全の危機に直面しました。日本含む国内外の多くの方々の支援を受け、2012年には危機遺産から通常の世界遺産に戻っています。保全に援助なさった方にも敬意を感じます。2,000年かけて作り上げ守ってきた棚田ですが、荒廃にはさして時間がかからないだろうことは容易に想像がつきます。

A number of rice terraces fell into disrepair due to the lack of successors as people modernized their lives and the impact of tourism. In 2001, the area was placed on the World Heritage in Danger. With the support of many people including Japanese, the site was restored from the World Heritage in Danger in 2012. The terraced rice paddies have taken 2,000 years to build and protect, however it is easy to imagine that it will not take long for them to fall into disrepair.

私がフィリピンの棚田を訪問したのは2013年4月だったと思います。マカティから棚田で有名なBanaueまでは車で9時間くらい要します。職場の友達Y君と一緒に二人で訪問しました。車での移動時間が長いため、レンタカーでゆったり大きめの車を借り、運転手も二人体制という万全の構えで出発しました。それでも大した金額にならないところがフィリピンの良いところです。

My visit to the rice terraces in the Philippines was in April 2013. It takes about 9 hours by car from Makati to Banaue, famous for its rice terraces. I visited there with my friend Y from work. Because of the long travel time by car, we rented a large, comfortable car and set off with two drivers in place. Even so, the cost was not too much, which is one of the good things about the Philippines.

これ以上ない早朝にマカティを出発、Banaueを目指します。途中までは高速道路を使いましたが、その後は山道主体の道路だったと記憶しています。途中、バレテ峠で戦没者慰霊碑に手を合わせました。そんなことをしながら8時間程度で目的ホテルに到着。Y君が選んでくれたBanaue Hotelは名前の通り、Banaueを代表するホテル。フィリピンの田舎らしい雰囲気でなかなか良いホテルだったと思います。

We left Makati very early in the morning and headed for Banaue. We used the highway on the way, but after that the road was mainly mountainous. On the way, I prayed at the war memorial at Balete Pass. It took us about 8 hours to arrive at our destination hotel, the Banaue Hotel, which Mr. Y chose for us, and as the name suggests, it is a representative hotel in Banaue. It was a nice hotel with a typical Philippine country atmosphere.

一休みしてから早速に周りを散策します。棚田に限らず、水田のある風景というのはノスタルジックな気分に浸れます。モノクロで撮った写真が多く残っているのは、そうした気持ちからだと思います。

After taking a break, we went for a walk around the area. Not only the rice terrace, but the scenery with rice paddies makes me feel nostalgic. I think it is because of this feeling that many of my monochrome photos remain.

小規模ですが、棚田に関する資料館のようなところにも行きました。イフガオ族の民族衣装を着て写真を撮ったりすることもできたようです。常にそういう写真の料金は不当に高いと思い、写真を撮ったりしないのですが、滅多に行ける場所でないんだから写真撮っておけば良かった、と今は思っています。

We also went to a small but informative museum about the rice terraces. It seemed that we could take pictures of the Ifugao people in their traditional costumes. I always think that the price of such photos is unreasonably high, so I don’t take them, but now I think that I should have taken photos since it is not a place I can visit often.

翌朝はホテルをチェックアウトし、棚田が見渡せる展望台から写真を撮り、棚田の写真を撮りながら山岳ルートをサガダという観光地に向かいました。ほとんど車も走っていない山岳部を懐メロを聴きながらのドライブは楽しかったです。冒頭の写真は「Bay-Yo Rice Terraces View Point」から撮ったものです。私はここの棚田が一番好きな光景かな、と思います。

The next morning, we checked out of the hotel, took pictures from the observatory overlooking the rice terrace, and headed along the mountain route to a tourist spot called Sagada while taking pictures of the rice terraces. It was fun to drive through the mountainous areas where there were hardly any cars on the road, listening to nostalgic melodies. The photo at the beginning was taken from the Bay-Yo Rice Terraces View Point. I think the rice terraces here are my favorite scenery.

反省ですが、私の旅行はほとんどが、「ここに行った。観た」で終わってしまうこと。棚田を作り保全する上で最大のポイントは何なのか、灌漑をどう行っているのか、技術の進歩による変遷があるのか、といったもっと突っ込んだことを理解しようと思えば見え方も違っただろうな、と思う。また行きたいけど、陸路しかないため多くの時間を要することが難点。行く価値のある観光地であることは間違いございません。

On reflection, most of my trips end with “I’ve been here, I’ve seen it”. If I had tried to understand more in-depth things such as what the main points are in creating and preserving rice terrae, how irrigation is done, and whether there have been any changes due to technological advances, I would have been able to see things differently. I would like to go back, but the disadvantage is that it takes a lot of time because it is only by land. It is definitely a tourist destination worth visiting.

飛行機の中で考えたこと/Thought about it on the plane

ライト兄弟が「ライトフライヤ―号」の開発に成功したのは1903年。というからまだ100年強。そこから航空の指標であるRPK(revenue passenger kilometers)は戦争やテロ事件、世界的な不況などを乗り越えながら、順調に数値を伸ばしてきました。この指標は「旅客数」に「輸送距離」を乗じて算出した航空会社の旅客輸送実績を示す指標です。因みに、2019年はその数値は約8.7兆キロだそうです。想像できないレベルのとてつもなく大きな数値です。

It was in 1903 that the Wright brothers succeeded in developing the Wright Flyer. So, it’s still a little over 100 years. Since then, the aviation index, RPK (revenue passenger kilometers), has steadily increased while overcoming wars, terrorist incidents, and the global recession. This indicator is a measure of airlines’ passenger transport performance, calculated by multiplying the “number of passengers” by the “distance transported. in 2019, that number is about 8.7 trillion kilometers. This is a tremendously large number at a level we cannot imagine.

皆さんが思っている通り、コロナ禍が猛威をふるった2020年にこのRPKは急速に落ち込み、前年比▲66%となりました。一気に3分の1になった訳でとんでもない落ち込みですが、20年前の2000年と同じレベルです。20年前のRPKが今と同じレベルっていうのは不思議な感じがします。

As you may have guessed, in 2020, the year of Covid19 pandemic, the RPK dropped rapidly, down 66% from the previous year. It seems strange that RPK 20 years ago was at the same level as now.

飛行機はガソリンでは無く、ケロシンという軽油を燃料にしているケースが多いようです。当然航空燃料を満たす厳しい条件をクリアする必要があります。燃料は主翼と主翼付近の胴体に積まれているとのことです。毎回満タンで飛行するわけでは無いですが、満タンにすると100トン以上の燃料が詰めるらしいです。想像を超える量ですよね。現在の燃料も環境への配慮は一定なされていますが、航空業界でもさらなる環境配慮を目指すべく燃料についての議論があるようです。

In many cases, airplanes are fueled by kerosene, a light oil, rather than gasoline. Naturally, it has to meet the strict requirements of aviation fuel. The fuel is stored in the wings and in the fuselage near the wings. Not every flight is filled with fuel, but it is said that more than 100 tons of fuel can be packed when fully loaded. That’s a lot more than you can imagine. The current fuel is also environmentally friendly, but there seems to be a lot of discussion in the aviation industry about how to make the fuel even more environmentally friendly.

飛行機が開発されるまでは船か鉄道による移動です。日本やフィリピンといった島国では船に頼らざるを得ません。マニラから名古屋まで船で向かえばどれだけの時間がかかるんでしょうか。想像したくないレベルの時間がかかりますよね。

Until the development of the airplane, travel was by boat or train. In island countries like Japan and the Philippines, we have to rely on ships. I wonder how long it would take to get from Manila to Nagoya by boat. It would take a level of time that I don’t want to imagine.

フィリピン航空はChapter11(民事再生法みたいなもの)を申請し経営的には非常に苦しいです。人員削減等も行われてます。そんななかですがCAの皆さんは防護服でコロナ感染を回避しながらフィリピン人らしい明るい笑顔でサービスを提供してくれました。嬉しいですね。

Philippine Airlines has filed for Chapter 11 and is struggling financially. There is also a reduction in the workforce. Even in such tough situation, the CAs provided service with bright smiles that are typical of Filipinos with their protective suits for Covid19. I was very happy.

そんなことをつらつら考えていたら、予定よりも約1時間早くマニラから名古屋の飛行が終わりました。本日は4時間弱で着いてしまいました。

As I was thinking about this, the flight from Manila to Nagoya ended about an hour earlier than scheduled. It took me less than four hours.

パグサンハン/Pagsanjan

以前、フィリピンに両親が訪ねてくれて、セブ(正確にはマクタン島)のマクタン・シャングリラに宿泊し、日帰りでボホール島を観光したことをブログに書きました。ルソン島(マニラのあるフィリピンで一番大きな島)では日帰りで川下りを楽しんでいます。その時の様子をブログに書きます。もう10年くらい前の話ですから、今の正確な状況は存じ上げておりませんが、今も大体変わっていないようです。

I’ve blogged before about my parents visiting me in the Philippines, staying at the Mactan Shangri-la in Cebu (Mactan Island to be exact) and taking a day trip to Bohol Island. On the island of Luzon (the largest island in the Philippines where Manila is located), we enjoyed a day trip to go river rafting. I will write about that time in my blog. It was about 10 years ago, so I don’t know the exact situation now, but it seems to be largely unchanged.

パグサンハンはラグナに位置します。途中までは高速道路を使いますが、高速道路を降りれば、また、よくあるフィリピンの田舎の風景が広がったと思います。私の住むコンドミニアムから約2時間で到着したと思います。

Pagsanjan is located in Laguna. You have to take the highway to get there, but once you get off the highway, you’ll see the typical Philippine countryside. I think it took about two hours to get there from my condo.

いよいよ目的地に到着したぞ、と思ったら、バイクに乗った客引きが我々の運転手にしきりに声をかけます。交通事故の危険も含め、何ともただならぬ雰囲気に両親も非常に驚いていました。当たり前ですが、そんな客引きについて行って良いことは無いでしょう。旅行会社のツアーに申し込むことも確実だったのかも知れませんが、事前に信用できそうな船会社を選んであったので、客引きには目もくれず、船を出してくれる会社に向かいました。

Just as we were about to arrive at our destination, a tout on a motorcycle kept calling out to our driver. My parents were very surprised at the unusual atmosphere, including the risk of traffic accidents. Of course, there is nothing good with following such touts. We could have applied for a tour from a travel agency, but since we had chosen a trustworthy boat company beforehand, we didn’t pay attention to the touts and went to the company that offered the boat.

ヘルメットをかぶり、ライフジャケットを装着し、準備万端。なんとも細いバランスの悪い船に乗り込みました。行きは滝に向かって川を上ります。少し川を上ると川の両側は樹木がそそり立つきれいな景色になります。水はあまり綺麗では無かったですね。雨が降った後だったからなのか等は分かりません。

Helmets on and life jackets on, we were all set. We boarded the boat, which was very thin and unbalanced. We headed up the river towards the waterfall. A little further up the river, we were greeted with a beautiful view of trees on both sides of the river. The water was not so clean. I don’t know if it was because after rain or not.

滝に到着し、そこで休憩です。ボートマンもなにやら食べていました。筏に乗り換えて滝の下まで行くこともできたようですが、我々はそれはせず。ボートマンが「疲れた、疲れた、腹ペコだ」ということを殊更強調し、基本的には優しい父親ではありますが、彼らのわざとらしい姿に興ざめしていたことが印象に残っています。

We arrived at the waterfall and took a break there. The boatmen ate something. We could have changed to a raft to go to the bottom of the waterfall, but we didn’t do that. The boatmen emphasized “I’m tired, I’m tired, I’m hungry,” and although my father is basically kind, I remember he was disappointed to see their intentional attitude.

パグサンハンはなかなか楽しい景色とスリリングな川上り、川下りが楽しめる場所だと思います。夥しい数の客引きとわざとらしい船員は少々残念ですね。マニラから日帰りで楽しめる観光地としてお薦めできる場所です。

Pagsanjan is quite a scenic and thrilling place to go up and down the river. It’s just a pity that there are so many touts and deliberate boatmen. I would recommend this place as a day trip from Manila.

モアルボアル/Moalboal

モアルボアルはセブ島の大人気観光地です。南北に長いセブ島ですが、モアルボアルはセブの都市部から南西部に位置します。2020年3月の旅は日帰りの慌ただしい旅でした。それ以降、旅行という旅行は出来ていませんから、私の最後の旅行ということになりますね。

Moalboal is a very popular tourist destination in Cebu. Cebu Island is long from north to south, Moalboal is located in the southwest from the urban area of Cebu. My trip to Moalboal in March 2020 was a hectic day trip, and I haven’t been able to travel since then, that is why I guess it was my last trip.

ホテルの朝食時間よりも早い時間の出発だったのでホテルにはランチボックスを作ってもらいました。有難いサービスです。ホテルから南バスターミナルまでタクシーを使い、バス乗り場ではBUTO行きのバスに乗りモアルボアルまで約3時間です。モアルボアルが終点になっていないので注意が必要ですが、まあ、バスの乗客は明らかにモアルボアル観光に向かっている人が多そうなので、人が沢山降りるところで降りる作戦にしました。

I had to leave earlier than the hotel’s breakfast time, so the hotel made me a breakfast box. Thank goodness for this service. From the hotel, I took a cab to the south bus terminal, and at the bus station, I took a bus bound for BUTO to Moalboal, which takes about three hours. I have to be careful because Moalboal is not the last stop, but well, the bus passengers were obviously heading for sightseeing in Moalboal, so I decided to get off the bus where many people get off.

バスは長丁場なのでトイレ休憩が入ります。3時間くらいの道のりなのに、料金が300円もしなかったと記憶しています。交通費が安いことはフィリピンの魅力ですね。

Travel hours of the bus is a long one, so there is a bathroom break, and I remember the fare was less than 300 yen, even though it was a 3-hour trip. The low cost of transportation is an attraction of the Philippines.

フィリピンは都心を抜けるとどこも本当に似たような風景になります。セブ都市部からモアルボアルへは山を越えるため、バスから山の風景を楽しむことができます。何とかモアルボアルの中心部に到着しました。間違えずに降りることもできたと思います。人が増え、トライシクルも増えます。お店も増え、賑やかな感じになります。

As we crossed the mountain to Moalboal, we could enjoy the mountain scenery from the bus. I managed to arrive at the center of Moalboal. I think I could have gotten off the bus without making a mistake. More people, more tricycles. The number of stores also increases and it becomes more crowded.

モアルボアルでは本来、ダイビングが魅力的ですが十分な時間も無いため、カワサン滝とアイランドホッピングを楽しむことにしました。カワサン滝の入り口までも歩ける距離では無いため、トライシクルで行きます。料金は交渉次第なのでしょうが、私のような外人は多分、普通よりも高い料金で妥協してしまうので運転手からしたら上客なんだと思います。

Diving is one of main attractions in Moalboal, but since I didn’t have enough time, I decided to enjoy Kawasan Falls and island hopping. The entrance to Kawasan Falls is not within walking distance, so I took a tricycle. The price is negotiable, foreigners like me would probably compromise with a higher price than usual, so I guess the driver looked me as a good customer.

カワサン滝の入口からは歩きますが、遊歩道の脇には清流が流れ、歩いているだけ森林浴をしているような清涼感が味わえます。30分以上歩いたでしょうか、カワサン滝が現れます。滝つぼの水もきれいで水遊びをしている人も多くいます。更に滝の上流にも遊歩道は繋がっていて、小規模な滝も現れます。兎に角、清流を左右に見ながら山道を歩くことってなかなか無いことなので、大変満足いたしました。

I walked from the entrance of Kawasan Waterfall, the clear water flowing beside the trail gave me a cool feeling as if I were bathing in the forest. The water in the basin of the waterfall is clean, and there are many people playing in the water. The trail leads to the upper reaches of the waterfall, where smaller waterfalls also appear. Anyway, it was very satisfying to walk along the mountain path while looking at the clear water on both sides, as it is not often that we can do so.

トライシクルにて街まで戻り昼食を取り、そのあとはアイランドホッピングを楽しみました。写真に見えている島などを巡ります。鰯の群れをシュノーケリングで楽しむこともできるようですが、シュノーケリングが今一つ苦手は私はそれもせず、ひたすら船に乗ってあちこち行ってました。ドローンを飛ばすのが禁止区域でそれは残念ですが、ルールには従わなくてはいけません。当たり前ですが。

I returned to the city by tricycle, had lunch, and then enjoyed island hopping. I visited the island you can see in the picture. I heard that we can also enjoy snorkeling to see schools of sardines, but as I’m not very good at snorkeling, I didn’t do that and just went around on the boat. It’s a shame that drone is prohibited in the area, but we have to follow the rules. Of course.

帰りもバスに乗ってセブの市内へ。チェックアウトは済ませていたので、預けてあった荷物を受け取り、そのまま空港へ。非常に慌ただしいモアルボアル訪問でしたが、カワサン滝が素晴らしいこと、海も素晴らしいことを学びました。天気が今一つ優れなかったことは残念でした。

On the way back, I took a bus to Cebu City. I had already checked out, so I picked up my checked luggage and went straight to the airport. It was a very hectic visit to Moalboal. I learned that Kawasan Falls is amazing and the ocean is wonderful. It was a pity that the weather was not so good.

次回はイワシの大群をこの目で確かめられるようダイビングにトライしたいと思います。本当にフィリピンの海は豊かで多様性に富んでますね。素晴らしいの一言です。

Next time I want to try diving so I can see the schools of sardines with my own eyes. The seas of the Philippines are truly rich and diverse. It’s just wonderful.

カモテス諸島/Camotes Islands

セブ島にはあまり行く機会が無く、2020年3月を最後に行ってません。2019年も1度しか行ってないと思います。それゆえ、セブ島に行くとついつい色々なところに行きたくなります。

I don’t get to go to Cebu very often, and haven’t been there since March 2020, and I think only once in 2019. Therefore, whenever I go to Cebu, I always want to go to various places.

セブ島の面積は4,468Km2ということですから、ほぼ京都府とか山梨県の面積と同じくらいということになります(イメージしづらいかも知れませんが)。南北に細長く、セブ島沿岸には色々なリゾート地があります。

Cebu Island has an area of 4,468 km2, which is about the same as the area of Kyoto Prefecture or Yamanashi Prefecture (although it may be hard to imagine). It is long and narrow from north to south, and there are various resorts along the coast of Cebu.

空港のあるマクタン島にはシャングリラなど一流のリゾートホテルがあります。一度セブ島の北部からアクセスするマラパスクア島についてブログで紹介しましたが、他にもジンベイザメで有名なオスロブ(私は行ったことありません)や、鰯の群れで有名なモアルボアル(2020年に訪問済)など、観光資源には事欠かない恵まれた島だと思います。

Mactan Island, where the airport is located, has first-class resort hotels such as Shangri-la. I once blogged about Malapascua Island, which is accessible from the northern part of Cebu, but I think it is an island blessed with no shortage of other tourist resources, such as Oslob, famous for whale sharks (I have never been there), and Moalboal, famous for its schools of sardines (visited in 2020).

勿論セブ島そのものも色々と見どころはあります。ビジネス街や大きなショッピングモールもあります。日本人や韓国人の英語留学はセブ島が一番多いのではないでしょうか。セブ島には日本の若い方を多くお見掛けしたと思うのですが、留学生だと思います。

Of course, there are many things to see and do on Cebu Island itself. There are business districts and large shopping malls. I think Cebu is the most popular place for Japanese and Koreans to study English. I think I saw a lot of young Japanese people in Cebu, I think they were foreign students.

さて、本日はセブ島とレイテの中間に浮かぶカモテス諸島を紹介します。日帰りで超駆け足だったので、行った、ということしか無いのですが、なかなか日本人は行かない場所かと思います。

Today, I would like to introduce the Camotes Islands, which are located between Cebu and Leyte. It was a one-day trip, so all I can say is that I went there. I think it’s a place that Japanese people don’t visit very often.

カモテス諸島には行くには複数の行き方があるようですが、最も一般的なのは、ダナオ経由だと思います。ホテルからセブ島を北上し、ダナオというフェリー乗り場までタクシーで1時間くらい走ります。ダナオからはこれ以上ゆっくり進む船があるのだろうか、というようなフェリーで約1時間半かけてカモテス諸島のPacijan Islandに到着します。船は1日に4往復しか走っていないようで、その日のうちに飛行機に乗らなきゃいけないので、帰りの船のチケットをまず買いました。島の移動手段はバイク。バイクの後ろにまたがって、島を案内してもらいました。

There are multiple ways to get to Camotes Islands, I think the most common is via Danao. From the hotel, I took a taxi to north on Cebu Island for about an hour to a ferry port. From Danao ferry port, it takes about an hour and a half to arrive at Pacijan Island in the Camotes Islands by a ferry that makes me wonder if there are any boats that go any slower. The ferry seems to run only four round trips a day, and I had to catch a flight that day, so I bought a ticket for the return boat first. The way to get around the island is by motorcycle. I rode on the back of a motorcycle and were guided around the island.

「ゆっくり走ってくれ」と言ってもすぐに高速走行されて怖い思いをしましたが、Pacijan Islandと橋で繋がっているPoro Islandまで行き、これ以上なくのどかな風景を楽しみました。フィリピンにはレベルの高い観光資源が沢山あると思います。しかしながらアクセスがあまり良くないからスポットが当たらない場所が多いように思います。アクセスが良くなって観光客が押し寄せると一時期のボラカイのように海が汚れてしまったりするのかも知れません。カモテス諸島はそんなことを思わせる島でした。

Even though I told the driver to “drive slowly”, he soon drove so fast that it was scary, but I made it to Poro Island, which is connected to Pacijan Island by a bridge, and enjoyed the most peaceful scenery. I think there are a lot of high quality tourist resources in the Philippines. However, I think there are many places that do not get the spotlight because access is not very good. As accessibility improves and tourists flock to the islands, the sea may become polluted like Boracay at one time. The Camotes Islands made me think of such things.

セブの中心地からはタクシーでフェリー乗り場まで行きましたが、フェリー乗り場からせぶの中心地に向かっているタクシーはありませんでした。車をチャーターしようか、とも思いましたが、ま、いいか、とジプニーというフィリピンの庶民の足を使ってセブの中心地まで戻りました。

From the center of Cebu, I took a cab to the ferry terminal, but there were no cabs going from the ferry terminal to the center of Cebu. I thought about chartering a car, but I decided to go back to the center of Cebu using a jeepney, which is used by ordinary people in the Philippines.

こういうこと全てが楽しかった。ビール呑みながらのんびり本でも読みながら過ごしたい気分になる島でした。

All of these things were fun. It was the kind of island where I want to spend my time drinking beer and reading a book.

Club Paradise/Green Destinations Top100

8月12日のブログで取り上げた「クラブパラダイス」が、2021 Green Destinations Top 100という賞を獲得したとのこと。おめでとうございます。一度訪問させていただいた人間として、フィリピンに住む人間としても嬉しい誇らしい限り。クラブパラダイスはフィリピンのパラワン島の北東に位置する1島リゾートです。下のブログも参考にしてください。私も間違いなく再訪します。

“Club Paradise”, which I wrote about in my blog on August 12, has won the 2021 Green Destinations Top 100 award. Congratulations! As a guest of Club Paradise before and a person living in the Philippines, I’m happy and proud. Club Paradise is a one-island resort located in the northeast of Palawan Island in the Philippines. Please refer to the blog below. I will definitely revisit.

クラブ・パラダイス/Club Paradise – Freer than Bird/鳥よりも自由

この賞は、オランダにある”Green Destination”という非営利団体が毎年100の環境保全などに優れたプロジェクトに授与している賞です。フィリピンからは「クラブパラダイス」が唯一の受賞。クラブパラダイスは自分たちのリゾートから出ている色々な種類のゴミを再利用する(※)とともに、ゴミが出ないようにリゾートの仕組みを変化させた(※※)ことが評価され、受賞に至りました。より詳細かつ正確な情報は下のリンクをご参照ください。

(※)食品を肥料として再利用するなど。プラスティック、ガラス、木材などのゴミは建設資材などとして再利用するなど。

(※※)小分けのシャンプー等を詰め替え用の大きなボトルに変更、ペットボトルでの水の提供を紙コップでの提供へと変更するなど。

This award is given by the Green Destination, a non-profit organization in the Netherlands, to 100 projects each year that are outstanding in environmental conservation. Club Paradise is the only project from the Philippines to receive this award. Club Paradise won the award for its efforts to recycle various types of trash from its resort(*), as well as for changing the structure of the resort to prevent trash from being generated(**). For more detailed and accurate information, please refer to the link below.

(*)Reuse food as fertilizer, etc. Reuse plastic, glass, wood, and other waste as construction materials, etc.

(**)Change small portions of shampoo to large refillable bottles etc, change from providing water in PET bottles to paper cups, etc.

Club-Paradise-Palawan-Philippines-Paradise-in-Palawan-Philippines-Turning-Waste-to-Wonderful..pdf (greendestinations.org)

この賞がどのほど権威のあるものか私は分かっていません。が、こうした素晴らしい取り組みを知るきっかけになったことは良いことです。ゴミを減らすことが良いことだとみんな知っています。ただ、それが簡単でないことも事実です。地球環境を少しでも良く保ちたいという思う人を応援したいです。多分ですが、クラブパラダイス以外のDiscovery Resorts and Hotelsも同様の精神で環境に優しい経営をしているんだと思います。クラブパラダイス以外にもボラカイ、サマールのリゾートやマカティ、オルティガスといった都心の宿泊施設もあるようなので下記リンクを参照ください。Discovery Primea Makatiは家からも近く、レストランは利用しています。

I don’t know how prestigious this award is, but it’s good to know about these great efforts. We all know that reducing waste is a good thing. However, it is not easy to do. I want to support people who want to keep the global environment as good as possible. Probably, other than Club Paradise, Discovery Resorts and Hotels are also running their business in the same spirit of being environmentally friendly. In addition to Club Paradise, there are other resorts in Boracay and Samar, and accommodations in the city center such as Makati and Ortigas. Discovery Primea Makati is close to my residence and I use restaurants there.

Resorts and Hotels in the Philippines | Discovery Resorts and Hotels (discoveryhotels-resorts.com)

2021 Green Destinations Top 100には、日本から世界最多の12のプロジェクトが選ばれています。「長良川流域」も選ばれており、岐阜県出身の私としては非常に嬉しいです。ただ、何とも情けないことに一度も長良川の鵜飼を見ていません。岐阜県出身者としてこれは観ておかねばなりませんね。

Twelve projects from Japan, the largest number in the world, have been selected for the 2021 Green Destinations Top 100. As a native of Gifu Prefecture, I am very happy that the “Nagara River Basin” was selected. To my shame, I have never seen a cormorant fishing(Ukai) in Nagara River. As a native of Gifu Prefecture, I have to see it.

100のプロジェクトの一覧は下記リンクをご参照ください。こうした活動(表彰にならなかったもの含め)が地球環境の維持改善などにつながると良いです。また、自分の眼で確かめるためにも早くコロナ禍が収束して自由に安心して行きたいところに行けるようになると良いです。

For a list of the 100 projects, please refer to the link below. I hope that these activities (including those that did not win awards) will lead to the maintenance and improvement of the global environment. I also hope that the Covid19 pandemic will be resolved soon so that we can go where we want to go freely and safely to see for ourselves.

Top 100 Destinations – Green Destinations

ギマラス島/Guimaras Island

今回はイロイロからほど近いギマラス島を紹介。イロイロの港からバンカーボートで移動。ひっきりなしに船が行き来していて、イロイロとギマラス島の結びつきの強さが分かる。船の値段は忘れたが、無視できるような安さだったと記憶。15分とか20分で島に到着。

This time I will introduce Guimaras Island, close to Iloilo. I took a bunker boat from the port of Iloilo. Boats were constantly coming and going, showing the strong connection between Iloilo and Guimaras Island. I don’t remember the price of the boat, but I think it was negligible. 15 or 20 minutes to the island.

ギマラス島はマンゴーが有名で、”Mango Capital of the Philippines”と呼ばれている。確かに島には多くのマンゴーの木があり、白い袋を被せるなど、手間暇かけてマンゴーを栽培している光景あり。お土産売り場はドライマンゴーとかマンゴーに関するものが沢山。

Guimaras Island is famous for its mangoes and is called the “Mango Capital of the Philippines”. Indeed, there are a lot of mango trees on the island, and you can see the mangoes being covered with white bags. The souvenir shops are full of dried mangoes and other mango-related items.

ギマラス島内にはタクシーなんて言うものは走ってない。ジプニー、トライシクルというバイクに人を載せる補助輪を付けたものが主流。バイクの後ろにまたがるよりは安全かなあ、と言う感じ。日本ではお目にかかれない乗り物。フィリピンではタクシーが走っている地域は相当な都会。タクシーが無い地域では、ジプニーやトライシクルが庶民の足として活躍。例えば、マニラ周辺も車で1時間も走ればタクシーが走っている地域では無くなるイメージ。

There are no taxies on Guimaras Island. Jeepneys and tricycles, which are motorcycles with auxiliary wheels for carrying people, are the mainstream. Tricycles maybe safer than riding on the back of a motorcycle. This is a vehicle that you won’t see in Japan. In the Philippines, areas where taxies are available are quite urban. In areas where there are no cabs, jeepneys and tricycles are used as a means of transportation for the common people. For example, if you drive around Manila for an hour, you won’t find a cab in the area.

ギマラス島のマングローブも素晴らしい。私が泊まったホテル”Villa Igang“は、もマングローブ林の近くにあり、豊かなマングローブ林を散歩できたりします。ホテルに行くまでに入場料を取られるのですが、大規模な公園にしたかったように思う。ほとんどの施設は朽ちてしまっており、その計画は上手く行かなかった模様。

The mangroves on Guimaras Island are also wonderful. “Villa Igang” the hotel I stayed at is also located near a mangrove forest, and you can take a walk through the lush mangrove forest. They charge an entrance fee to get to the hotel. I think they wanted to make it a large park. That plan didn’t seem to work out as most of the facilities are in decay.

フィリピンでは、海沿いの観光地ではアイランドホッピングがどこでも楽しめるみたい。私がギマラス島に行った時には波が高く、アイランドホッピングは短時間しか楽しめなかった。次回は存分に楽しみたい。ギマラス島はリアス式海岸のように海岸線が複雑に込み入った形状になっている部分が多いように思う。

In the Philippines, it seems that island hopping can be enjoyed anywhere in the tourist areas along the sea. When I went to Guimaras Island, the waves were so high that I could only enjoy island hopping for a short time. I would like to enjoy it to the fullest next time. The coastline of Guimaras Island is like a rias coast, with many intricate shapes.

一度もギマラス島をじっくり観光したことが無いので、一度島をゆっくり巡りたい。道路は整備されているので、サイクリングも楽しみたい。マンゴーのシーズンに訪問してないのでマンゴーすら食べてない。

I’ve never taken the time to visit Guimaras Island, so I’d like to take my time touring the island. The roads are well maintained, so I would like to enjoy cycling. I haven’t even eaten a mango since I didn’t visit during the mango season. I have to eat mangoes next time.

早く普通に島巡りが楽しめる状況に戻って欲しい。再訪確実のギマラス島。

I hope things will return to normal soon so we can enjoy travel. Guimaras Island is sure to be revisited.

イロイロ/Iloilo

今回は、フィリピンのイロイロという都市を紹介したい。あまり知名度が高く無いかも知れないが以下の通り魅力的な都市。セブと同じビサヤ諸島(※)に属し、パナイ島にあるフィリピン主要都市。地図の通りセブからも近い。

This time, I would like to introduce the city of Iloilo in the Philippines. It may not be very well known, but it is an attractive city as follows. Iloilo is a major city in the Philippines located on the island of Panay, belonging to the Visayas (*) like Cebu. As you can see on the map, it is close to Cebu.

※フィリピンの地域区分は「ルソン島」「ビサヤ諸島」「ミンダナオ島」の3区分に分けるのが大区分。17地方、81州と細かくなっていく。因みにイロイロは17地方区分「Western Visayas (Region Ⅵ)」の地方都。

(*) Philippines consists of ”Luzon” “Visayas” and “Mindanao”, and also divided into 17 regions and 81 provinces. Iloilo is the capital of Western Visayas (Region VI).

歴史的には、スペインによる植民地化の前から栄えており、砂糖、ココナツ、バナナ、マンゴーといった農産物の重要拠点。歴史を感じさせる立派な教会や建物もある。港に近い中華街にも雰囲気がある。

Historically, it flourished before the Spanish colonization and is an important center for agricultural products such as sugar, coconuts, bananas, and mangoes. There are some fine churches and buildings that remind us of the history. The Chinatown near the port also has an atmosphere.

イロイロには立派な国際空港があり、JICAや日本のゼネコンが建設に携わったと聞く。残念ながら日本からの直行便は無いので、マニラからアクセスとなる。空港から市街への道路も整備されている。道路沿いには大きなショッピングセンターも。2015年にフィリピンがホストを務めたAPECではイロイロのConvention Centerにて主要会議を一部行ったが、その開催が空港や道路の整備に大きく影響したと思う。

Iloilo has a magnificent international airport, and I heard that JICA and Japanese general contractors were involved in its construction. Unfortunately, there are no direct flights from Japan, so you have to get there from Manila. The road from the airport to the city is wonderful. The Philippines hosted APEC in 2015, and some of the major meetings were held at the Convention Center in Iloilo, which I think had a big impact on the development of the airport and roads.

イロイロは、Andrew Tan氏率いるMegaworldが開発を行っている。コンベンションセンター周辺には大規模な商業施設があり、まだまだ開発途上。写真のとおり、この一帯は別世界。びっくりしました。

Iloilo is being developed by Megaworld, led by Andrew Tan. The area around the convention center is still under development with large scale commercial facilities. As you can see in the picture, this whole area is a different world. Amazing.

大学も多く、BPO(Business Process Outsource)が盛んになりそうだ。BPOはフィリピンの一大産業となっており、誰もが知っているグローバル企業の事務処理拠点やコールセンターがフィリピンに多く存在する。人件費の安さ、英語力を活かしたフィリピンの重要第三次産業。

There are many universities in Iloilo, and BPO (Business Process Outsource) is likely to flourish. BPO has become a major industry in the Philippines, and many of the administrative processing bases and call centers of well known global companies exist in the Philippines. It is an important industry in the Philippines, taking advantage of low labor costs and English language skills.

旧市街はフィリピンの歴史ある都市といった感じで人混みはあるものの、何となくのんびりした雰囲気。イロイロの別名を「愛の街」と呼ぶそうで、私の職場のイロイロ出身者もイロイロ出身であることをすごく誇りに思っていたことを思い出す。住みやすい街NO1に選ばれたこともあるようだ。治安も良いらしい。セブが語学留学では有名だが、イロイロにも語学留学する日本人が増えているらしい。勿論、コロナ禍で今はどこもダメでしょうが。

The old town was like a historic city in the Philippines, crowded but somehow relaxed. Iloilo is also known as the “City of Love,” and I remember that a colleague from Iloilo was very proud to be from Iloilo. I heard that Iloilo was once chosen as the No. 1 city to live in. I heard that the city is also very safe. Cebu is famous for English language study for Japanese, but it seems that more and more Japanese are coming to Iloilo for English language study. Of course, now is very difficult for them to come to the Philippines due to Covid19 pandemic.

私は2度しか行ってないが、住んでみたい都市の候補。外国人は土地が買えない規制があるため、コンドミニアムに住むことを中心に考える必要があるが、コンドミニアムが少ないためか、かなり価格が高いことが気になる。土地付きの住宅を安く借りられればその方が良いかも知れない。

I have only been there twice, but it is a candidate for a city I would like to live in. Since there are restrictions on foreigners not being able to buy land, I need to focus on living in a condominium, I am concerned that the prices are quite high, probably because there are so few condos. If I can rent a house with land at a reasonable price, that might be a better option.

次回はイロイロから少し足を伸ばして、ギマラス島を紹介。

Next time, I will introduce Guimaras Island close to Iloilo cily.

セブとボホール/Cebu & Bohol

フィリピンには合計9年半住んでいる。2008年7月~2013年7月の5年間、2017年4月~現在に至るまで。一度だけ両親がフィリピンを訪ねてきてくれた。明確に覚えていないが、多分2011年とかじゃなかったかな。と、いうことはすでに10年前。マニラだけではやはりフィリピンの魅力を伝えられない、と思った私は、セブにも行き、さらに近くのボホール島も訪問した。

I’ve lived in the Philippines for a total of nine and a half years: five years from July 2008 to July 2013, and from April 2017 to the present. My parents came to visit me in the Philippines only once. I don’t remember for sure, but it was probably in 2011 or something. So that was already 10 years ago. I thought that Manila alone was not enough to convey the charm of the Philippines, so I went to Cebu and also visited the nearby island of Bohol.

マニラからセブまでは約1時間のフライト。午後のフライトだったと記憶している。セブの空港はセブ島にあると思っているかもしれないが、正確にはマクタン島にある。よってMactan-Cebu International Airportというのが正確名称。

It was about an hour flight from Manila to Cebu. I remember it was an afternoon flight. You may think that the airport in Cebu is located on Cebu Island, but it is actually located on Mactan Island. Therefore, Mactan-Cebu International Airport is the correct name.

リゾートはホテルが重要だと思った私には、マクタン・シャングリラが魅力的に思えた。両親と私の3人なので、2部屋借りる選択もあったが、スウィートを借りて3人で泊まることとした。

I thought the hotel was important for a resort, so the Mactan Shangri-la seemed attractive to me. Since there were three of us, my parents and I had the option of renting two rooms, but I decided to rent a suite and stay together.

空港に到着し、シャングリラの車を探す。恭しくお迎えがあり、ホテルに到着。本館の部屋を予約をしていたが、別館に向かうので間違いかな、と思ったが、ホテルの粋な計らいでアップグレードであった。こういうサプライズは私のマクタン・シャングリラに対する印象を大いにアップさせる。ありがとうマクタン・シャングリラ!!

Arrived at the airport and looked for the Shangri-La car. We were greeted reverently and arrived at the hotel. I had booked a room in the main building, but I thought it might be a mistake since I was headed to the annex, but the hotel was kind enough to upgrade us. Surprises like this greatly improve my impression of Mactan Shangri-La. Thank you Mactan Shangri-la!!

その日はホテル内をとぼとぼ歩いたりとゆったり過ごす。街にもいかず、食事もホテル内で済ませた。フィリピンの方は歌の上手い方が本当に多く、音楽(まさに音を楽しむ)ことにかけては素晴らしいのだが、こういう一流ホテルに来ている歌手やバンドはやはりレベル高く、両親も大いに楽しんでくれたと思う。

We spent the day leisurely walking around the hotel. We didn’t go to the city and had meals in the hotel. Many Filipinos are really good singers, and they are wonderful when it comes to music, the singers and bands that come to such a prestigious hotel are of a high level, and I think my parents enjoyed it a lot.

そんな感じで一日目終了。

That’s how day one ended.

2日目はボホール島へ。ボホール島へはホテルからセブ島の乗船場へ車で移動。そこからジェット船のようなもので約1時間でボホール島に到着した記憶あり。ボホールでは車を手配し、ターシャ(小型のサル)とチョコレートヒルを観光。少し車で島内に入ってしまえば、そこはフィリピンののどかな風景。

Day 2, we went to Bohol Island. To get to Bohol Island, we used a car from hotel to the boarding point on Cebu Island. I remember arriving at Bohol Island in about an hour by jet boat from there. In Bohol, we arranged for a car to take us to see Tasha (a small monkey) and Chocolate Hill. Once we get into the island by car, it’s a peaceful Philippine landscape.

少し走ったらターシャを観察できる保護区域に到着。兎に角繊細な動物なのでフラッシュは厳禁。動き回ることは無いですが、なかなか良い写真が撮れませんでした。どうしてボホール島にしか生息していないのか、など謎が多し。

After a short drive, we arrived at a protected area where we could observe Tasha. They are very sensitive animals, so flash is strictly prohibited. They don’t move around much, but it was hard to take a good picture of them. There are many mysteries as to why they are only found in Bohol.

ロボック川クルーズ(昼食付)というのも有名な観光なんだが、特に我々は参加せず。食事を取った後はチョコレートヒルズへ。今から思えばロボック川クルーズ行けば良かった。時間が無かったのかな。

The Loboc River Cruise with lunch is another famous sightseeing activity, but we didn’t take part in it. After eating, we went to the Chocolate Hills. In hindsight, we should have taken the Loboc River Cruise. I guess we didn’t have time.

チョコレートヒルズは高さ40~120Mの小さな丘が林立。丘の草が枯れ、茶色になると、それがチョコレートのように見えるからチョコレートヒルズ、という名前になっていると。我々が訪れた時は緑色、抹茶チョコレートということかな。形成については現在も解明されていないようで、ボホール島に神秘が一杯。

The Chocolate Hills are a forest of small hills ranging from 40 to 120 meters in height. When the grass on the hills withers and turns brown, it looks like chocolate, hence the name Chocolate Hills. When we visited, the hills were green, which means maccha chocolate. The formation of the hills is still unknown, and Bohol Island is full of mysteries.

僕らは行きませんでしたが、ボホール島は有名なビーチあり。パングラオ島にはアロナビーチがあり、世界レベルのリゾートホテル多し。ダイビングスポットも近い。バリカサグは有名(行ったこと無い。行きたい)。

We didn’t go there, but Bohol Island has some famous beaches. Panglao Island has Alona Beach and many world-class resort hotels. Diving spots are also nearby. Balicasag is famous place where I’ve never been there and want to go.

車を借り切ってのボホール探検を終え、再び船でセブ島へ。行きはホテルから乗船場まで簡単にタクシーを用意できましたが、帰りは下船場からホテルまでのタクシー手配に手こずった。今だったらGlabで呼べば良いのだろうが、すごく苦労しながらタクシーを拾ってホテルへ。ホテルで食事してボホール旅行が終了。

After exploring Bohol with a rented car, we took a boat back to Cebu Island. On the way there, I could easily get a cab from hotel to the boarding point, but on the way back, we had a hard time arranging a cab from the disembarkation point to hotel. We had dinner at the hotel and that was the end of our trip to Bohol.

その次の日はホテルのプライベートビーチでシュノーケリングしたり、でチェックアウト。マクタン・シャングリラお薦め。多分、その当時は日本人旅行者も多かったと思う。

The next day, we went snorkeling at the hotel’s private beach and checked out. I highly recommend the Mactan Shangri-la. I think there were a lot of Japanese tourists at that time.

卒業旅行(5)/Graduation travel(5)

卒業旅行(4)から時間が経ってしまった。ウィーンからベネチアに夜行列車で行き、フィレンツェからローマへ。ローマからもう一度ウィーンに行こう、と夜行列車でもう一度ウイーンへ、というところまで卒業旅行(4)で書いた。

It’s been a long time since my graduation trip (4). I took the night train from Vienna to Venice, then from Florence to Rome. I wrote about my graduation trip (4) in which I took the night train from Rome to Vienna again.

ウィーンは、落ち着いた街並みとその雰囲気をとても気に入った。それを再認識できた。お金もあまり持っていなかったはずだが、ウィーンで聞いたことの無いオーケストラによる「シェエラザード」を聞いた。曲が聴きどころ満載で、十分に満足した。

I really liked Vienna for its calm streets and its atmosphere. I was able to reaffirm that. I must not have had much money, but I heard “Schierazade” by an orchestra I had never heard the name of in Vienna. The piece was a joy to listen to and I was fully satisfied.

ウィーンからはハイデルベルグやケルンといったドイツの都市を観光した。どこに行っても高いところから街を眺めて満足する、そういう傾向がある。馬鹿と煙は高いところに登りたがる、ということわざ通り。

From Vienna, I went on a sightseeing tour of the German cities of Heidelberg and Cologne. No matter where I go, I tend to be satisfied with looking at the city from a high place.

ドイツでは、トイレにどうしても行きたくなった。公園にトイレがあったが、DとHといった一文字が扉に書いてあるだけで、どちらが男でどちらが女か全くわからない。2,3分誰かが使うのを待ってみたが、そういう時に限って誰もトイレを使わない。ついに我慢できなくなって待ち切れず扉を思い切って開けたら、合っていた。運が良いと言えばそれまで。ガイドブックにそのことが書いてあったのか、今となっては分からない。現在のようにスマートフォンがあれば全く困らない話なんだが、なんせ約30年前。今となっては懐かしい。

In Germany, I really needed to go to the bathroom. There was a bathroom at the park, the problem was only written ”D” and “H” at the door. I didn’t know which was for men and for women. I waited for a couple of minutes for someone to use the toilet, but unfortunately no one used the toilet. Finally, I couldn’t wait any longer and opened the door to find that I was right. I was lucky, that’s all I can say. I don’t know now whether the guidebook mentioned it or not. If we had smart phones today, this would not be a problem at all, but it was about 30 years ago. Nowadays, I miss it.

旅の思い出の品をほとんど買っていない。ウィーンでスティッカーを買ったことは覚えている。古いスーツケースには未だにそのスティッカーが貼ってある。あれだけ色々な魅力的な都市を巡っているのに。あれだけそれぞれの都市に思い入れもあるのに、旅行時に買ったものはやはり特別で思い入れもある、と分かっているのに。それだけ貧乏な旅行だったということ。それはそれで仕方ないか。

I have bought very few souvenirs of my trip. I do remember that I bought a sticker in Vienna. I still have the sticker on my old suitcase. I have so many feelings for each city, and I know that the things I bought on my trip are special and have a special meaning to me. That’s how poor the trip was. I guess that’s just the way it is.

ドイツからベルギーに抜け、ベルギーのブリュッセル、ブルージュを巡り、フェリーでロンドンに戻った。ロンドンでは約束通り、K君とちゃんと待ち合わせを完了。ロンドンでは車窓から、ホッケーグラウンドがかなりあって感動した記憶がある。日本では陸上ホッケーは本当にマイナーなスポーツだから。K君とは一緒にバージンアトランティックに乗って旅行のことを話しながら東京に戻った。

From Germany, we passed through Belgium, visited Brussels and Bruges in Belgium, and took a ferry back to London. In London, as promised, Mr. K and I completed our rendezvous properly. In London, I remember being impressed by the sight of field hockey grounds from the car window. I took the Virgin Atlantic with Mr. K and we talked about our trip back to Tokyo.

卒業旅行についてはこれにて終了。

That’s it for the graduation trip.

カミギン島/Camiguin Island

私がフィリピンでの駐在員になったのは2008年7月です。2013年7月まで5年間駐在を続け、その後東京に戻り、約4年後の2017年3月末に日本の会社を辞めて2017年4月からは別のフィリピンの会社で働き今に至っています。合計するとフィリピンには9年強居ます。

I became an expatriate in the Philippines in July 2008, and continued for five years until July 2013. After which, I returned to Tokyo and quit my job in Japan about four years later at the end of March 2017. I started to work for another company in the Philippines from April 2017. In total, I have been in the Philippines for a little over 9 years.

カミギン島は名前だけは良く知っていて、いつか行きたいなあ、と思いながらもなかなかその機会が無く、2018年3月にその機会が訪れました。マニラからは直行便が飛んでおらず、セブ経由でカミギン島にアクセスします。今はコロナ禍で旅行という訳に行きませんが、直行便が飛ぶようになると飛躍的に観光客が増えるのかな、と思います。

I knew the name of Camiguin Island well, and I wanted to go there someday. However I didn’t have a chance to do so, and the opportunity came in March 2018. There are no direct flights from Manila, so we have to go through Cebu to get to Camiguin Island. It’s not realistic to travel there now because of the Covid19 pandemic, but after the pandemic, I’m sure the number of tourists will increase dramatically when direct flights start flying.

山が個性的な形をしています。海も抜群に綺麗です。ダイビングスポットとしてはそこまで高い評価では無いのかな、と思いますがそれはフィリピンにもっと凄いダイビングスポットがあるから、ということだと思います。ダイビングも良いと思います。

The mountains have a unique shape. The sea is also very beautiful. The diving is not that great, but I think that’s because there are more great diving spots in the Philippines. The diving is also good.

カミギン島は周囲が70キロ程度です。我々3人は運転手付きの小型バスを1日600ペソ(約1400円)で貸し切り島を一周しました。途中、滝とか温泉(温水プールに近い)に立ち寄りと充実の島巡りが出来ました。写真の通り、夕陽もきれいで思う存分カミギン島を満喫できます。

Camiguin Island is about 70 kilometers in circumference. The three of us rented a small bus with a driver for 600 pesos (about 1400 yen) a day to go around the island. On the way, we stopped at a waterfall and a hot spring (similar to a heated swimming pool) and had a great time touring the island. As you can see in the picture, the sunset was beautiful, and you can enjoy Camiguin Island to the fullest.

カミギン島からは、マンティゲ島にバンカーボートでアクセスできます。我々は長居しませんでしたが、家族連れが凄い訪れていたのでのんびり過ごすには適した場所なんだろうな、と思います。我々が乗ったバンカーボートは夫婦で運航していましたが、サービス精神旺盛な奥様、やる気のない旦那さん、といった感じでそれはそれで楽しかったです。

From Camiguin Island, we can access Mantigue Island by bunker boat. We didn’t stay long, but there were a lot of families there, so I guess it’s a good place to relax. The bunker boat we took was operated by a couple, and it was fun to see the service-minded wife and the unmotivated husband.

フィリピンの観光地と言えば、セブ、ボラカイ、ボホール、エルニドといったビーチリゾートが有名で、勿論素晴らしいです。ただ、カミギン島といった一般にはそこまで有名でない島も実力十分で秘境とも言える場所です。フィリピンらしいのんびりした雰囲気に溢れています。ゆったりフィリピンを旅行する方には是非お薦めしたいです。

When it comes to tourist destinations in the Philippines, beach resorts such as Cebu, Boracay, Bohol, and El Nido are famous and of course wonderful. However, some of the lesser-known islands, such as Camiguin Island, are also very enjoyable and can be considered unexplored. They are full of the laid-back atmosphere that is typical of the Philippines. I highly recommend it to anyone who wants to travel the Philippines in a relaxed manner.

次回は自転車で島を一周したいです。

Next time I would like to ride a bicycle around the island.

マヨン山/Mayon Volcano

マヨン山は、フィリピン・ルソン島の南、レガスピ地方にある非常に綺麗な形をした山です。日本の富士山にも似ていますが、もう少し角度が急なので、富嶽三十六景に描かれている浮世絵に似ているように思います。マニラからは国内線でレガスピ空港まで飛びます。バスもあるのですが、9時間もかかってしまうようです。

Mayon volcano is a very beautifully shaped mountain located in the Legazpi region, south of Luzon, Philippines. It is similar to Japan’s Mt. Fuji, but the angle is a bit steeper, so it looks more like the ukiyo-e paintings in the 36 Views of Mount Fuji. From Manila, I took a domestic flight to Legazpi airport. There is also a bus, but it seems to take 9 hours.

高さが2,463Mと高いためか、なかなか上の写真のように山頂まで見えることは少ないのではないかと思います。私は何度も何度も写真を撮りましたが、ここまでのキレイな写真は撮れませんでした。

Perhaps because of its height (2,463 meters), it is rare to see the summit of the mountain as shown in the photo above. I tried many times to take pictures, but I could not take such a beautiful picture.

レガスピは海からも近く、アイランドホッピングも楽しめます。バンカーボートを貸し切り、半日で2,500ペソ(約5,500円)だったと思います。ビールを買い、ポテチを買い、船に乗り込みます。ボートマンは見どころを知っていて、干潮になると砂地が現れるサンドバーなどへ連れて行ってくれます。これは、サンドバーから撮ったマヨン山です。好きな写真です。

Legazpi is close to the ocean, so we can enjoy island hopping. I think it was 2,500 pesos (about 5,500 yen) for half a day, renting a bunker boat. I bought beer and potato chips, and boarded the boat. The boatman knows the highlights and took me to places like the Sandbar, where sandy soil appears when the tide is low. This is a shot of Mayon volcano taken from the sandbar. I like this picture.

ビールを飲みながら、ポテチ食べて、潮風を受けながら最高な気分を味わえます。バンカーボートはうるさいので音楽を聴くことが出来ないのが少々残念。もっと大きなバンカーボートだと音も静かになり、音楽も楽しめるかも知れません。

Drinking beer, eating potato chips with sea breeze, I was able to enjoy the best feeling. It’s a little disappointing that the bunker boat was so noisy that I couldn’t listen to music. A larger bunker boat would be quieter and we might be able to enjoy the music as well.

ホテルは、”Casa Simeon”という木をふんだんに使った落ち着いたホテルでした。ホテルの方も非常に親切でレガスピの旅行を楽しいものにしてくれました。特に周りに何かある訳では無いのですが、大変お気に入りのホテルです。

The hotel was “Casa Simeon”, a calm hotel with lots of wood. The hotel staff was very kind and made my trip to Legazpi a pleasant one. Although there is nothing special around the hotel, it is my favorite hotel.

とても綺麗なお花と歴史ある建物。Very beautiful flowers and a historic building.

学生がトライシクルに沢山乗っている風景。フィリピンらしい楽しい光景ではあるけど、僕は学生に歩くことをお薦めするけど。

A scene of many students riding tricycles. It’s a fun scene that is typical of the Philippines, but I would recommend students to walk.

海外旅行で美術館/Museums on overseas trips

海外旅行、特に欧米に旅行に行くと、行かなくっちゃ、と言う感じで美術館に行ってしまうことがある。じゃあ、東京に住んでいて美術館に行くか?というとそうでも無かったりする。東京でも鑑賞に値する絵画は多分沢山ある筈なのに。

When I traveled abroad, especially to Europe and the United States, I sometimes went to museums thinking that it would be a loss if I didn’t go. However, when I was living in Tokyo, I had never been to a museum. I am sure there are many paintings worth seeing in Tokyo.

ガイドブックをあまりにも頼り過ぎたからかもしれない。欧米の美術館は大体☆5つ(必ず訪問したい)になっていることが多いから。ガイドブックには、美術館攻略法とかが丁寧に記載されていて、限られた時間で効率的に絵画を鑑賞できるようになっている。その通りに回って、何か満足している自分がいるからそれはそれで面白い。美術の教科書に載っている絵画をこの目で見ることは確かに宝探しを見つけ出したような高揚感がある。

This may be because I relied on travel guidebooks too much. This is because most museums in Europe and the United States are usually rated 5 stars (must visit). Guidebooks contain detailed information on how to get around the museum and how to efficiently view the paintings in a limited amount of time. It’s interesting to see how satisfied I am when I follow those instructions. Seeing the paintings shown in the art textbooks with my own eyes is certainly an uplifting experience, like finding a treasure hunt.

でも、今から思うと、私にとっては、私にとっては(敢えて繰り返しています)それだけだったのかな、と思う。写真に残していなければ、どの絵画に心動かされたかとか覚えていないように思う。

But in hindsight, it was that’s all for me. I don’t think I would have remembered which paintings moved me or anything if I hadn’t left them in my photographs.

絵画の書かれた背景や、画家の人生などを知れば絵画の面白さをもっともっと楽しめるのかな、とは思いますが、今のところは、「音楽の無い人生は想像できないが、絵画の無い人生はそれなりに楽しめる」かな、と正直に思います。

I think that if I knew the background of the paintings and the life of the artists, I would be able to enjoy the fun of painting even more, but for now, I honestly think that “I can’t imagine life without music, but I can enjoy life without painting to a certain extent”.

そんな私ですが、何枚か写真を撮った写真を。some pictures.

New York(1)

初めてNew Yorkに旅行したのは2002年の9月。2001年9月11日の悲劇が起こったとき、財務部門で投資に携わっていた私は、周りの会話についていけなかった。「僕が前住んでたのは86丁目で上の方だからその辺は平気」とか、「友達はタイムズスクエア辺りに勤めてるけど無事だったよ」とか。

The first time I traveled to New York was in September 2002, when the ”September 11 attack” occurred in 2001, I belonged to Investment Dept. And I couldn’t keep up with the conversations around me. I heard like, “I lived at 86th Street, so that area was okay,” and “My friend worked close to Times Square and he was safe”.

周りの人が全て、New Yorkについて何かしら語っているのに対し、New Yorkに知り合いも居なきゃ、行ったことも無い。どこに何があるのかも知らない。財務部門に居ながら、New Yorkの土地勘が無いって言うのは致命的だなあと落ち込んでいました。そんな理由で翌年にNew Yorkに旅行することに決めました。

All the people around me were talking about New York in some way, but I didn’t have friends in New York, I had no experiences of being there and I didn’t even know where anything was. I was depressed. And I thought that it was fatal for me to know nothing about New York, even though I was in the investment division. For this reason, I decided to take a trip to New York the following year.

今は、New YorkのAvenueとStreetは頭に入っていますが、New Yorkに行くまで全くそんなこと知りませんでした。「百聞は一見に如かず」、これは本当にその通りだと思います。

Now, I already know the Avenues and Streets of New York, but I didn’t know that at all until I went to New York. “A picture is worth a thousand words”, I think this is really true.

ガイドブック「歩くニューヨーク」を読みちぎり、New York Loves Youというサイトの口コミを丁寧に読み、「観たいもの」、「やりたいこと」、「ホテル」、「レストラン」、「チケット」、「移動手段」、あれこれ調べまくったのを覚えています。事前準備は旅の楽しみの一つ、というのも実感しました。

I remember reading through the guidebook “Walking in New York,” reading carefully the reviews on the website “New York Loves You” , and doing a lot of research on “things to see,” “things to do,” “hotels,” “restaurants,” “tickets,” “transportation” and this and that. I realized that advance preparation is one of the joys of travel.

同時に、JFKの空港からマンハッタンに行くタクシーでぼったくりが多いこととか、地下鉄とか治安上の注意点なども読み、不安も一定程度あったと思います。一人旅だから気ままと言えば気ままですが、怖いな、という気持ちも少なからずあったと思います。

At the same time, I read about the many ”rip-offs” in the cabs going from JFK airport to Manhattan, dangers in the subway and other safety precautions, and I think I had a certain amount of anxiety. Since I was traveling alone, I could say that I was free to do as I pleased, but I think I also felt scared.

初のNew Yorkでは、自由の女神とかEmpire State buildingとか主要な観光名所に行きました。ミュージカルもまずは行かなきゃと思い、チケットを買った「レ・ミゼラブル」はいまだに最高のミュージカルだった、と思っています。

In my first visit to New York, I went to the “Statue of Liberty”, “Empire State Building” and other major tourist attractions. I bought a ticket to see “Les Misérables”, even though I was not sure I liked it or not. I really enjoyed “Les Misérables”, I still think it was the best musical I’ve ever seen.

こうして計5回のNew York旅行が始まりました。続く。

This is how I started my total of five trips to New York. To be continued.

LYMPUS DIGITAL CAMERA

マラパスクア島/Malapascua Island

マラパスクア島は、セブの北部にあります。車の渋滞具合にもよると思いますが、セブのマクタン空港から車で約4時間くらい走ると、ボート乗り場に到着します。ボートで約40分くらいするとマラパスクア島に到着します。

Malapascua Island is located in the northern part of Cebu. Depending on how congested the traffic is, it may take about four hours by car from Cebu Mactan Airport to reach the boat terminal. After about a 40-minute boat ride, we can arrive at Malapascua Island.

マラパスクア島はスクーバダイビングをする人にはとても有名です。ほとんどのダイバーはニタリをみるためにマラパスクア島を訪れます。ニタリを観るダイビングは”Monad Shoal”というダイビングスポットですが、色々と独特です。まだ暗闇の朝5時過ぎ(寝坊は絶対に出来ません)にボートに乗り込み、30メートル程度の深さのところでロープに捕まり、正座の姿勢でニタリが来るのを待ちます。

Malapascua Island is very famous among scuba divers. Most divers come to Malapascua Island to see the Thresher Shark. The dive site where you can see them is called “Monad Shoal”, and it is unique in many ways. You get on the boat after 5:00 in the morning when it is still dark (you are never allowed overslept), get caught on a rope at a depth of about 30 meters, and wait in an upright position for thresher sharks to come.

他にもハンマーシャークを求めてのダイビングにもチャレンジしましたが、我々は見れませんでした。深い海の中で光もあまりない中、今か今かと待っているあの興奮はなんとも言えない思い出です。一緒に潜っていたロシア人女性が「見えた、見えた」と大興奮しており、見えなかった我々は大いに敗北感を味わいました。私、未だにハンマーシャークを観たことございません。

We also tried to dive for hammer sharks, but we didn’t see any. The excitement of waiting for the hammer sharks in the deep water with not much light is indescribable. The Russian women who dived with us were so excited and shouting “I saw them, there were,”. We felt so defeated because we couldn’t see it. I have yet to see a hammer shark.

写真はマラパスクア島、ビデオは優雅なニタリの競演

Picture was taken at Malapascua Island and video of elegant thresher sharks

クラブ・パラダイス/Club Paradise

フィリピン観光の魅力と言えば、海の美しさが外せないと思います。本日紹介するクラブ・パラダイスはパラワン島の北に位置するブスアンガ空港からほど近い、Dimaquiat Islandにある高級リゾートです。下の写真をご覧いただけば分かる通り海の美しさは目を見張るものがあります。ブスアンガ空港はコロン島に行く方も使う空港です。また、クラブパラダイスからもコロン島を訪問するツアーに申し込めます。

When it comes to tourism in the Philippines, I think the beauty of the ocean cannot be overlooked. The Club Paradise I’m going to introduce today is a luxury resort located on Dimaquiat Island, not far from Busuanga Airport in the north of Palawan Island. As you can see from the photos below, the beauty of the ocean is stunning. Busuanga Airport is also used by people going to Coron Island. You can also sign up for a tour to visit Coron Island from Club Paradise.

前回の滞在は残念ながら1泊2日の非常に短い滞在となってしまったため、十分に満喫し尽くせなかったと思います。高級リゾートを運営するDiscoveryグループだけあって宿泊施設、レストランは言うまでも無く、アイランドホッピングも、空港との行き帰りも至れり尽くせりで流石だな、と思ったことは覚えています。

Unfortunately, my last stay was very short, only two days and one night, so I think I didn’t fully enjoy stay at Club Paradise. I remember Club Paradise operated by Discovery Group, which manages luxury resorts, was the one of the best in terms of accommodations, restaurants, island hopping, and transportation to and from the airport.

2022年末まで使えるクーポンのようなものを持っているのでコロナ禍が落ち着いたら是非再訪したいです。前回はドローンを買ってすぐだったためか、撮影技術等が未熟だったと思います。次回は、クラブパラダイスの魅力を余すところなく表現できるような写真、動画を撮りたいなと思います。

I have voucher that can be used until the end of 2022, so I would love to revisit when the covid19 pandemic calms down. Last time, I think my drone photography skills were inexperienced, probably because I had just bought it. Next time, I would like to take drone photos and videos that fully express the charms of Club Paradise.

写真、動画を貼っておきます。

I post some photos and videos.